TOP > ゼクシィ恋結び > 投稿一覧 > 記事
ゼクシィ恋結び
女性の憧れゼクシィのマッチングアプリ!
安心度NO1
記事ページ

ゼクシィ恋結びでいいね上位になるために私がついた嘘

プロフィール, 女性向け, 攻略

ゼクシィ恋結び
最終更新:10/24(火)19:00


ユーブライド初心者必見! ログインからたった1時間で終わるメッセージ交換の準備!          

実はゼクシィ恋結びがリリースされた直後、すぐに開始した私はいいね上位を取るべくプロフィールにいくつか嘘をつきました。

嘘ついたら駄目って、家でも学校でも教えられてきたしわかってはいるけれど、女性も有料なゼクシィ恋結び、こちらも素敵な男性と出会うための本気度が高いんです。

女性が嘘をつきがちな項目についてこっそり教えちゃいますね。

1.身長のサバ読み



女子の身長気にしない男性は多いと思いますがさすがにヒールを履いて逆転されたらいいきはしないですよね。

私は身長が163ほどあるのでヒールを履くと170を超えます。
175以上の男性はあまり女性の身長を気にしませんが167〜172くらいの日本人に一番多い身長の範囲の男性は実はものすごく身長を気にします。

なので163てきわどいんです。
そこで私は少しでも多くの男性の検索にひっかかるように159cmで設定しました。
ローヒールを履いていけば問題ないので女性の数センチのサバ読みはOKです。

2.同居人の偽造



実は実家暮らしだったのですが28歳のそこそこいい年齢の私が実家暮らしだと、ちょっと痛いですよね。
実家暮らしと言うだけで「自立してない」「料理できるのかな?」「家事できるのかな?」とマイナス要素が多くなります。

なので社会人3年目以降は、痛い女と思われないためにも「実家暮らし」項目は選ばないようにしましょう。

3.ご飯屋さん、知らないフリ



アラサーになってもしょうもないと思われてしまうかもしれないのですが、デートはやっぱり男性にお店選びしてほしいし、エスコートしてほしい。
本当は、美味しいお店なんて女友達や今までのデートで色々開拓してきたけれど、美味しいお店知ってますアピールはデートに誘うハードルが高くならないかな、とか、誘われても逆にお店をこっちが選ぶことになったらどうしよう、と懸念した上で嘘ついちゃいました。

本当はどこのエリアもデートに使えるお店はイタリアン、和食、カフェそれぞれ最低1個ずつぐらい知ってます、ごめんなさい。

4.初回デート費用は「相手と相談して決める」という建前



もちろん、全部男性持ちが嬉しいです。嬉しくない女の人っているのでしょうか。
だから「○○円だけど、どうする?」相談なんてされたら困っちゃう。全く本位ではありません。
でも、「男性が全て払う」なんて設定するのはもってのほか、「男性が多めに払う」を設定しているアラサーって痛いんじゃないか・・・ってそろそろ思い出したんです。

結果、「相手と相談して決める」だけど、本音は「私はもういい年だし、出すスタイルをとるし出すつもりはもちろんあるけれど、予定調和的に『ここは僕が出すよ』って言ってね♡」ってことです。
相手が出してくれるかどうかは、デートでいかに女性に魅力を感じてくれるか。「男がおごって当然!」という態度は取らずに、終始謙虚にお財布はきちんと出しますし(もちろんお金もいれておきます)。
もし払ってくれたら最高の笑顔で「ありがとうございます、ごちそうさまでした」は必須だと心得てます!

 

5.体型サバ読み



「ぽっちゃりのほうが可愛いよ」って言ってくれる男の人はたくさんいるけれど、

やっぱり女は細めのモデル体型に憧れるし、細いって言われたい!デブもぽっちゃりも言われたくない!着痩せすればなんとかなるでしょ。

そんな気持ちから、ひと段階細めの体形を選んでしまいました。体重制限とかないんだし、ぽっちゃりも太めも人それぞれだから、自分がこうだと思えばいいですよね?

・・・悪い意味のギャップは、マイナス方向に働きます。会った時に引かれるくらいの体形詐称はやめましょう。世の中の男性はモデル体形よりもグラビア体形のぽちゃ好きのほうが多い(実感値)ので、正直に書きましょう。嫌ならダイエット!

女性がつきがちな小さな嘘について、ご理解いただけましたでしょうか?
大嘘をついたら私たちにも不利なのはわかっていますので、小さな嘘は温かい目で見逃してくれると嬉しいです。

ゼクシィ恋結びってどんなアプリ?詳しく知りたい方はこちら!

ゼクシィ恋結びとは?攻略法・始め方・いいね・料金・評判・退会方法などを徹底解説!

ゼクシィブランドで安心!恋活するならゼクシィ恋結びへ

ゼクシィ恋結びに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です