TOP > Omiai > 投稿一覧 > 記事
Omiai(オミアイ)
日本初のマッチングアプリ!
真面目に恋活する女性も多数
記事ページ

【Omiai(オミアイ)で人生変わった】50歳目前で20歳年下の奥さんをGetした僕の体験談

口コミ, 体験談, 男性向け

Omiai
最終更新:8/22(火)21:44


こんにちは、マッチアップ編集部でNissyです。

今回はFacebookを活用した恋活の国内No.1マッチングサービス「Omiai」を利用して20歳年下の彼女と結婚した48歳男性の経験談を書き下ろしました!!

Omiai公式ホームページ


今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート


こんにちは!
都内で自営業やってます、48歳独身男性です。10年間も同棲していた相手と別れ、最後の相手と心に決めていた彼女には、2年間付き合ってふられてしまった経験があります。

楽しかった思い出もたくさんあるし12年間を無駄にしたとは言いませんが、さすがに・・・・この僕の状況・・・・まずくないですか?

めちゃめちゃ焦る。

この年で独身でいる男性なんて、周りで僕くらいなんですよ。
もう「時間が解決してくれる☆」とか「新しい恋を始めよう♡」なんて言ってる場合じゃないんです。

ゆえに、本気で婚活することを決意しました。が、しかし・・・、30代のころにはまだ『合コン』が繰り広げられていましたが、なんせアラフィフの僕。
今更、『合コン』や『街コン』に参加したところで新しい出会いはありませんでした。
それもそのはず、僕はもう世間的には”おじさん”です。

僕は、そこで考えました。
効率のいい出会いをするために選んだのは、『Omiai』でした。

きっかけはFacebookでみた広告。めんどくさがりの自分にとって、検索条件でタイプの女性を絞り込め、気に入った女性にひたすら『いいね』を押してマッチングを待つだけというなんとも使いやすいシステムが僕に最適だったのです。

ちなみに僕の検索条件は以下でした。

自分が細いので『体型:細め』
若い子が好きなので『39歳以下』
都内に住んでいるので『居住地:東京』でした。

 

あと、1番大切なのが、かわいい子。


画面越しに記事を読んでくれている方
「いい年したおっさんがなに贅沢いってんだよ。」

と思いましたか?思いましたよね?
無理はありませんが、そこだけはどうしても譲れなかったんです(笑)

可愛い子に会うために、数を打てば当たると思い写真を見て特に問題がなければいいねを押しまくってました。
その条件で未婚の人の3分の1には押したはずです(笑)
だって、会ってみないとわからないじゃないですか!

今でさえこんなことを言ってますけど、Omiaiを初めた時は内心はすごい不安でした。
だって、自分だったら10歳以上年上のおじさんからいいねがきても絶対にマッチングしたいと思わないですからね(笑)
かわいい子なんか特に・・・・。でもその不安は一瞬にして消えることとなります。

驚異のマッチング率


『うおぉおめちゃめちゃマッチングするー!なんだかモテモテの気分だ・・・!』
若くてかわいい女の子、200人弱とマッチングしました。

信じられますか?48歳のおっさんが、28歳の女の子とメッセージをやりとりできるんですよ?しかもメッセージだけで終わらず上手くいけばデートもできるんですよ?

もう、Omiai最高です、大好きです♡
僕のプロフィールなんて、職業は自営業、趣味はスポーツ、
写真なんて同僚に撮ってもらった、ごくごく普通のものです。

ここだけの話、アプリを退会する直前では女性にメッセージ返信するのがどんどん面倒くさくなってきてしまって、マッチングしたらすぐにデートに誘っていました。
200人もの女性とやり取りしてるんですから、そりゃ面倒にもなりますよね?

