TOP > ゼクシィ恋結び > 投稿一覧 > 記事
ゼクシィ恋結び
女性の憧れゼクシィのマッチングアプリ!
安心度NO1
記事ページ

ゼクシィ恋結びで女性からいいねをもらうには?人気トップ会員の特徴を解説!

いいね数, 男性向け, 攻略

ゼクシィ恋結び
最終更新:12/6(水)16:00


こんにちは、マッチアップ編集部です。

そろそろ真剣にお付き合いできる女性と出会いたくてゼクシィ恋結びを始めてみたはいいけど…

いいねが全然もらえない!
いいねを増やす方法がぜんぜん分からない!
マッチングしない!

これはゼクシィ恋結び始めたたての男性の多くがぶちあたる最初の壁。
実はこの壁を乗り越えられるか否かを左右するのはプロフィール。
今回は、女子大生のM-chanがゼクシィ恋結び男性会員のプロフィールを眺めていたところ、いいね数上位会員の特徴が判明しました。

※ちなみに男性のいいね数1位は561いいね、100位は143いいねでした。(2017年12月4日調べ)


ゼクシイ恋結び公式ホームページ


今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

 女性からはこう見えている!


いきなりですが、ゼクシィ恋結びで男性ユーザーを探すとき、女性にはこのように見えています。

 

つまり…
1人1人男性を見るにしても、見れるのは身長、体形、職業、年収、プロフィール文の最初の2行のみ。そこで興味を持てなかったら次の男性へスクロール。

私の個人的なゼクシィ恋結びにおける男の物色方法ですが、初めにトップ写真を確認、次に年収などのスペックを確認し、「いいな」と思ったらようやく詳細プロフィールを読みます。

ここで何が一番重要かもうお分かりですよね!
まずはトップのプロフィール写真で女性に興味を持ってもらうことが、いいねをもらえるか否かを大きく左右します。

好感度高いプロフィール写真はコレだ!


男性のみなさん、こんなプロフィール撮ってませんか?
「真顔自撮り」「近すぎる・遠すぎる・暗すぎる」「写真撮ってる場所が洗面所」
これらの写真が出てきたら女性はスルーし次の男の元へスクロールしてしまう可能性が高いです。

そこで、ゼクシィ恋結びのいいね数上位100人の男性を眺めてみた結果ある特徴があることが分かりました。
ズバリ、①背景、②映り、③自然な笑顔の3つです。
さっそく詳しく解説していきます。

①雰囲気イケメン
顔がイケメンじゃないからと諦めていませんか??
ゼクシィ恋結びの男性をいいね順に並べ替えてざっと見たところ、芸能人並みのずば抜けたイケメンは多くありませんでした。
でもなにか「かっこよさ」を感じる。
そう、背景に頼って雰囲気イケメンの演出をしていたんです!

雰囲気イケメンを演出する背景とは、「きれい目のレストラン」「旅行先のきれいな風景」「きれいな公園」などが挙げられます。

綺麗な背景で撮っていると、その男性のこともなんとなくかっこよく見えちゃうんですよね。
それがトイレとか洗面所、部屋の壁だったらどうでしょうか…

つまり、周りの背景をうまく使うことで自分の魅力を3割増しで上げることができるんです。
きれいな風景の雰囲気を自分に取り込めばイケメンではなくても「雰囲気イケメン」にはなれます!
背景も自分をアピールする要素の一つになりえることを肝に銘じて写真を撮りましょう!

②顔の面積は写真の半分

 


これらの写真は近すぎる、遠すぎる、暗すぎるのNG例です。

近すぎる写真はモザイクをかけてもなお伝わる圧迫感。
さらに自撮りというだけでも印象は最悪です。
また、遠すぎる写真や暗い写真だと顔がわかりません。
顔のわからない相手と会ったりメッセージしたりしようとはあまり思えません。

ですので、このように遠いアングルや暗いところで撮った写真は「顔が分からないから判断できない!」と女性は次の男へスクロールしてしまいます。

じゃあ具体的にどう写真をとればいいの?

