TOP > ユーブライド > 投稿一覧 > 記事
youbride(ユーブライド)
結婚を意識し始めたあなたに!
ミクシィグループのマッチングアプリ
記事ページ

ユーブライドの『最終ログイン時間』がマッチング率向上のカギだった!

女性向け, 攻略

ユーブライド
最終更新:11/4(土)19:00


 ユーブライド始めたけど思ってたよりマッチングしない・・・
もっと色んな人とマッチングしたい!

マッチングが滞りはじめたあなたに朗報です!

「最終ログイン時間」が「オンライン〜一週間以内」になると、マッチング率の向上が望めます。

しかし、なぜユーブライド(Youbride)で「最終ログイン時間」がマッチング率向上の鍵となるのでしょうか?最終ログイン時間とユーブライドの検索の仕組みの関連性から、読み解いていきます。

【目次】
・デフォルトの「並び順」設定
・ブラウザ版は「利用順」のボタンが目立つ
・1週間以内にログインしたユーザーが目立つ
・まとめ

youbrode公式ホームページへ!

ユーブライド以外にも様々なマッチングアプリがあります。自分に合うのアプリがまだ見つかっていない方は、下の記事を参考にしてみてください。

↓↓↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

デフォルトの「並び順」設定


アプリで検索をかける際、並びは「利用順」がデフォルトで適用されています。
つまり、デフォルトはログインが新しい人順に表示される仕組みになっているんです。

他の選択肢には「新着会員順」もありますが、この設定を変更しない限り、女性のプロフィールは「利用順」で表示されます。

ただし、ブラウザでの検索をかけた場合のみ「新着会員順」がデフォルトで表示されてしまうようです。


PCのブラウザでも試してみましたが、同じ結果でした。

しかし、ブラウザ版でも利用頻度をあげればマッチング率は向上する工夫がされているんです。

ブラウザ版は「利用順」ボタンが目立つ


ところで、関連記事でも言及されているように、「最終ログイン時間」というのはどのアプリのユーザーも気にする情報のようです。
1ヶ月もログインしていない人よりも、アクティブに使用しているユーザーのほうが、返信ももらいやすそうですし、本気度も伝わってきますよね。

※関連記事
Pancy(パンシー)でいいね!されやすくなる5つの小技テクニック
いいね!が貰いたければ上位表示されろ!ペアーズで検索上位表示されるための2大裏ワザ


ユーブライド
でも、「利用順」に着目する男性が多いと考えられますね。

前項で発見した通り、ブラウザ版で「検索条件」を設定すると、まず新規会員順に並べられてしまいます。

しかし、ブラウザ版では「並び順」の設定ボタンは画面の最上部に、大きく目立つように設定されています。

つまり、デフォルトの設定が「新規会員順」であっても、「利用順」へすぐ並び替えられるのです!

ユーブライドのログイン状態は「色」で一目瞭然


ちなみに、ペアーズヤフーパートナーOmiaiの婚活系アプリでは、
・約3日以内のログインユーザーにのみ色がつく
・ログイン状態は黄色系か緑色の2色で識別
といった特徴が見られます。

※関連記事
ユーブライドのログイン時間を非表示にしたい!!!表示しない方法ってあるの?

比較して、ユーブライド
・1週間以内のログインユーザーまで色がつく
・ログイン状態は赤・橙・黄の3色
・赤はオンライン、橙は24時間以内、黄は3日以内・1週間以内のログインを示す

したがって、ユーブライドは1週間に1回以上ログインしていれば、目立って表示されるようになります。

表示例)



更にオンラインか24時間以内のログイン歴があると、つけられる色種そのものが異なりますので、検索された場合の差別化にも繋がります。

まとめ


ユーブライドではこの3点がマッチング率の向上と関連しています。

・アプリ版は「利用順」の並び替えがデフォルト。
・ブラウザ版は「新着会員順」がデフォルトだが、「並び順」に変更しやすいデザイン。
・1週間内のログインユーザーが目立つ。

この特性を活かし、週に1回以上ログインするとマッチング率が向上しそうですね!

より詳しくユーブライドについて知りたい方は下の記事へ!
↓↓↓

今年こそ「運命の人」に会いたい人必見!!マッチングアプリで「運命の人」に会うならyoubride(ユーブライド)へ

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

ユーブライドに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です