TOP > マッチングアプリ > 記事

マッチングアプリ業界 今週のニュースまとめ読み【2019年8月3週目】

タグ

マッチングアプリ


今週のマッチングアプリ・サービス・恋愛ニュース

結婚した人のうち「婚活サービス」利用者は3割超で過去最高、使っているのは「ネット系」

株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営するリクルートブライダル総研は7月30日、「婚活実態調査2019」を発表した。調査期間は、1次調査が2019年5月20日から27日。2次調査が2019年5月27日から5月31日。(引用:Yahoo!ニュース)

愛カツ読者1000人以上にマッチングアプリの大調査〜約4割はアプリで出会えている!
相手を選別するとき一番重視するのは「顔と年収」

20~30代女性向け、婚活・恋愛に勝つための情報サイト『愛カツ(あいかつ)』https://aikatu.jp を運営する株式会社TOBE(本社:東京都港区、代表取締役 社長・大木 隆太郎)は、愛カツ読者を対象としたアンケート調査の企画と分析を、恋愛結婚学研究所に依頼しました。出会いの手段として、今は欠かすことのできない「マッチングアプリ」について、愛カツの女性読者に質問をしました。(引用:PR TIMES)


「出典:愛カツ(https://aikatu.jp)」

【業界初※1】スーパーイメチェンコース誕生

婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェント(本社:東京都品川区、代表取締役社長:佐藤茂、証券コード:東証マザーズ6181、以下パートナーエージェント)は、8月5日(月)より新たに婚活者の魅力を最大限に引き出す「エグゼクティブコース」を新設しましたのでお知らせいたします。(引用:PR TIMES)

【婚活のPARTY☆PARTY】ボートレース多摩川とコラボした「恋活♡ボートレース体験会」を開催!

株式会社IBJ(代表取締役社長:石坂 茂、東証一部:6071)が運営する婚活サービスのPARTY☆PARTYは、2019年8月31日(土)ボートレース振興会協力のもと、ボートレース多摩川とコラボレーションした『恋活♡ボートレース体験会』を開催いたします。

申し込みはこちらから!​(引用:PR TIMES)

今週のマッチングアプリ関連Twitter

結婚はクロージング力

マッチアップ編集長の伊藤早紀のツイートがバズっています!


このツイートに対する反応を見てみましょう!


元のツイートもこの方の体験談も、なんだか女性って強く感じちゃいますね!

ママ友とマッチングアプリでお相手探し?!

3,000リツイート近くされている人気の4コマ漫画ツイートです!


この漫画のような育児マッチングアプリ・サービスがあれば、保育園・保育士不足のような問題も緩和していくかもしれませんね!

今週のマッチングアプリ関連YOUTUBE

今週の伊藤早紀・恋愛相談室!

今週は質問にバンバン答えています!

この動画以外にもOLの恋愛戦略・合コンの立ち回り方などあるのでぜひ合わせてご覧ください!

メンタリストDaiGoによるマッチングアプリ攻略!

マッチングアプリwithの監修をしているメンタリストDaiGoが絵などを用いて詳しく解説しています!

今週のマッチングアプリキャンペーン

Pairsエンゲージの登録無料キャンペーンが延長!

iPhoneユーザーの入会費無料キャンペーン期間が7月31日のサービス開始に伴い終了していましたが、8月27日まで延長となりました。

ペアーズエンゲージダウンロード

Pairs(ペアーズ)期間限定コミュニティ開催中


ペアーズでは期間限定コミュニティ「一緒に水族館に行こう!」が開催中です!

男性 47歳 コンサル

デートに行きたいけど外は暑くて耐えられない!

そんな方にとってもおすすめなコミュニティです!

さらに期間限定コミュニティに参加すると、コミュニティ参加者はポイント消費なく無料でメッセージ付きいいねを送ることができるんです。

ぜひお試しあれ!

ペアーズ(Pairs)ダウンロード

タップル誕生「#ナツラブ」開催中

タップル誕生では8月から「タップルで#ナツラブ 真夏の10大キャンペーン」を実施しています!

今週から始まったキャンペーンの1つ「恋愛おもてうら診断」やアイテムがもらえちゃうかもしれない「タップルガチャ」など、まだまだ楽しめます!

「ナツラブ」の詳しい内容が気になる方はこちらへ!


タップル誕生ダウンロード

掲載希望の企業様へ

こちらの弊社のお問い合わせページから、ご連絡ください。
週1回、週末に発行しております。」

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です