TOP > Omiai > 投稿一覧 > 記事
Omiai(オミアイ)
日本初のマッチングアプリ!
真面目に恋活する女性も多数
記事ページ

Omiai(オミアイ)メッセージ初心者必見!有料会員になってもメッセージが続かない3つの理由

マッチング, 男性向け, メッセージ, 体験談

Omiai
最終更新:11/9(木)8:43


こんにちは!前回の記事で恋活マッチングアプリ『Omiai(オミアイ)』を使って
【!!裏ワザ!!】Omiai(オミアイ)無料会員のまま女性とマッチングする方法 3選
に挑戦してみたのですが、結局無料会員のまま15人くらいマッチングすることができたんですね。

でもそこで問題が発生してしまい、、、、
 

相手からのメッセージ見れねー!!笑
せっかくマッチングしても、メッセージ見れなかったらどうしようもないじゃん。
というわけで、有料会員になることを決意。いやあ、よくできてますねぇ。
とりあえず三か月プランにしました!

(いま三か月以上のプランに新規登録したら、プレミアムパックがセットになるらしいです。)
震える指で会員登録ボタンを押してみると、会員ステータスが

無料会員  有料会員・プレミアムパック” になり、不思議と自信が出てきました。笑
めちゃくちゃ女の子たちと仲良くなれそうな気がする!!

しかし待てど暮らせどメッセージの返信が来ない、、、
3通くらいすればだいたい音信不通になっていく、、、

そこで自称恋愛マスターの友人に添削してもらったところ、僕がメッセージが続かず死んでいった3つの理由が見えてきましたので紹介します!

マッチング後メッセージが続かない方必見です!

 

死因 メッセージ内容が普通すぎる


 

僕が送っていたメッセージの内容は

「どうも!!興味を持っていただいてありがとう!!」というとてもシンプルで普通な内容。女性は1日にたくさんいいね!をもらっているわけで、その全部には返信しないと思います。

ほかのライバルたちと同じような普通のアプローチでは、僕みたいな凡人はきっと埋もれてしまう!!
そこで僕なりに考えた対策が、疑問文を入れる疑問文を入れることによって、返信率が上がることに気が付きました。というよりも質問のないメッセージには返信しない子が多いと多かったです!

例えばプロフィール写真が海の写真だったら

  1. 「はじめまして! ○○と申します! いいね!ありがとうございます!」
  2. 「はじめまして! ○○と申します! 綺麗な海ですね!どこの海に遊びに行かれたんですか?」

➀と②では、②の方が自然に返信しやすいですよね?このように、自然な会話を疑問文で作っていくことが返信率を上げるコツかなと思います!

 

死因 いきなりタメ口



仲良くなるには敬語じゃダメだ!タメ口で行こう!と思い基本的にタメ口で話していました。
しかし、いきなり知らない人にタメ口で話されたら誰でもイラッとしますよね?
なので最初は敬語を続けていきましょう。
①相手がタメ口になる
②3日くらい毎日やり取りする仲になる
この2つのどちらかの条件が満たされたらタメ口でより親しくなりましょう!

 


死因③ 長文で返事


マッチングした嬉しさから思わず長文で返していませんか?
女性は単発で何往復も会話をするのが好きな生き物らしいです。
なので伝えたいことがいっぱいあっても1つに絞って小出しにしていきましょう!

まとめ



いかがだったでしょうか?
いくつか自分に当てはまることがあったのではないでしょうか?
これからはこの3つを頭に入れて返信のくるメッセージにしましょう!

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

他のアプリのNGメッセージも参考にしてください!
↓↓↓

《タップル誕生》20代女性に聞いた『この人とはメッセージしたくない』と思わせる男性3つのタイプ
あなたも送ってしまっているかも?!タップル誕生でブロック決定のメッセージ大公開!
With(ウィズ)でマッチングした女性とメッセージが続かなかった3つの理由
《ペアーズ》うっわ、気持ちわる・・・「こりゃないわ」と思われてしまうメッセージ3パターン
欲求は隠せ?ペアーズでマッチした女の子からブロックされた3つの理由・・・
【なぜ?!】ペアーズ(Pairs)でマッチング後返信が来なかった3つのメッセージを大公開!
ペアーズ経験者が語る!彼女たちが既読スルーしてしまったメッセージ3選!


国内No.1の恋活マッチングサポート『Omiai』で素敵なパートナーを探したい方はこちら!

Omiaiに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です