TOP > クロスミー > 投稿一覧 > 記事
CROSS ME(クロスミー)
すれ違いを恋のきっかけに!
気軽に始められるマッチングアプリ
記事ページ

クロスミーのメッセージは長文NG?その理由をマッチアップ編集部が解説します。

メッセージ, 悩み, 女性向け, 男性向け

クロスミー
最終更新:10/26(木)15:00


こんにちは、マッチアップ編集部です。

今回は従来のマッチングアプリには無い、「すれ違い」を恋のきっかけにするマッチングアプリ「CROSS ME(クロスミー)」のメッセージに関する記事です。


クロスミー公式ホームページ

メッセージ

それは、気になる異性と出会うために必要な一番大きな関門。

いろいろ考えすぎて長文を送ってしまう、なんてこともしばしば…。

しかし!クロスミーだと、それはNG行為なんです。

今回は、クロスミーではなぜ長文を送ってはいけないのか?その理由をご紹介します。

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

スルーされやすい



クロスミー
は、すれ違いが特徴のアプリです。

出先ですれ違った異性に、気軽にいいね!を押して、マッチングしたら会ってみる。

そんな使い方をしている方は多いでしょう。

もし、出先で空いた時間に送られてきた長文を見たらどうでしょう。

あなたは返信しますか?

「ちょっと面倒だから、あとで返そう」

そう思う方は多いのではないでしょうか。

そうなれば時間が経つごとに、あなたのメッセージは新着のものに押し流され、下の方に隠れてしまいます。

なので、返信が返ってきにくくなるんですね。

ちょっと引かれる…



クロスミー
は、すれ違った相手とメッセージができるアプリです。

すれ違った、ということは同じ場所か近いところについさっきまで一緒にいた、ということです。

そう考えると、少し親近感が湧く。そんな方も多いのではないでしょうか。

その親近感が湧いた相手から、長文のメッセージが来たらどうでしょう。

凄くよそよそしく感じませんか?

もしくは、面倒くさいなと思うかもしれません。

少なくとも、好印象を持たれにくいのは確かです。

なので、友達にラインを送るような感覚とまではいきませんが、すこし軽めにメッセージを送りましょう。

少なくとも、悪い返事が返ってくることはないと思いますよ。

 

まずは出会いたい



ペアーズ(Pairs)
ではなく、Omiai(オミアイ)ではなく、クロスミーを選ぶ理由は何でしょう?

気の合う人と、たくさんメッセージがしたい?

そういう方はクロスミーではなくても、他に向いたアプリがあるかと思います。

では、どんな人がクロスミーを利用しているのか?

クロスミーの最大の特徴は、すれ違った人とマッチングできるということです。

それは、他のアプリよりも距離が近いから、より気軽に出会えることが可能といえます。

なので、まずは出会いたいという方が多いということになります。

ペアーズ(Pairs)ならメッセージを重ねて、「〇〇で会いましょう」と約束をします。

なので、メッセージを重要視することになります。

しかしクロスミーの場合、「近くにいるので、〇〇で会いませんか?」と気軽に約束できるのです。

そう、わざわざ長文でメッセージをやりとりをしなくても、近くにいるから出会えるんです。

なので、たくさんメッセ―ジがしたい!

という人は、必然的に少なくなるのではないでしょうか?

知らず知らずに、非モテな行動やってない?
↓ ↓ ↓
可愛いのになぜかイイねが来ない!クロスミーで男性が避けてしまうNGプロフィール3選!

まとめ


いかがでしたでしょうか?

しっかりとメッセージをやりこみたい!

そんな方向けのマッチングアプリは、たくさんあるかと思います。

しかし、クロスミーでは「気軽に出会える」というのが、大きな特徴です。

そこに意識して、素敵なクロスミーライフを送ってください!

この記事が、すこしでもあなたのお役に立てますよう。

より詳しくクロスミーについて知りたい方は下の記事へ!
↓↓↓

CROSS ME(クロスミー)とは?攻略法・始め方・いいね・料金・評判・退会方法などを徹底解説!

素敵なパートナー探しはクロスミーで!

クロスミー公式ホームページ

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

クロスミーに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です