そんな疑問を解決すべく、女性ウケ最高なとってもいい写真をみつけたのでそれと共に解説していきます。

距離感、明るさ、背景すべてをクリアした写真です。
モザイク越しから格好良さが伝わってきます。

距離は見ての通り、写真の3分の1~2分の1に収まるくらいを目安とするといいでしょう。
さらにいいね数上位100人のプロフィールを見たところ、全身ではなく上半身のみのものをトップの写真にしている人が多かったです。

背景はきれいな海と青空。
海や空の青と木の緑のさわやかなイメージを味方につけた写真と言えます。
明るさも背景と顔がはっきり見えるのでばっちり!
晴れの日の昼間の明るさを参考にするとGOOD!
ゼクシィ恋結び初心者ユーザーさんは、明るく、綺麗な背景、の2つを同時に実現することができる屋外で撮るといいかもしれませんね。

ちなみに、遠いアングルからの写真はあくまでトップの写真の場合のみNGで、サブ写真はOK。
むしろ遠目のアングルで撮った全身の写真の方が、「体形」という点で女性の判断材料が増え、いいねされる確率がアップしますので遠目のアングルの写真は積極的にサブ写真に登録していきましょう。

③自然な笑顔
トップの写真はその人の第一印象。
仏頂面だったり真顔だったりするとせっかく背景や映りを工夫してもすべてが台無し。
笑顔が一番女性の心に刺さると言っても過言ではないので、写真は笑顔が1番。

ゼクシィ恋結びではずば抜けたイケメンがいない分、いかに雰囲気イケメンになれるかが勝敗を握っています。
この3つを意識して雰囲気イケメンを目指しましょう。

プロフィール内容を変えよう


①あえて最初に自分のアピール!

先ほどチラッと触れましたが、この最初の2行は男性を検索する一覧画面でも見ることができます。

つまり、ここで女性の心をつかめれば詳細を見るためにタップしてもらえるということです。
定番中の定番の「はじめまして!プロフィールを見て頂きありがとうございます!」ではもったいなくないですか?

ここでさりげなく自分の魅力を伝えられれば他の男性との差を付けられます。

例)出会いの目的、特技を主張

例)職業や趣味を書いて共通点をアピール

このように、ゼクシィ恋結びに対する意気込み、どんな性格か、職業、趣味のどれかが2行のうちに書いてあるといいですね。
プロフィールは最初の2行に力を入れましょう。

②本気度を伝える!
ゼクシィ恋結びはゼクシィなだけあって結婚に本気な女性が多いのが事実。

ゼクシィ恋結びはどんな女性に出会えるの?年齢・職業・口コミを徹底調査!

自分は遊びではなく本気でアプリをやっているという本気度をアピールする必要があります。
その方法は実は簡単。
ゼクシィ恋結びを始めたきっかけと恋愛に対する意気込みをアツく語ればいいんです!


「一緒の時間を共有」「パートナー」という結婚をイメージさせる言葉を使っているのがとてもいいですね!
また、「真剣」や「本気」という言葉を使うのも恋人探しの熱意が伝わってきて好感度が上がります!

③理想の関係を書く
結婚相手を探している女性にとってその人との将来がイメージできるかいうことがとても大事なチェックポイント。


このようにどんな関係になることが理想なのかを書いてあると女性は、この人と付き合って結婚したらこんな感じなんだろうな♡キュン♡いいねしよ♡ってなります。
いかに女性に将来をイメージさせることができるかがカギを握ります。

足跡機能を残そう


プロフィールをばしっと変えたら、あとは営業活動をするのみ。

自分のいいね数の上限もあるし、もったいないからあまりいいねしたくないな…
でもたくさんいいねをもらいたい!

そんな我儘を叶えてしまういいねの種をひたすらばらまきに行きましょう。
いいねが増える魔法の種…それは足跡機能です。

このようにゼクシィ恋結びはもらったいいね数の下に足あと数があるので「どんな人がきてくれたのかな…?」といいねを見るついでについついチェックしてしまいます。
さらに、検索した時には表示されなかった掘り出しものの男性がいることがあるのでここを見ない理由がないんです!

つまり…
足跡をたくさん付ける→たくさん見てくれる→いいプロフィールだったらいいねGET!
このいいサイクルを作るために、気になる女性のプロフィールページにはどんどん足を運びましょう。

まとめ


ゼクシィ恋結びの女性は結婚を意識している人が多く登録しています。
結婚を意識している女性ってどんなことを書いたらキュン♡とくるのかな?ってことを意識しながらプロフィールを書いていくことがコツかもしれません。
仕事も遊びも相手ありきのもの。
マッチングアプリも例外ではありません。
常にプロフィールを見ている女性がいることと、女性がそれを見てどう思うかってことを意識してプロフィールを作成しましょう♪

 

より詳しくゼクシイ恋結びについて知りたい方は下の記事へ!
↓↓↓

ゼクシィ恋結びとは?攻略法・始め方・いいね・料金・評判・退会方法などを徹底解説!

 

素敵なパートナー探しはゼクシイ恋結びで

ゼクシイ恋結び公式ホームページ

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

ゼクシィ恋結びに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です