TOP > マッチブック > 投稿一覧 > 記事
Matchbook(マッチブック)
ミス&ミスターもお相手探し中?!
20代の恋活をバックアップ
記事ページ

イケメンと大量マッチング!美男美女が多いと評判のマッチブックを女子大生がはじめてみた

登録, 女性向け, 攻略

マッチブック
最終更新:10/26(木)18:00


「ミスター東大と付き合えますように」

と箱根神社でお参りをしてきました、たま子です。
たま子はマッチングアプリが大好きなだけのただの女子大生。
神様に願ったら罰が当たりそうな無謀な夢ですが、その夢が「Matchbook(マッチブック)」で叶えられるかもしれないんです。

ミス&ミスター100人がマッチブックに登録している、とのことです。
注目すべきは所属大学。なんと、「東京大学」の4文字が!
これを見たたま子は光の速さで登録しました。

マッチブック公式ホームページ

 登録


 


まずFacebookを利用して登録となります。
ペアーズなどマッチングアプリはFacebookを経由して登録する必要があるものが多くありますが、もちろんFacebook上には表示されません。
ミスター東大との交際をもくろんでいることが友達にバレて恥ずかしいということもないので安心してください。

その後、プロフィール設定となります。
めちゃくちゃアピールしたかったので写真は8枚も載せました。

プロフィール項目や自己紹介も全部埋めました。
ミスター東大に見られると思うと、気合が入りますね。
プロフィールの登録項目は身長、学歴、年収などの基礎情報から性格や社交性といった内面に関するものまで計28個。
かなりペアーズに似ていて、シンプルでわかりやすいです。

詳しい登録方法はこちらから。
マッチブック(Matchbook)未経験者必見!マッチアップ編集者が実際に『Matchbook』へ登録をしながら徹底解説!

マッチング


プロフィールを埋めたら、お待ちかねのマッチングタイム♡
検索条件を入力して、素敵な男性を探してみたいと思います。

検索条件で絞り込みをして、男性が表示されるというのもペアーズの機能に似ています。
わかりやすく理想のお相手が探せますね。
早速、「この条件で検索」をタップしてみます。

イケメン率高い!
年齢層は若く、大学生の私と同年代~20代前半くらいの人が多い印象です。
マッチブックの脅威の
イケメン率にたま子、大興奮
若いメンズが多いですがたま子はハイスぺの年上好きなので20代後半以降にアタ~ック
ミスター東大のことも忘れていいねを使い切ってしまいました。
初日にして残りいいね数0です。

しかし後悔はありません。
イケメンにしかいいねしてないのに、すぐにマッチングできました!


そう、マッチブックはイケメンでも競争率が低いんです。
マッチブックはいいね数トップクラスの会員でも200いいね程度。
ペアーズだと2000いいねの男性会員もおり、マッチングするのは少し難しそうです。
そのため、ミスター級のイケメンを狙うならマッチブックがおススメです。

 

マッチングのコツはこちらから。
女性必見!マッチブック(Matchbook)で思わずいいね!を押したくなるプロフィールの3ポイント!

 

たま子的ミスターマッチブックとマッチングした話


マッチブックを目の保養として眺めていたところ、目を見張るほどのイケメンが。
あわててプロフィールを確認したところ、かなりのハイスぺだと判明。
たま子がたま子の頭の中でだけ開催しているミスターマッチブック、優勝確定です。

というわけで、いいねを購入。
たま子的ミスターマッチブックに渾身のいいねを送ってみました。

・28歳
・岡田将生似の癒し系イケメン
・慶應大卒
・総合商社勤務♡
・なのにたったの46いいね!

届けたま子のいいね砲!!

結果はいかに…?

なんとたま子的ミスターマッチブックとマッチングできました!
それだけではなく、メッセージも送ってくれている…。
これには感動です。



このように
濃厚なやりとり
を続けることができました。
こんなイケメンが私のためだけにメッセージを送ってくれていることが信じられませんが、どうにかデートまでこぎつけたいと思います。

 

まとめ


現役女子大生のたま子がマッチブックに登録してみた記事でした。
ミスター東大は見つけられなかったけれど、たま子的ミスターとマッチングできたのでとっても幸せです♡
穴場のマッチングアプリなので、マッチブックならイケメンとマッチングできるかも?

より詳しくマッチブックについて知りたい方は下の記事へ!
↓↓↓
マッチブック(Matchbook)とは?攻略法・始め方・いいね・料金・評判・退会方法などを徹底解説!
素敵なパートナー探しはマッチブックで!

マッチブックに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です