TOP > マッチドットコム > 投稿一覧 > 記事
マッチドットコム
1995年にスタートした
恋愛・結婚マッチングサービス業界のパイオニア
記事ページ

今週のMatch.com(マッチドットコム)で出会えるイイ男~ストレート親孝行くん33歳~

出会えるいい男

マッチドットコム
最終更新:4/15(日)19:30


こんにちは、マッチアップ編集部SACCHANです。

私たち女性が彼氏に求めるものは千差万別ですが、いざ結婚相手となったら、あなたは彼に何を望みますか?

経済力?家事労働ができるか?私生活のまじめさ?…それともやっぱり見た目?

色々ありますが、今回はこれらのどのポイントを取っても難癖つけられない男を発見しました。

どこでそんな都合のイイ男を発見したかって?

なんと世界最大級のマッチングサービス「マッチドットコム」でです。

今回は、真剣な恋活〜婚活ユーザー多めのマッチドットコム にいたイイ男「ストレート親孝行くん」の魅力について解説していきます。

※個人が特定できないように一部内容を変更しています。

 

Match.comマッチドットコムについて詳しく知りたい方はこちらの記事へ!
↓ ↓ ↓
世界最大手アプリの評価は?Match.com(マッチドットコム,マッチコム)を恋活アラサー女子がはじめてみた!

今週のMatch.com(マッチコム)で出会えるイイ男〜ストレート親孝行くん33歳〜



・年齢:33歳

・職業:上場企業役員
・お住まい:東京都
・似てる芸能人:錦織圭
・胸キュンポイント:酒もタバコもしないが親孝行はする所

 

イイ男3つのポイント解説


1.酒もタバコもしない上、ジムに週5で通う健康オタク性
ストレート親孝行くんの最大の特徴は、健康オタクであることです。

そんな彼は今時珍しく酒もタバコもせず、ジムに週5で通うのが趣味だとか。

アスリートもあっぱれの生活習慣ですね。

一緒にいるだけで生活習慣病の予防になりそう!

 

2.経済力も問題なしの上場企業役員
真剣な交際や、結婚相手を考えるときにどうしても気になってしまうのが経済力ですよね。

でもご安心ください、ストレート親孝行くんは上場企業の役員。

お金にはあまり苦労していないようです。

マッチングアプリを見ているとたまに「何でこんなモテそうな人が登録してるんだ?」と疑問に思うことはありますが、やっぱり責任のある地位の人ほど出会いに割く時間がないようです。

ストレート親孝行くんはプロフにて

「30代に突入し、仕事に余裕が出てきたものの、出会いに割く時間があまりないためマッチドットコムに登録しました。」

と記述していました。

話がちょっと逸れましたが、ストレート親孝行くんは経済力があるマッチドットコムユーザーということなんですね。

3.今時珍しい孝行息子
「ストレート親孝行くん」の名前の由来になっているのは、彼は今時珍しい孝行息子ということからです。

この方プロフィールをかなり詳細に書き込んでいて、

「会社もだいぶ大きくなり、蓄えも増えてきたので、先日、お世話になった両親にギリシャ旅行をプレゼントしました。ちなみに僕自身も海外旅行が好きで、今まで30カ国以上訪ねたことがあります。」

という情報も盛り込んでいらっしゃいました。

両親にギリシャ旅行をプレゼントできる息子なんて素敵ですね!

しかも、プロフィール文末に

「実は、親に早く孫の顔を見せたいという意味で登録した節もあります」

といったことも書いてました。

経営者と忙しいはずなのに、身近な人の感謝を忘れない姿勢が素敵ですね♡

きっとこんなストレート親孝行くんは子供時代もまっすぐかつ、素直ないい子だったんだろうなぁ…

急ぎ足すぎるけど、こんなイイ男との間に出来る子供はきっと優秀な子に育つに違いありません。

マッチドットコムにはストレート親孝行くんをはじめ、他にも様々なイイ男がいます。

真剣交際を希望あなたも、婚活中のあなたも、そしてストレート親孝行くんと一緒に孫の顔を見せに行きたいあなたもMatch.com(マッチコム)をダウンロードしてみてくださいね!

※個人が特定できないように一部内容を変更しています。 

Match.comマッチドットコムについて詳しく知りたい方はこちらの記事へ!
↓ ↓ ↓
世界最大手アプリの評価は?Match.com(マッチドットコム,マッチコム)を恋活アラサー女子がはじめてみた!

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる10個のマッチングアプリ比較表・フローチャート

 

マッチドットコムに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です