TOP > ペアーズ > 投稿一覧 > 記事
Pairs(ペアーズ)
マッチングアプリの王道!
登録者数も多く初心者におすすめ
記事ページ

男性がpairsでデートした後にやるべき大事なこと3選

デート, 男性向け, 攻略

ペアーズ
最終更新:8/31(木)18:41


こんにちはYUCHONです。

突然ですが、

 

終わりよければすべて良し

 

ってことばご存知ですか?

過程がだめでも、結末がよければそれで問題ないんだぜ!!!という意味なんですが、このことはもちろんデートにも当てはまります!

せっかくpairsでマッチングをして、会うまでこぎつけたのに、そのあとフラれてしまったら悲しいですよね。

そこで今回は、pairsをやっている皆さんが、「有終の美」を飾れるようなアフターケアをお教えしようと思います。

ペアーズ公式ホームページ

ペアーズ以外にも様々なマッチングアプリがあります。自分に合うのアプリがまだ見つかっていない方は、下の記事を参考にしてみてください。

↓↓↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

 

・帰り際ギリギリまで見送れ!


よゐこの濱口さんが「デートで一度も待ち合わせをしたことがない」という話をご存知ですか?

デートの時は彼女の家まで迎えにいき、そして見送りも彼女の家までするのだそうです。

さすがにそこまでしろとは言いませんが、駅の改札くらいまでは見送ってあげましょう。

デートした場所で別れるのはナンセンスです。

お礼のlineはその日のうちに!


男性が意外と忘れがちなのは、デート後のお礼lineです。

これがないと、女性は「もしかしてデートつまらなかったのかな?」と不安になってしまうそう。

 

「今日はありがとう!○○と話せて楽しかったよ」

 

と送ってあげれば、女性からの印象はかなり良くなるはず。

lineが翌日以降に持ち越しになってしまうと、どこか抜けている男性だと思われてしまいます。

次のデートの約束もその日のうちに!


次会う約束は、会ってる最中、もしくはお礼lineで取り付けてしまいましょう。

会う約束もないのにダラダラやりとりを続けていると、女性は「この人本当に自分に気があるのかな?」と疑問に思ってしまいます。

そんなことしている間に、他の男性に先を越されてしまったら目もあてられません。

 

「今日会ってみて、楽しかったからもう一度会いたいんだけどどうかな?」

 

などど送ってみれば、女性も素直に喜んでくれるはずです。

少し、追いかけすぎかな?とも思った方!これはマッチングアプリだからこその効果絶大なアプローチです。
毎日様々な男性とやりとりしている女性は、天秤にかけられていることも多いです。

その中で、周りと差をつけるこのストレートな行動がキモですね。

いかがだったでしょうか。デートの内容ばかりに気をとられがちですが、別れた後のアフターケアも女性はちゃんと見ていますよ。それでは楽しいpairsライフを!

素敵なパートナー探しはPairs(ペアーズ)で!

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

他のアプリのデート体験談も参考にしてください!
↓↓↓
マッチングアプリ経験者が語るネット恋愛の醍醐味3つ
【Omiai(オミアイ)で人生変わった】50歳目前で20歳年下の奥さんをGetした僕の体験談
<初デートのセオリー!> Omiaiを使い倒した都内在住美容師に初デートの”アリナシ”全部聞いてきました!
ペアーズ(Pairs)利用中の女子大生5人に聞いた「この人いいな」と思ったプロフィール3つの特徴!
ペアーズ(Pairs)とウイズ(with)で知り合った男性8人とデートしたモテ女(33)が振り返る「印象に残った相手3人」
【28歳美女OL体験談】ペアーズ(Pairs)で出会った男性に思わず惚れた最高のデート
【ペアーズ(Pairs)歴1年以上の美女に聞いた】男らしいデートプランの立て方とは?
男性必見!ペアーズ(Pairs)でハイスペ男子10人以上とデートした美女に聞いた服装のポイント
年上好きの男性に捧ぐ!ペアーズで出会った30代女性との濃厚夜デート公開!
【必勝!?】ペアーズ(Pairs)でマッチング数2000以上の男性が教える、失敗しない恋愛術!!
【君も変われる!】30代前半の冴えない僕が、ペアーズで彼女をGETした方法。
1日でハイスペ男子20人以上と出会える!?ペアーズいいね数1000越え女子大生のマッチングアプリのリアル大公開!

ペアーズに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です