TOP > Omiai > 投稿一覧 > 記事
Omiai(オミアイ)
日本初のマッチングアプリ!
真面目に恋活する女性も多数
記事ページ

1番安全に出会えるのはどのマッチングアプリ?Omiai(オミアイ)の厳重体制をチェック!

トラブル対処, 悩み, 女性向け, 男性向け

Omiai
最終更新:12/11(月)17:00


こんにちは、マッチアップ編集部です。

今回はFacebookを活用した恋活の国内No.1マッチングサービス「Omiai」のサクラ・業者に関する記事です。

Omiai公式ホームページ

マッチングアプリって、出会い系と一緒で危険なんじゃないの?

サクラとか業者が多そう…。

結論から言うと、Omiai(オミアイ)にサクラや業者はほとんど居ないと思われます。

まずサクラとは、そのサービスの運営が用意したユーザーアカウントのことを指します。

これは、そもそもサービスを利用しているユーザーが少ないときに、新規さんが辞めてしまうのを防ぐ目的で用意するものです。

その点でOmiai(オミアイ)は、ユーザー数が250万人を超えているので、サクラをわざわざ作る必要性も薄いですし、ここまで大規模なサービスだと、信用性も疑われて大事故に発展してしまいます。

ということで、悪徳なサイトに誘導したり、個人情報を盗もうとする業者はいるのか?ということになりますが…。

実は、Omiai(オミアイ)はマッチングアプリで1番、安心・安全といっても過言ではないくらい、厳重な業者対策を行っているんです。

今回は、Omiai(オミアイ)がなぜ安心・安全なのか?その理由をお伝えします!!


今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

最強のFacebook連携!!


マッチングアプリでは、「Facebook連携で安心!」という文言をよく目にします。

なぜ安心なのかというと、Facebookに登録するには一定以上の個人情報を必要とするからです。

業者は、ほとんどが個人ではなく組織で動いています。

なので、Facebookには登録しづらいということで、1つ防止策として機能しているんですね。

ですが、Omiai(オミアイ)はFacebookを用いて、さらに厳重な防止策を設けています。

・友達10人以上の壁

Omiai(オミアイ)では、Facebookアカウントを持っていても「友達が10人以上」でないと、登録することが出来ません。

これは、業者がわざわざ友達を10人以上作ってFacebookアカウントを運営するのが難しいということで、有効な防止策になります。

・実は、リア充も登録できない!?

少し話がズレますが、Omiai(オミアイ)ではFacebook連携を利用して、女性との付き合いがある方は登録できない仕様になっているそうです。

Facebookには交際ステータスという欄があるのですが、そこが「交際中」や「既婚」などの異性との付き合いがある状態だと、登録を拒否されてしまいます。

Omiai(オミアイ)は、業者だけでなくリア充すらも摘発するんですね。

なんと一人身に優しいサービスでしょう!!(泣)

最強の年齢確認!!


業者摘発ということで、Facebook連携と一緒によく挙げられるのが「年齢確認」です。

なぜかというと、身分証明として以下のうちいずれかの書類の写真を必要とするため、業者は審査を通りづらいからです。

年齢確認をしないとメッセージを送ることが出来ないので、業者は悪さをすることが出来ないんですね。

ですが、Omiai(オミアイ)はこれだけではありません。

・顔写真も必ず写す!!
インターネットに、自分の個人情報を載せるのは少し不安ですよね。

そういった声に配慮して、多くのマッチングアプリは必須事項以外は隠してもよいとしています。

ですが、それが業者の潜り込めるスキになっているのも事実です。

Omiai(オミアイ)は、それに対処すべく身分証明書への加工を禁じています。

これにより、より業者が侵入することが難しくなっているのです。

・同じ身分証明書は使えません!!
では、ちゃんとした身分証明書をいろんなアカウントで使えばいいのでは?

業者は基本、多数のアカウントを運営しています。

これを全て利用可能にするためには、年齢確認を通す必要があります。

それを考えると、一度使えた身分証明書を共有すればいいのでは?と多くの方が思い至るでしょう。

しかし、それは不可能です。

私の友人がサブ垢を作ろうと同じ運転免許証で試したところ、登録できなかったそうです。

さすがですね!!

