TOP > 投稿一覧 > 記事
その他のマッチングアプリ
分析まとめ & 関連記事一覧
マッチングアプリ情報
記事ページ

マッチング率10%UP?!アメリカ版東カレデート「The League」が全ユーザーのメイン写真を白黒に!

海外アプリ, プロフィール, 女性向け, 男性向け

その他アプリ
最終更新:11/29(水)20:00


Matchapp海外部門担当SACCHANです!

マッチングアプリで第一印象を決める「メイン写真」。

皆さんはどんな写真を使っていますか?
一般的に、カラー写真を使っている方が多いと思います。

ところが、ここで衝撃の事実が。

白黒写真を使った方が、プロフィールをしっかり読んでもらえる上、マッチング率が上がるらしいのです…!(TechCrunch参照)

したがって、サンフランシスコ発のアッパー層向けマッチングサービス「The League」では、全ユーザーのメイン写真が白黒で表示されるようになりました。
参考記事

The Leagueとは?



(出典:App Store US

今回、全ユーザーのメイン写真を「自動的に白黒にする」という設定を導入したThe League。

そもそも、どんなサービスなんでしょう。

公式サイトによると、アッパークラス・高学歴層向けに作られた「審査制デーティングアプリ」だそうです。

登録方法は二つ。

①承認済みのユーザーから招待される。
②審査を申請し、承認される。

いずれかの方法で入会できるそうです。

審査では学歴、社会的地位、年齢などが加味されます。

中でも重視されているのは学歴とキャリア

例えば、現在のメンバーの98%は大卒、39%は年収約1000万の会社員など、いわゆる「アッパー層」だとか。

アメリカの情報サイト「Oxygen」を参照すると、「ティンダーには5000万人もいる一方、ニューヨークでのローンチ時は2500人しか審査通過しなかった」という記述がありました。

かなり審査は厳しい様子。

あれ、これって…

日本でいう東カレデートに似ていませんか?

どこの国でも「アッパー向け」マッチングサービスは需要あるんですね。

関連記事:アラサー婚活ハイスペック男が東カレデートで婚活を本気でしてみた話。

設立の背景



スタンフォード大卒の女性、Amanda Bradfordさんによって作られたこのアプリ。

標語は「賢い出会いを。(Meet. Inteligently.)」

彼女は一体何を思ってこのアプリを作ったのでしょうか。

アメリカのメディアサイト「Oxygen」にて、Bradfordさんは設立の経緯を語っています。

Bradfordさん

私もマッチングサービスを使ってみたんだけど、ガッカリだったわ。
まず、プライバシーが無いのよ。同僚とかにもバレちゃうし。

Bradfordさん

その上、私が付き合いたいのはハイスペ男なのに、出てくる男達はロースペばかり。
まぁ…要はもっと賢くて、意識高い男と出会いたかったんですよね。

Bradfordさん

日常では会えないような、賢い野心家を集めたサービスが必要だと思ったんです。

確かにマッチングサービスを活用したほうが、効率的にハイスペ達に会えるのかも。マッチアップ編集部のたま子さんも検証していますし。

関連記事:ペアーズVSコリドー街、ハイスペ男子と出会えるのはどっち?!女子大生と元丸の内OLが検証!

 

メイン写真が白黒写真に?仕様変更の詳細



(出典:TechCrunch)

そんな背景を持つ「The League」。

プロフィール写真にも独特の工夫が。

10月24日以降、異性のメイン写真が白黒で表示されるようになりました。

一体どういった仕組みなのか。

TechCrunch参照すると、詳しい説明がありましたので、写真例とともに紹介します。

①1枚目の写真は必ず白黒表示。

②以降のサブ写真はカラー表示。

③最後に1枚目のカラー版が表示される。

メイン写真は結局、最後にカラーで表示されるんですね。

つまり、従来のカラー写真のオンパレードから、白黒→カラーの流れに変わったようです。

白黒写真を使う利点2つ


実験によると、白黒写真を使用した場合

①2倍の時間をかけてプロフィールを見てもらえる
②マッチング率が10%上がる

という結果が出たそうです。(参考記事

仕様変更の背景には、見た目だけではなく、「全体的なスペック」をユーザーに判断してもらうため、という意図があった模様。

The League

人間って、髪・目・肌の色とか…『色付き』だと安易に判断しがち。でも、逆に白黒だと考えて選ぶでしょう。(参考記事)

さすがコンセプト「賢い出会いを。」なだけあって、機能も考え抜かれているんですね…!

 

海外部門コメント「今すぐあなたのメイン画像も白黒に!」


「The League」では、自動的に1枚目が白黒で表示されます。

国内で類似の仕組みが導入されたアプリはまだありません。

ですが、メイン画像の色は自分ですぐ変えられます。

みなさんも白黒写真による、以下の恩恵を受けたいですよね。

【白黒写真の恩恵】

①2倍の時間をかけてプロフィールを見てもらえる
②マッチング率が10%上がる

そこで提案!

ブラウザで白黒加工できるサイトもありますので、メイン写真を白黒に変えてみてはいかがでしょう。

マッチング率に変化が見られるかもしれませんよ。

SACCHAN

私もペアーズのメイン写真、早速変えました。

まとめ


アメリカにも東カレデートのような「アッパー層向けマッチングサービス」があるとは驚きでしたね。

マッチングサービスの「メイン写真」、多くの人がカラー写真を使っているとは思います。

それをあえて白黒に設定するとは・・・さすが「賢い出会い」を提供しているサービスなだけありますね。

日本では類似仕様を適用したアプリはありませんが、写真色の変更は誰でも簡単にできます。

国内サービスに登録中のみなさんも、メイン写真を白黒にしてみる価値アリかも!?

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

その他アプリに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です