滋賀 寺

滋賀県米原市の青岸寺はどんなお寺?カップルにおすすめなお寺デートについて

タグ

マッチングアプリ


  • 青岸寺は江戸時代に建立された自然あふれる美しいお寺
  • 季節を感じられる庭園を観ながら落ち着いた時間を過ごせる
  • 喫茶のサービスもしており、非日常な空間を楽しめる

こんにちは、マッチアップ編集部です。

落ち着いた大人のデートに最適な青岸寺。今回は青岸寺の特徴や魅力などを紹介していきます。

青岸寺とは?

青岸寺は江戸時代に建立された曹洞宗のお寺。その歴史や特徴を紹介していきます。

歴史

青岸寺の起源となる米泉寺は永正の初めに兵火によって消失してしまいました。

その後、小堂によって長く祀られましたが、寂れた小堂心を痛めた僧によって復興され、青岸寺として今日に至ります。

指定文化財

青岸寺には2つの指定文化財があります。

聖観世音菩薩(滋賀県指定文化財)

永和元年(1375年)に金剛仏師讃岐法眼尭尊が刻んだ菩薩像であり、室町時代前期の仏像彫刻です。

十一観世音菩薩(米原氏指定文化財)

平安時代末期の彫刻で、高さ56cmの小さな仏像ですが、全体のスタイルの美しさが評価されています。

国が指定する庭園

国指定名勝青岸寺庭園

blank

1678年頃、三世興欣和尚が香取氏に命じて築かせた自然あふれる庭園は、観音様の住んでいる世界を表現しています。1934年に文部省により名勝庭園に指定されました。

カップルのデートでおすすめの場所

おすすめの場所
・枯山水庭園と池を持つ池泉庭園の2面性を持つ庭園
・四季折々の姿を魅せる庭園
・百日紅の花とイワヒバ、苔に囲まれ微笑む花地蔵

二面性を持つ庭園

blank

名勝青岸寺庭園は普段は枯山水という技法によって、水を使わずに苔で水面を表現しています。しかし雨が多く降った後では山の湧き水が流れて溜まり、庭園に水を張り巡らします。

このように枯山水庭園と池を持つ池泉庭園の二つの姿を持った庭園は全国に2つほどしか存在していません

四季折々の庭

blank

名勝青岸寺庭園は季節によって様々な景観に様変わりします。

上述のように梅雨の時期には池泉庭園としての姿を魅せます。秋には木々が紅葉し、冬に雪が降った時には一面銀世界となります。

百日紅とお地蔵様

blank
夏の終わりごろには、青岸寺境内にある百日紅(さるすべり)は見ごろを迎えます。

花を咲かせている百日紅の下では、苔とイワヒバに囲まれて花地像が微笑んでいます。百日紅が咲いている間は、青岸寺はここで参拝者を出迎えています。

座禅会

blank

青岸寺では毎月第二土曜日に座禅会を開催しています。忙しい毎日を忘れ、ゆっくりとした時間に身を任せてみてはいかがでしょうか。

青岸寺の基本情報

住所 〒521-0012 滋賀県米原市米原669
アクセス ・電車を利用の場合
最寄り駅JR米原駅東口より徒歩7分
・車を利用の場合
米原ICより、彦根方面に車で約10分ほど
参拝料 大人拝観料:300円
小人拝観料:100円(小学生~高校生)
拝観時間 9時~17時(冬季のみ16時まで)
※休園日:火曜日・第4月曜日
HP https://www.seiganji.org/

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
blank
虫眼鏡サイト内記事検索
タグから探す
マッチングアプリ一覧