TOP > トルテ > 投稿一覧 > 記事
トルテ
レディーファーストの恋アプリ。
女性からはじまる恋愛・結婚マッチングアプリ
記事ページ

トルテ(Torte)の男性会員を徹底分析!年齢層、職業、年収は?

調査・アンケート, 女性向け, 攻略

トルテ
最終更新:12/3(日)16:30


レディーファーストの恋アプリ、「トルテ(Torte)」が話題ですね。

トルテについて知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。
【女性が主導権を握るマッチングアプリ】「Torte(トルテ)」をはじめてみた♪

男性の年齢、職業、年収は女性にとって気になる要素です。

トルテを使っているレディーファーストの意識が高い、できる男性はどのような方が多いのでしょうか?

今回、カード100枚を使って大調査してみました。

 

男性ユーザーの年齢層




年齢層は若めで、20代男性が7割近くを占めています。調査した100人の中には10代の男性はいませんでした。

グラフを見るとわかる通り、恋活適齢期の男性が多いですね。

モテないからマッチングアプリを始めたという方よりも、職場だけでは出会いがないために始めたという方が多いのでしょう。

さらにトルテは2017年夏に発表された新しいマッチングサービス。

どの年齢の男性であっても流行に敏感でオシャレに気を使っている方が多い印象でした。

 

トルテのマッチング方法はまず男性の写真が表示されて「いいね」「スキップ」かを選択するというものです。

そのため、男性会員はかなりイケメンが多い

トルテで男性を探すと様々な系統のイケメンの写真が次々と表示されて、見ているだけでも目の保養となり癒されます。

お仕事や学校で日々お疲れの女性の皆様、蒸気でホッとアイ○スク代わりにトルテを眺めてみては?

モザイク付きではありますが、Matchapp編集部女子が興奮したイケメン男子を例としてあげてみます。

 

①白濱亜嵐似ワイルド系イケメン(25)

 

②玉木宏似爽やか系イケメン(29)

 

③高橋一生似塩顔系イケメン(26)


いや、もう本当にすごい。イケメン好きの血湧き肉躍る

普通に歩いてたら振り返って3秒くらい時が止まる、そのくらいのイケメンです。

モザイクなしで見たい方は…早くダウンロードしてください!

トルテのダウンロードはこちら

男性ユーザーの職業


1位 会社員 19%
2位 IT・WEB関連 12%
3位 経営者・役員 10%

 

新規アプリということもあってなのか、最新情報に敏感なIT関連職に携わる方や経営者・役員が多いようです。

しかしその他にも、学生や調理師・教育系や介護職など多岐にわたる職業の男性が見受けられました。

ここで注目すべきは経営者・役員の多さ。

なんとトルテを使っている男性の10人に1人は経営者or役員!

HUBでナンパ待ちをしていてもなかなか出会いませんよ、経営者とか役員とか。

しかも先ほどの年齢層から見てもわかるように、トルテのユーザーの大半は20代~30代の若い男性。

20代~30代のうちから起業だったり出世だったりをしている、超優秀・有能でアグレッシブな男性とかなりの確率で出会うことができるのです。

もうわざわざセンター街のHUBに行く必要はありませんね。あの殺人的な混雑が解消されることを願います。

 

男性ユーザーの年収


 

年収400~600万円の男性がもっとも多いです。

年収を非公開にしている男性は、学生や経営者が多く見受けられました。

 

他のアプリと比較すると、高収入の男性がかなり多いです。

業界最大手と言われるペアーズでは年収600万以上の男性は30%。

それに対してトルテの男性会員は40%近くが年収600万円を超えています

年収非公開の男性が20%以上を占める中でのこの割合は本当にすごいです。

だって、年収を公開している人の約半分が年収600万超えですよ…?

年収が高い男性はモテるので、トルテをすぐやめてしまうかも。

早くダウンロードして高収入男性をゲットしちゃいましょう!

まとめ


今回はトルテに登録している男性会員100人について分析してみました。

男性会員の傾向をつかむと、部分的ではありますがそのマッチングアプリの特徴も見えてくるような気がします。

 

トルテ男性ユーザーの年齢層としては20代が多く見られ、職業では経営者やIT系などの最新情報に敏感な男性が多いです。
上記のような男性と出会いたい!そんな女性は今すぐトルテに登録です。

 

トルテの登録方法は下の記事を読んでみてください。
【女性が主導権を握るマッチングアプリ】「Torte(トルテ)」をはじめてみた♪

 

 

トルテに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です