TOP > マッチングアプリ > 記事

マッチングアプリ業界 今週のニュースまとめ読み【2019年8月5週目】

タグ

マッチングアプリ


今週のマッチングアプリ・サービス・恋愛ニュース

世界初!海外在住のハイクラス男性に出会えるマッチングアプリ 『Mr.(ミスター)』の事前登録を開始!

『Mr.(ミスター)』は、海外在住の経営者、投資家、資産家、億り人(おくりびと)、大手企業の駐在員などのハイクラス男性に特化したマッチングアプリです。2019年10月のサービス開始(予定)に向けて事前登録を開始させていただきました。(引用:PR TIMES)

男性がいくらか書いていないのが気になりました(笑)女性は無料です。

「大阪市×ゼクシィ縁結び」市域の未婚化進行を背景に結婚支援をテーマとした事業連携協定を締結

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都品川区 代表取締役社長:柏村 美生)が運営する『ゼクシィ縁結び』と大阪市(大阪市長:松井 一郎)は、2019年8月23日(金)に結婚支援に向けた連携・協働を目的とした事業連携協定を締結したことをお知らせします。(引用:PR TIMES)

今後ますます地方自治体とマッチングアプリの連携が増えていくと思います。官公庁は自治体はリクルートの名前でゼクシィを連携相手に選んでそう(笑)

沖縄の男性未婚率、全国ワースト 沖縄県、職場の出会いや交流を応援

県は27日、結婚を望む人に職場を通した出会いや交流の場などを設けるよう企業・団体に働き掛ける「沖縄えんまーる大使」の委嘱状交付式を浦添市内で開き、男女9人を任命した。昨年度に続き2度目で任期は1年。(引用:Yahoo!ニュース)

茶道に組みひも体験…和装で婚活しませんか? 京都で11月開催

京都市上京区の中小企業や住民らが、同区の文化や和装をテーマにした婚活イベント「上京de婚活」を11月3日に開く。和装での参加を勧めているほか、茶道や組みひも体験で男女の仲を深めるプログラムが目玉。参加者を9月15日まで募っている。(引用:Yahoo!ニュース)

「挑戦したくてもできない。障がい者の婚活に変革を!」障がい者婚活のパイオニアが極限まで参加ハードルを下げた新しい婚活方法の確立を目指してクラウドファンディングを開始

障がい者や非正規雇用者の婚活に力を入れるNPO法人、結婚相談NPO(所在地:東京都新宿区西早稲田3-24-8 SUNBOX 5F、理事長:影山頼央 )はこれまでのサポート活動にて障がい者の皆様からいただいたリクエストを元に、オンライン会議システム「ZOOM(ズーム)」を活用した新しい婚活支援を開始致します。(引用:PR TIMES)

今週のマッチングアプリ関連Twitter

マッチングアプリで相手の呼び方って困りますよね?

相手から「なんて呼んだらいいか」の質問されると困りません?
私は基本「名前で呼んでください」で済ませちゃうのですが、アプリ上でその人だけに呼ばれるあだ名があったら特別感があっていいですよね!

そんな時はこのツイートのテクニックを使ってみましょう。


他の人と違うあだ名で呼んでもらえるとかなり印象に残ります。
女性は何人もの男性とやり取りしている可能性が高いので、呼び方ひとつで自分をアピールできるかもしれません。

私も、チロルチョコ食べてるって言っただけで「チロちゃん」って呼んでくれた面白いお兄さんはかなり印象深いです。
これは親しみやすい男性である程度仲良くなった段階だったからいいものの、初対面のかたに言われるとちょっとびっくりします。

呼び方と距離感の関係は難しいですね。

今週のマッチングアプリ関連YOUTUBE

質問回答会!気になるあの人とのメッセージの頻度はどれくらい?!

気になる異性とのメッセージってとっても気を使いますよね。
特に頻度!

毎日連絡していいものか…あまり連絡しすぎると気持ち悪いかな?というときはこの動画で解決です!

ペアーズ(Pairs)新広告!

ペアーズ広告のモデルさんはいつもかわいいですね!

今週のマッチングアプリキャンペーン

with新イベント「2人のペース相性診断」開催中!

withでは9月2日まで新イベント「2人のペース相性診断」が開催中です!

今回の相性診断では”時間の過ごし方”から相性を診断していくようです。
恋人と、時間の過ごし方が同じだと一緒にいて楽しそうですね!

さらに、この診断に参加すると相性のいいお相手へ毎日10回いいねが無料でできちゃうんです!
しかもメッセージ付きいいねも無料です!

この診断に参加するしかない!

with(ウィズ)ダウンロード

掲載希望の企業様へ

こちらの弊社のお問い合わせページから、ご連絡ください。
週1回、週末に発行しております。

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です