そうして僕はOmiaiを始めてから半年間で30人の女性とデートすることになります。
毎週5、6人の女性と会い、多いときは1日で3人の相手とデートすることもありました。
でもほとんどの方が1回限りのデートでさようならで、3・4回デートしたのはごく数人でした。
そのうち特に顔がかわいかった20代の女性2人と、僕の奥さんになった女性を紹介します。

若くてかわいい・・・なんて夢のようだ・・・


1人目は、28歳の事務職の女性です。
彼女、顔がかわいいだけでなく、性格もよかった・・・まるで天使のようでした!
彼女の実家と僕の家も近くて共通の話題も多かったし、なにより追いかけるのが苦手な僕にとって彼女のように自分から積極的にぐいぐい来てくれる女性は最高でした。

映画という共通の趣味もあり、好きな監督まで一致するという奇跡によって会話は大盛りあがりで、初回デートの次の週末には映画デートにも行きました。
3回デートしたのですが、やっぱりそこまで好みじゃないなあと思い、会うのをやめました。

2人目のライターの27歳の女性は、ルックスが良かったのはもちろん、職業柄普段からいろいろな人に会って会話をして書き起こしをするため、なにより聞き上手話し上手であっという間に時間が過ぎていってしまう・・・そんな時間を過ごしました。

ただ感情表現豊かな女性で、長期的な目線で見たらお付き合いや結婚はやっぱり大変そうだなあと思ったのですが、かわいくて話しもおもしろくて性格もよく、デートを断る理由もないので4回ほどデートしました。

結婚するつもりがなかったのでそれからは会ってません。

 

そして結婚へ・・・・


3人目、29歳のカメラマンの女の子は、なにより顔がかわいかった。
初対面では今まで会った人の中でもマイペースで変わった子という第一印象でした。

雰囲気からしてぼーっとしてるし、のんびりしてて・・・でも、かわいかったし映画の話題で盛り上がったから、付き合いたいなあと思い最初のデートの帰りに告白しました。

もちろんすぐにOKをもらえたわけはなく、考えさせてと言われてしまいました。でも次の週末には付き合ったんですけどね・・・(笑)

そうして、僕らは3回目のデートで彼女が普段参加しているボランティアに行ったり、一緒に旅行に行ったり、2ヶ月間は毎日のように会って色んなことをしました。

僕は追いかけるつもりもグイグイいくつもりもないタイプでしたが、それが恋愛の成功の鍵かもしれません。
結局、こっちが無理して苦労して付き合ったとしてもどうせボロが出るし疲れるし、上手くいかないことは目にみえてますからね。
彼女は一緒に居て楽で僕が自然体でいることができる相手でした。向こうがよければ結婚したいなあと思い、プロポーズ。

出会ってから2ヶ月でゴールインしました。

 

まとめ


「2ヶ月で結婚!?」と驚く方も多いと思いますが、週1回のペースで1年間会い続けるのも、だらだらとメッセージをやり取りするのも2ヶ月間毎日のように会って様々な場所へ行って、いろいろなこと体験して、日々お互いのことを知るのも違いはないと思うんです。

こんなにうまい話しがあるのか?と思いますよね、あるんです。
48歳の僕が20歳年のは離れたかわいい女性と結婚できたんです。

あのときOmiaiを始めていなければ、僕は今でも独身だったかもしれません・・・。
独り身であったにしろ、200人もの女性とメッセージを交わして、半年間で30人の女性とデートするなんて体験は100%していなかったはずです。

Omiaiは僕の人生をかえてくれました。

「もう若くないし今から婚活をしても意味がない」と考えるのは時間の無駄です。
そんなことで悩む暇があるなら、今すぐOmiaiをダウンロードして、タイプの女性にいいねしまくることに時間を使いましょう!

より詳しくOmiaiについて知りたい方は下の記事へ!
↓↓↓

オミアイ(Omiai)とは?攻略法・始め方・いいね・料金・評判・退会方法などを徹底解説!

素敵なパートナー探しは「Omiai」で!

Omiai公式ホームページ

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

Omiaiに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です