目視で確認!!


Omiai (オミアイ)の真骨頂はこれです!

24時間体制で監視を行おうとすると、どうしても費用が嵩むので監視システムを導入して費用を抑えようと考えるのが普通です。

しかし、Omiai(オミアイ)は重要な部分は機械だけに頼らず、人の目でも確認しているのだそうです。

<例>
・プロフィール写真にふさわしくないものを載せていないか。
・自己紹介文にLINEのIDを書いていないか。

こうすることで、悪徳な業者を徹底的に排除しているんですね。

Omiai(オミアイ)はその分人件費が掛かっているため、少し高めの料金設定なのだそうです。

・悪を逃さない、イエローカード!!

そして、このような違反行為をした場合、「イエローカード」がそのユーザーに付与されます。

イエローカードは、自分だけでなくほかのユーザーからも確認でき、「危ないユーザー」を見分けることが出来ます。

これが続くような場合、強制退会もあるそうです。

・余談ですが…
私の友人の話なのですが、プロフィール写真の審査が何度も通過できなかったことがありました。

なぜ?と運営にその友人が問い合わせたところ、「インスタグラムのプロフィール写真に、同じ写真が使われていたから」というのが原因なんだそうです。

厳重すぎる、警備体制!!!

きびしいなーと感じると共に、他人の写真を無断使用している業者には効果抜群だなとも感じました。

セキュリティを本気で行っているOmiai(オミアイ)!!料金はいくらくらいなの?
↓ ↓ ↓
最も安全なマッチングアプリ、Omiaiの料金を調べてみた。

もしもに備えておこう!業者の見分け方


ですが、どんなに業者対策をしているサービスだからといって、絶対業者に出くわさないとは限りません。

もちろん、安心してサービスを利用しても大丈夫なのでしょうが、それは備えをしない理由にはなりません。

なので、業者が運営しているユーザーの特徴を3つご紹介します。

もしものために、頭の片隅に置いておいてください。

①個人情報が少ない

業者は、個人ではなく組織で行動していることが多いです。

なので、その特定の個人を思い起こさせるような情報が、プロフィールに載せられていないことが多々あります。

もちろん、入力するのが面倒!という方もいるかと思います。

ですが、そういう方のなかにはそもそもマジメに出会おうとしていない「暇つぶし」でやっている方も多いです。

なので、個人情報があまりにも少ないユーザーは、疑ってかかったほうがいいかもしれません。

②すぐにLINEのIDを聞いてくる
業者にもいくつかの種類が存在します。

これは、そのなかの1つである「個人情報を収集する」業者です。

LINEのIDを集めることで、悪徳商法をしている人にその情報を流すのです。

なので、メッセージの1通目などでLINEのIDを聞いてくるようであれば、警戒してください。

③ほかのサイトに誘導してくる
これは、「悪徳なサイトにユーザーを流す業者」ですね。

例えば、「こっちのサイトで日記書いてるから、そこで話さない?」などと言って、他の悪質なサイトに誘導してくるわけです。

こういった方がいたら、無視してそっとブロックを行いましょう。

以上、いざという時の業者対策のすすめでした!

身を守るために、備える記事はこちら
↓ ↓ ↓
《Omiai(オミアイ)新機能》ブロック機能登場!今までの非表示機能との違いを解説!
危険な出会いを回避!マッチングアプリのヤリモク・既婚者・サクラの3つの特徴!

 

まとめ


さすが、安全安心を売りにしているOmiai(オミアイ)だけあって、悪質なユーザー、業者対策はバッチリですね!

よければ、マッチングアプリ選びの参考に使ってください。

より詳しくOmiaiについて知りたい方は下の記事へ!
↓↓↓

オミアイ(Omiai)とは?攻略法・始め方・いいね・料金・評判・退会方法などを徹底解説!

素敵なパートナー探しは「Omiai」で!

Omiai公式ホームページ

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

Omiaiに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です