TOP > ウィズ > 投稿一覧 > 記事
with(ウィズ)
メンタリストDaigo監修!
相性診断で運命のマッチング!
記事ページ

with(ウィズ)男子必見!メッセージに悩んだら読むべき記事6選!

メッセージ, 悩み, 男性向け, 攻略

ウィズ
最終更新:10/20(金)12:00


「Withでマッチングしたけど、どんなメッセージ送ればいいの?」

と悩んでいるあなたへ。

どんなメッセージを送ればいいのか、悩みますよね。

マッチアップ編集部も、苦い経験をしてきました。

そこで得た経験から、

メッセージを送ったのに返信がない
どんなメッセージを送ればいいかわからない
どうやってラインを聞くのか知りたい

などの問題は、解決できる自信があります。

あなたまで苦い経験をする必要はありません。ぜひ、参考にしてください。

【目次】

マッチングしたら確認するべき3つの項目!
実践済!返信率が良かった初回メッセージ5選
マッチングした女性とメッセージが続かなかった3つの理由
withが解説するメッセージ継続の5つのコツ!
メッセージを見た瞬間に、無視決定。女性が嫌がるラインの聞き方とは!
ラインを聞きやすくする一言とは
まとめ


マッチングしたら確認するべき3つの項目!



「はい、よろしくお願いします」

好みの女性とマッチング!悩みまくって送った初回メッセージにこんなにそっけなく返信されると悲しくないですか?

少しは話を広げてくれよ、、、と思わざるを得ませんでした。

でも、それは初回メッセージの内容が良くなかったのかもしれません。

相手のプロフィールを読んで、相手の興味のある内容を入れるなど工夫していますか?
質問を入れて返信しやすい文章にしていますか?
まさか定型文まるわかりのメッセージは送っていないですよね・・・?

女性は男性の何倍もマッチングしていて、メッセージももらっていると心得てください。
定型文は埋もれますし、質問が無ければ返信内容にこまってしまいます。

とはいえ、会ったことない相手に送る初回メッセージは悩ましいですよね。

withでは、メッセージをする際に性格診断から導き出された相手のキャラクターや、自分との共通点を表示してくれるようになっているんです。

こちらの記事で初回メッセージ前に確認すべきwithの3項目について紹介しているので、是非ご覧ください!

【マッチング後の最大の山場は一通目メッセージ!】メッセージを送る前にwithで確認するべき3つの項目!

もし話題に困ったら、この記事に書かれている3つの項目をチェックしてみてください。

読んだあなたは、初回メッセージに困らなくなるはずです。

目次へ戻る

実践済!返信率が良かった初回メッセージ5選



メッセージを送る前の準備をしても、不安が消えない方向けに初回メッセージの送るときのコツを3つ紹介します。

1、相手との共通点を含めた内容にする

「〇〇さんは、旅行が好きなんですね。僕も国内旅行によく行きます!〇〇さんは最近どこに行きましたか?」

自分と相手の共通点を探して、話に盛り込んでください。

自分の好きな話を振ってきた相手をシカトするのは誰でも戸惑います。

2、疑問形で送る

「こんにちは、よろしくお願いします。」では誰も返信したいと思いません。

「こんにちは、よろしくお願いします。僕は猫が好きなんですけど、〇〇さんは猫と犬どっち派ですか?」

と、相手と共通点がなければ自分の好きな話題に持ち込んで疑問形で完了してください。

3、自己紹介や感謝をする

「マッチングありがとう。よろしく」

たまに自己紹介もなくタメ語で送る男性がいるようです。

まず返信は来ません。

年下だろうと、最初は敬語。

「こんにちは、ともやんと言います。マッチングありがとうございます。よろしくお願いします。」

リアルとネットでも、ルールは同じですよね。

メッセージの基本は以上です。

いくつ当てはまっていましたか?

この3つを意識するだけでも、返信率は上がっていきます。

とは言っても、まだまだ不安な方もいると思います。

せっかくマッチングしたからには、メッセージを続けたい。

そんなあなたに、マッチアップの男子が実際に使い返信が返って来た初回メッセージ5選を紹介します。

正直、使おうと思えば、

コピペで使えます。笑

【with(ウィズ)での初回メッセージに困っているあなたへ】実践済!返信率が良かったメッセージ5選

「どんなメッセージ送ろうかな」と悩むのもめんどくさい方は、ぜひ使ってみてください。

目次へ戻る

マッチングした女性とメッセージが続かなかった3つの理由



メッセージを送るための準備をして、一生懸命考えてメッセージを送ってみた。

返信が返って来て喜んだけど、何通かやりとりしたら途切れてしまう。。。

そんな経験、ありませんか?

