TOP > ユーブライド > 投稿一覧 > 記事
youbride(ユーブライド)
結婚を意識し始めたあなたに!
ミクシィグループのマッチングアプリ
記事ページ

【モテない男子に送る!】ユーブライド・20代女子の口コミを集めてみた!その結果わかったこと

口コミ, 女性向け

ユーブライド
最終更新:10/16(月)21:00


「モテ期は人生に3度来る」
といいますが、まだモテ期の不消化回数をお持ちのあなた。
「モテない男子」でも結婚できます。

ユーブライド(Youbride)利用中20代女性の声を拾っていくと、
・誠実さ重視
・結婚に積極的
である20代女性が多いことがわかりました。

本記事では、20代女性の口コミを紹介していきます。

youbrode公式ホームページへ!

ユーブライド以外にも様々なマッチングアプリがあります。自分に合うのアプリがまだ見つかっていない方は、下の記事を参考にしてみてください。

↓↓↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

ユーブライドではモテより、誠実さが重視される


20代女性(医療・福祉・介護関連)
「ヤリモクが怖くて、アプリで人と会うのは避けていましたが、ユーブライドでは証明登録している方に積極的に話しかけています。『真面目な人なんだ』と思いますし、安心します。」

結婚を前提におつきあいする上で、「信頼度」の高いプロフィールが重宝されるようです。

その他マッチングアプリでは基本的に「年齢証明」の提出書類欄しかありません。

その一方、ユーブライドの「証明機能」は「年齢・本人・独身・収入・学歴・資格」すべての項目に適用されています。(詳細記事:ユーブライド(youbride)証明機能を大解明!収入証明は提出必須?

年齢から細かい資格まで証明できるこの機能はユーブライドならでは。真剣な出会いを求めているユーザーが多いことが伺えますね。

なお、証明書を提出しているユーザーのプロフィールはこのように表示されます。

20代女性(医療・福祉・介護関連)
「(略)それでも、軽い気持ちで話しかけてくる人はいるので、プロフィールに『遊び目的の方はごめんなさい』と添えています。」

なおも「ヤリモク」と呼ばれるユーザーが一定数いるのも事実。ただし、視点を変えれば、だからこそ男性の「誠実さ」が経験に勝るアピールポイントとして扱われているのです。

<ユーブライドにあった自己紹介の一文>

さらに、結婚を意識している男性に嬉しい事実が見えました。ユーブライドの20代女性層も、積極的だったのです。

ユーブライドの20代女性は積極的


20代後半(その他)
「20代は見習いで忙しい日々でした。いま仕事にひと段落ついた上、まわりの結婚ラッシュに後押しされ登録しました。いい方と出会いたいです。」

老若男女問わず、忙しい現代人に出会いは不足しがち。

ユーブライドの女性ユーザーも、仕事や日常生活が忙しく「結婚に至る恋愛」を重ねる機会が少なかったと推測できます。

ユーブライドでは、同じスタートポイントから関係をはじめられそうですね。

20代後半(その他)
「(略)しかも、まわりの女性が次々と結婚していきます。この波に乗りたかったので登録しました。」

こちらの女性の口コミ以外にも、共通して「周囲の結婚ラッシュをきっかけに登録した」という声が多々ありました。

26歳女性(事務・経理)
「社会人になって結婚考える年齢になってきた。28歳前には良縁に恵まれたい」

ユーブライドには、成婚退会者の56%が3ヶ月以内にパートナーを見つけている実績があります。

それだけ、素早い成婚を期待している女性が多いと言えますね。

今までおつきあいの機会があまりなかった男性も、20代女性と結婚ラッシュに乗れるチャンスはまだまだあります!
経験より誠実さで、一発逆転しちゃいましょう!

まとめ


ユーブライドで20代女性が求めているものは二つありました。

①誠実な男性
②素早い成婚

20代後半から始まる結婚ラッシュに合わせて、「すぐ、信頼できるお相手に出会いたい」という考えを持った女性が多いようです。

以上、「【モテない男子に送る!】ユーブライド・20代女子の口コミを集めてみた!その結果わかったこと」でした。

これを機に、モテてる男性より誠実な殿方が求められるユーブライドで婚活してみませんか?

今年こそ「運命の人」に会いたい人必見!!マッチングアプリで「運命の人」に会うならyoubride(ユーブライド)へ

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

ユーブライドに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です