TOP > 投稿一覧 > 記事
その他のマッチングアプリ
分析まとめ & 関連記事一覧
マッチングアプリ情報
記事ページ

マッチングアプリの出会いの未来は?Growth Hack Talksに行ってきた

特集記事

その他アプリ
最終更新:12/8(金)20:30


スマホで男女をつなぐ、恋愛マッチングアプリ。

数年前まで馴染みの薄い言葉でしたが、現在は広告等でユーザーを着実に増やしています。

国内では「ペアーズ」や最近ではアッパー層向けのマッチングアプリ「東カレデート」などが有名ですよね。

そんなマッチングアプリ業界の牽引者たちは、サービス成長・浸透に向けてどのような取り組みを行っているのでしょう?

今回は12月7日に開催された「Growth Hack Talks by Repro #8」に参加することができましたので、様子をお伝えできればと思います。

Growth Hack Talksとは


Growth Hack Talksとは、2015年にアプリの成長支援ツールをリリースしたRepro株式会社によるイベント。

各回、業界をリードしているアプリの担当者や、アプリ分析やマーケティングのエキスパート達によるお話しを聞くことができます。

今回のテーマは「業界トップランナーたちが語るマッチングアプリの最先端事例」について。

マッチングアプリ業界のトップランナーたちから、ユーザー獲得・継続からマネタイズの取り組みなど、詳しく伺うことができました。

今回は、中でもハイライトしたい部分をお届けします。

第一部 パネルディスカッション



第一部は、Repro株式会社の平田祐介CEO、株式会社エウレカより「Pairs(ペアーズ)」事業責任者の金田悠希氏、東カレデートの運営元である「東京カレンダーWEB」の元共同編集長であり株式会社The Startup代表の梅木雄平氏の3名よるパネルディスカッションでした。

パネルディスカッションでは主に「ペアーズ」と「東カレデート」のサービス事例について伺えました。

特に紹介したいのは、マッチングアプリの運営会社が開催する、オフラインイベントについてです。

ペアーズでは「赤字をぶっこんで力を入れている」と語っていた金田氏。

ペアーズでの例として、「プレミアムフライデーデート」を挙げられていました。

(出典:株式会社エウレカ
対象はすでにマッチングしている男女。

なんと、ペアーズ側がデート費用(食事代)を全額負担しているとか。

飲食店とも提携し、「安心できる環境の作成」を目指しているようです。

関連記事:男も無料でデート!?ペアーズがプレミアムフライデート開催

東カレデートからも、「東カレNIGHT」というリアルイベントが定期開催されています。

アッパー層向けのアプリとして知られ、入会審査がある東カレデート。

(出典:東カレデート公式ページ
リアルイベントも東カレデート会員でないと参加資格がない上、倍率は10倍ほどあるそう。

「クオリティの高い層」のユーザーのみがイベントに見られるというのも、うなずけます。

関連記事:アラサー婚活ハイスペック男が東カレデートで婚活を本気でしてみた話。

ペアーズ東カレデートは、どちらもアプリを介して出会いを提供するサービス。

しかし、今回は最先端事例として「リアルイベント」が紹介されていたのは新たな発見でした。

第二部 発表①


第二部は株式会社エウレカより「Pairs(ペアーズ)」事業責任者の金田悠希氏による発表。

「オンラインデーティングのこれから」というテーマでお話しを聞けました。

金田氏がキーワードとして挙げていたのは「Stigma(汚名、傷跡)」

具体的に、既存ユーザーだけではなく将来的な顧客の認知を変える重要性についてお話ししていました。

例えば、ペアーズでは実際マッチングしたカップルでCMを撮っているとか。

「オンラインデーティングを日本の文化に」と訴えていた金田氏。

たしかに、広告などで認知度が上がったとはいえ「出会い系サイト時代」に生まれたマイナスイメージが完全に払拭されたわけではないのも事実。

これからのマッチングアプリの社会認知に期待が高まりますね。

第三部 発表②


第三部は株式会社アトラエから、ビジネスマッチングアプリ「yenta」の取締役である岡利幸さんによる発表でした。

yentaは完全審査制のAIマッチングアプリ。

公式サイトによると、スワイプするだけで多種多様な専門領域のプロフェッショナルとマッチングできるとか。

恋愛だけではなく、ビジネス場面でのマッチングアプリの活躍にも注目ですね。

まとめ


12月7日、「業界トップランナーたちが語るマッチングアプリの最先端事例」をテーマに、Repro株式会社によって開催された「Growth Hack Talks by Repro #8」。

恋愛からビジネスまで、様々な面でマッチングサービスが社会に浸透しているようです。

特に恋愛マッチングアプリはユーザーの層が着実に広がっている一方で、出会い系のイメージとの葛藤がある様子。

リアルイベントの開催など、あらゆるアプローチでの顧客獲得やサービスに合ったユーザーの獲得が鍵になっているようです。

これからのマッチングアプリ業界に期待が高まりますね!


今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

その他アプリに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です
× ログイン
アカウントをお持ちで無い方は新規登録へ Facebookでログイン Twitterでログイン または
パスワードをお忘れの方はこちら

× 新規登録
既にアカウントをお持ちの方はログインへ
または
利用開始をもって《利用規約》《個人情報保護方針》に同意したものとみなします。