TOP > ペアーズ > 投稿一覧 > 記事
Pairs(ペアーズ)
マッチングアプリの王道!
登録者数も多く初心者におすすめ
記事ページ

いいね!が貰いたければ上位表示されろ!ペアーズで検索上位表示されるための2大裏ワザ

プロフィール, いいね数, 女性向け, 男性向け

ペアーズ
最終更新:9/8(金)12:00


こんにちは、最近は「いいね!」を貰うにはどうすればいいかお母さんに相談している私です。

私は600万人が利用する国内最大級の恋愛・婚活マッチングサービス「ペアーズ(Pairs)」を日々やり込んでいます。

ペアーズ公式ホームページ

皆さん「いいね!」ってきてますか?僕は来てませんでした。
しかしたった2つのある裏ワザを実践することで今では毎日5いいね!は必ず来るレベルまでいくことが出来ました。

そんな裏ワザを今回は惜しげも無くご教示いたしましょう!

ペアーズ以外にも様々なマッチングアプリがあります。自分に合うのアプリがまだ見つかっていない方は、下の記事を参考にしてみてください。

↓↓↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

つぶやきを更新


1つ目は”こまめにつぶやきを更新する”です!
つぶやきを更新がすると異性から検索された時に上位に表示されやすくなります。

実際私も一週間ほどログインするだけの日々を過ごしていた時は「いいね!」がこなく、足跡も4人程度でした。
しかしつぶやきを更新した日のうちに2人からのいいね!と10人から足あとが来ました!

この結果を考えると、つぶやきの更新は上位表示に有効であると考えられます。
他にも検索を行うことやプロフィールを更新すること、活発にメッセージを返すことなども有効と聞きますがまだ調査中なので今の段階では確実な「つぶやきを更新する」方法をお勧めします。

つぶやきは1日3回まで更新できるのでできるだけ多くつぶやきましょう!

つぶやきテクニックはこちら!
↓↓↓
【男性向け】
Withでつぶやくとき何を書いたら…相手に「おっ」と思わせるキーワードを徹底解明!
ウィズの人気会員のつぶやきは?相手の興味を引くキーワードを徹底解明!
【大量のいいね!を貰え】マッチブックでいいねがなくてもプロフィール上位に表示される裏技3選!!
Pairsのつぶやき機能で「いいね」を倍増!女子ウケするつぶやきランキング
いいね!が貰いたければ上位表示されろ!ペアーズで検索上位表示されるための2大裏ワザ
女性からの「足あと」が3倍になる?!ペアーズのおすすめ一言コメント集
触るな危険!地雷系女子にありがちな呟き4選 ペアーズで地雷系女子の見分け方 4選

【女性向け】
受け身女性必見!タップル誕生で使えるつぶやきモテ術!
【大量のいいね!を貰え】マッチブックでいいねがなくてもプロフィール上位に表示される裏技3選!!
女性必見!!ペアーズ女性会員上位100人の「つぶやき」を徹底分析!
《足あとがつかなきゃ始まらない!》ペアーズ男性会員がプロフィールを見たくなる5つのポイント
いいね!が貰いたければ上位表示されろ!ペアーズで検索上位表示されるための2大裏ワザ

 

こまめにログインする


こまめにログインすることも非常に重要です。
ペアーズではログイン時間順に上位表示されやすくなるのでこまめにログインすることで上位表示が出来ます。
またお相手にプロフィールを見られた際に最終ログイン時間がいつ頃なのかわかります。

この時にオンラインの方が「この人ちゃんとペアーズを活用してる人だからマッチング出来そう」と認識されて、「いいね!」されやすくなります。ちなみに、ログイン時間での検索絞り込みがあるのでそういった面でもログインは頻繁に行っておきたいところです。

アクティブなユーザーの認知を行う仕組みができていると噂のペアーズでは、努力が直結するのでやりがいがありますね。

ぜひこまめにログインしましょう!

 


まとめ


いかがだったでしょうか?
この2ポイントを押さえれば確実にいいね!を貰うことが出来るでしょう!
ただし最初に言ったようにプロフィール自体もめちゃめちゃ大事なのでプロフィールの作成も努力しましょう!
男性のプロフィール作成にはこちらの記事へ

ペアーズ(Pairs)利用中の女子大生5人に聞いた「この人いいな」と思ったプロフィール3つの特徴!

素敵なパートナー探しはPairs(ペアーズ)で!

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる10個のマッチングアプリ比較表・フローチャート

ペアーズに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です