TOP > Omiai > 投稿一覧 > 記事
Omiai(オミアイ)
日本初のマッチングアプリ!
真面目に恋活する女性も多数
記事ページ

何いいね!もらえれば人気会員になれる?Omiai女性会員の平均いいね!数を徹底調査してみた!

特集記事, いいね数, 女性向け

Omiai
最終更新:11/11(土)18:30


こんにちは、マッチアップ編集部です。

今回はFacebookを活用した恋活の国内No.1マッチングサービス「Omiai」の女性会員のいいね!数に関する記事です。

「なかなかいいね!がもらえないけれど、他の人はどれくらいもらっているのかしら・・・?」
「何いいね!もらえたら人気会員になれるのかしら?」
「いいね!をよりもらうためにはどうすればいいのかしら?」
というお悩みをお持ちの女性、いらっしゃると思います。

ということで、2017年8月時点でOmiaiに登録している女性会員総勢116,550名のいいね!数を徹底調査しました!


Omiai公式ホームページ

女性会員の平均いいね!数ってどれくらいなの?


まずそもそもの話、自分のいいね数は今までの累計、お相手から見えるいいね数は、1ヶ月間の累計です。なので、自分が見えてるいいね数はお相手から見えるいいね数よりも高くなっています。今回はお相手から見えるいいね数を調査しました。

女性会員全体の平均いいね!数はズバリ!50!!!
意外に少ないというのが私の印象ですが、皆さんはいかがでしたか?
とはいえ、男性の平均いいね!数は9なので、5倍以上あると考えると多いですね。

上のグラフからもわかるように、全体の50%を占めているのは、1~100いいね!です。
驚くことに、次に多い31%を占めているのが0いいね!!!!
登録したまま放置してしまっている方が多いのでしょうか・・・?
次に多いのは101~200いいね!もらっている人です。

2000いいね!以上もらっているの強者も1人だけいらっしゃいました。

人気会員になるには何いいね!必要なの?


このグラフで見るといいね!数が増えれば増えるほど人数も減っていくのがわかります。
それだけいいね!数を増やすのは簡単なことではないということですね。

では、人気会員になるためには何いいね!必要なのでしょうか?
検証した結果、いいね!数上位10%に組み込むためには364いいね!以上、3割に入るには159いいね!以上もらう必要があるということがわかりました。

「あれ、本気出せばいけそうだな?」と思いませんか?
これはもう頑張るしかないですよね。

(ちなみに、TOP100に入るためには700いいね!以上必要です・・・)

どうしたらいいね!数が増えるの?


では、どうすればいいね!してもらえるのでしょうか?
まずやるべき方法はプロフィールを改良することです。

いいね!しよう!と思ってもらえるようなプロフィールにするには
1プロフィール写真は自分史上最も盛れた写真を1枚用意!
2盛れてる写真とギャップがあまりない写真を出来るだけたくさん載せる。(肌の露出が多めの写真がよりもらいやすいです)

3長すぎず短すぎず、かつ時折絵文字を混ぜて趣味を掘り下げた自己紹介文(5行が目安)
4項目は全て埋める

以上4点が特に重要です。

さらに詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください♡

《Omiai》いいねした男性とマッチングしたい!マッチング率UPのための3つのテクニック
Omiai人気会員から学ぶ!プロフィールに関する4つの疑問に答えます

 

まとめ


本日のポイントは
・女性会員全体の平均いいね!数は50
・人気会員になるためにまずは150いいね!を目指す
・いいね!をもらうために日々プロフィールを改良する
以上3つです。
いいね!をたくさんもらって人気会員に組み込み、より充実したOmiai生活を楽しみましょう!

まだOmiaiをダウンロードしていらっしゃらない方も、ダウンロード前から人気会員のロジックを知っているのは強いです!今すぐダウンロードしてライバルと差をつけましょう!

信頼できるマッチングアプリのOmiaiを利用して、安心した恋活・婚活をしましょう!あなたの幸せを願っています♡


より詳しくOmiaiについて知りたい方は下の記事へ!

↓↓↓

オミアイ(Omiai)とは?攻略法・始め方・いいね・料金・評判・退会方法などを徹底解説!

素敵なパートナー探しは「Omiai」で!

Omiai公式ホームページ

 

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

Omiaiに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です