なぜ無視されるのか、その理由が知りたいですよね。

メッセージが来ていないか何度もスマホを確認するのは虚しい。

メッセージを無視されるのは、相手の気まぐれかこちらのメッセージがつまらないかのどちらかです。

こちらの問題でよくあるのが以下の3つです。

疑問形で返信していない
相手の興味のない話をしている
無駄に長文

なぜこの3つに当てはまっていると、メッセージが途切れてしまうのか、気になりませんか?

その答えを知りたくて、マッチアップの女性たちに聞いてみました。

すると自分では全く気づけていかなった問題点に気付かされたのです。

以下の記事にその内容をまとめておきました。。。

ぜひ、読んでみてください。

With(ウィズ)でマッチングした女性とメッセージが続かなかった3つの理由
目次へ戻る

withが解説するメッセージ継続の5つのコツ!



with(ウィズ)
の良い点は、

メッセージのコツを運営側が教えてくれることです。

メッセージに悩んでいるのであれば、with(ウィズ)の公式ページを確認してみてください。

相手に好感を持たれる時間帯を教えてくれたり、

メッセージの分量など、具体的に教えてくれます。

メッセージを送るタイミング、返信率UPの方法など、メッセージが継続するための5つのコツを紹介しています。

女性とマッチングしたら是非とも頭に入れておきたい内容が盛りだくさんです。

それでも、メッセージが途切れてしまうことってありますよね。

それに運営が言ってることだけでは信用できない。

そんなあなたのために、with(ウィズ)の解説+実体験を盛り込んで、記事を書きました。

初心者向けNo1アプリwithが解説!メッセージが継続する5つのコツ!

継続するために5つのコツをどうやって使えばいいか、実証済みです。

簡単にわかるようになっています。

ぜひ、活用してください。

 目次へ戻る

 

メッセージを見た瞬間に、無視決定。女性が嫌がるLINEの聞き方とは! 



メッセージにも慣れてきて、

ラインを聞いてもいいかな?と思える雰囲気になったとします。

しかし問題はここから。

「ライン交換しませんか?」と聞いて、

教えてくれる女性は少数です。

実際に聞いてみると、驚きます。

今まで良い雰囲気だったのに、
ラインを聞いた途端に無視。

その理由がわからなくて頭を抱えていたので、無視されたメッセージをマッチアップ女子に見てもらうことにしました。

女性側の意見として、

「ご飯の約束はノリですることが多く、すぐにラインを聞かれると下心を感じる」

とのこと。

ん、ノリ・・・?とまあそこは置いといて、モヤモヤして頭をかかえる問題も女性の意見を聞くと、すぐに解決したりします。

生の女性の意見は役に立ちますね。。。

その生の意見をくわしくまとめた記事が、こちらです。

女心を知りたい方は、ぜひ読んでみてください。

メッセージを見た瞬間に、無視決定。ウィズ女子が嫌がるLINEの聞き方とは!

目次へ戻る

ラインを聞きやすくなる一言とは



女性の意見を元にラインを聞き出すのもいいですが、もっと簡単にラインを聞けるやり方があります。

ラインを聞く=相手を説得

必要なのは、相手からラインを引き出すこと。

そのためにどんな言葉を使えばいいか、科学的に調べてみました。

そのやり方を実際に使ってみると、成功確率90%以上。

高確率で使えるわけです。

その一言というのは、「〜だから」です。

この言葉をラインを聞くときに入れると、ラインを引き出しやすい。

くわしいやり方はこちらを読んでみてください。

【withで実践済み】成功確率90%以上?!たった一言で、ラインをゲットする方法!

目次へ戻る

まとめ


実践済み初回メッセージ

話題に困らないメッセージを送るには

女性のウケるラインの聞き方

などなど、マッチアップではメッセージのあらゆる悩みを解決しています。

実際に使って実証した内容なので、必ずあなたの役に立つはずです。

ぜひ、参考にしてください。

「マッチングしたけど、メッセージどうしよう。」

から抜け出せることを願っています。

より詳しくウィズについて知りたい方は下の記事へ!

↓   ↓    ↓

with(ウィズ)とは?攻略法・始め方・いいね・料金・ 評判・退会方法などを徹底解説!

 

 

一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

↓ ↓ ↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる10個のマッチングアプリ比較表・フローチャート

ウィズに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です