TOP > タップル誕生 > 投稿一覧 > 記事
タップル誕生
マッチング率No1.直感型アプリ!
ゲーム感覚で楽しくマッチング
記事ページ

タップル誕生のブロックと非表示の違い!相手にバレにくいのは「非表示」!

悩み, 女性向け, 男性向け, 攻略

タップル誕生
最終更新:12/4(月)21:00


「ブロックしたいんだけど、これバレちゃうんでしょ?」

こんな悩みを抱えている方に朗報です!

実は、タップル誕生には相手にバレない、裏技的なブロック方法があるんです。
その名も…

非表示!!

強調する割には意外と普通…。
いえいえ、これは見た目によらず超便利裏テクなのですよ。
今回は、そんな非表示について詳しくお伝えします。


タップル誕生公式HP

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

非表示とブロックの違い


ブロックには大きく分けて2つの役割があります。

・相手のメッセージを非表示にすること。

これが相手をブロックする、主たる目的だと思います。

これにより、相手からのアプローチをシャットアウトすることができます。

・つぶやきを非表示にすること

メッセージと同様に、相手のつぶやきを全て非表示にすることができます。

では、非表示とブロックはどう違うのか?

見ていきましょう。

非表示の場合、ブロックと同様に相手のメッセージが見えなくなります。

ブロックとの大きな違いは、つぶやきにあります!

ブロックの場合、自分と同じように相手もすべてのつぶやきを見れなくなります。
それが、ブロックしたことがバレる大きな原因となっていたのです。

ですが、「非表示」の場合はバレる可能性が非常に低くなるのです!

それは、つぶやきが見れなくなるタイミングにあります。

ブロックではすべてのつぶやきが見れなくなりましたが、「非表示」では新しく更新されたものから見れなくなるのです。

例えば、あなたが某日の12:00に相手を「非表示」にしたとしましょう。

このとき、あなたも相手もまだつぶやきに変化はありません。

ですが、もしあなたが12:01につぶやいたとしたら、相手はこれを見ることが出来ません

これは、相手がつぶやいた時も同様です。

なので、あなたが頻繁につぶやきを更新しているわけでなければ、相手に非常に気づかれにくい、というわけです。

「非表示」のやりかた


では、実際に非表示をやってみましょう。

ブロックの場合はいくつかやり方がありますが、「非表示」の場合はシンプルです。

①メッセージ一覧からブロックしたいユーザーを選び、その右側の「…」をタップ

②非表示にするをタップ

③非表示完了

これで、相手は非表示設定になりました。

非表示解除方法

①マイページの設定(歯車マーク)をタップ

②3つめ束の非表示リストをタップ

③対象ユーザー右側の「…」をタップし、「非表示」解除

これで完璧!!

 

「非表示」を見分けるにはどうするの?


先述したように、「非表示」を見分けるのは非常に困難です。

ですが、目安となるものはあります。

①つぶやき時間
もし、そのお相手がつぶやきを頻繁につぶやきを更新する方で、突然それが途絶えてしまったら、それは「非表示」された可能性が高いです。

②メッセージ
自分からメッセージを送って、1日、2日と返信が返ってこないのであれば、無視されているかブロック・「非表示」になっている可能性があります。

もちろん、これらが見られても「非表示」になっている、と断言することはできません。

あくまで一つの可能性、目安としてご活用ください。

相手にブロックされにくいメッセージはこちら
↓  ↓  ↓
男性は要参考!「爆モテ女子大生」が選ぶ!タップル誕生での優良メッセージ3選

まとめ


「非表示」する側はとても便利ですが、される側はたまったものではないですね。

この記事が、少しでもあなたのお役に立てますよう。

あなたが楽しいタップル誕生ライフを送れるよう、願っております。

より詳しくタップル誕生について知りたい方は下の記事へ! ↓↓↓
タップル誕生とは?攻略法・始め方・カード・料 金・評判・退会方法などを徹底解説!
素敵なパートナー探しはタップル誕生で!


タップル誕生公式HP

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

 

タップル誕生に登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です