TOP > ユーブライド > 投稿一覧 > 記事
youbride(ユーブライド)
結婚を意識し始めたあなたに!
ミクシィグループのマッチングアプリ
記事ページ

ユーブライド(youbride)を攻略!アイコンよりも写真設定が超重要!

プロフィール, 写真, 女性向け, 男性向け

ユーブライド
最終更新:11/4(土)15:00


こんにちは!
マッチングアプリ大好き女子大生、たま子です。

最近は会員100万人以上、ミクシィグループが運営している国内で最も選ばれている婚活サービスである「ユーブライド」にも

ユーブライドは自分の写真を載せなくても登録ができるマッチングアプリです。

しかし、自分の写真を載せることをおススメします!
写真を載せるべき理由を3つ紹介したいと思います。

youbrode公式ホームページへ!

ユーブライド以外にも様々なマッチングアプリがあります。自分に合うのアプリがまだ見つかっていない方は、下の記事を参考にしてみてください。

↓↓↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

 

1. マッチング率が上がる


写真を載せることでマッチング率が上がります。
マッチング率が上がると、より多くの選択肢の中から異性を厳選することができます。

写真を載せていない人にいいねするのは正直不安です。
私はプロフィール写真を設定したところ、いいね数が20倍以上に増えました。
やはり第一印象というものは大事ですよね。

自分の顔に自信がないという場合、雰囲気が伝わる写真でもいいと思います。

他アプリの記事ですが、プロフィール写真について書かれているので参考にしてみてください♪
女性向け:【タップル誕生】顔に自信ない女子は雰囲気ある写真かナイスバディ写真で「いいかも」ゲット!
男性向け:With(ウィズ)で人気のプロフィール写真はコレ!人気男性会員がしている5つの法則大解明


2. 見せたい人を設定できる


とはいっても自分の写真を載せるのは不安、という場合。
安心してください。ユーブライドではどの相手に公開するかを設定することができます。

プロフィール写真を登録すると、
・全体公開
・写真登録済みの有料会員に公開
・見せたい人にのみ公開(スタンダードプラン限定)
の3つが選択できます。

痒い所に手が届く、ユーブライドならではの安心設定ですね。
これで「相手には自分の顔を見られるが、自分は相手の顔を知らない」という状況を避けることができます。

3.より真剣な相手と出会える


自分の写真を載せている人は、真剣に婚活をしている印象があります。

やりとりをして仲良くなってから写真を交換したい、という意見もあると思います。
しかし、年齢や年収など条件だけでいいねされているという状況にもやもやしませんか?

さらに、コツコツやりとりを重ねてやっと仲良くなり、写真交換してお互い好みじゃなかった場合、時間もかかり非効率ですよね。

人は言葉以外からも多くの情報を得ます。(「人は見た目が9割」より)
ぜひ、勇気を出して写真を登録してみてください。

まとめ


以上のことから、私はプロフィールに自分の写真を載せることをおすすめします。
写真を設定して素敵なお相手を見つけてくださいね♪

また、自己紹介文をしっかり書くことも大切です。
何を書けばいいのかわからない方や、書くときのコツが知りたい方は下記の記事を参考にしてみてください。
↓↓↓

【プロフ大攻略@ユーブライド】魅力的な自己紹介文5つのポイント!人気会員のデータを元に徹底分析!!

 

より詳しくユーブライドについて知りたい方は下の記事へ!
↓↓↓

今年こそ「運命の人」に会いたい人必見!!マッチングアプリで「運命の人」に会うならyoubride(ユーブライド)へ

他のアプリのプロフィール写真テクニックも参考にしてください!
↓↓↓

Omiai(オミアイ)最も重要なのはプロフィール写真!!3つの撮影ポイント
ペアーズで女子大生を落としたい社会人必見!プロフィール写真のポイント5選
自己アピールに隠された秘密のサイン!ヤフーパートナーのプロフィールで重要なポイント3つ

 

より詳しくユーブライドについて知りたい方は下の記事へ!
↓↓↓

今年こそ「運命の人」に会いたい人必見!!マッチングアプリで「運命の人」に会うならyoubride(ユーブライド)へ

 

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート


 

ユーブライドに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です