TOP > マッチングアプリ > 記事

婚活女子必見!男性が思わず会いたくなる自己PRのポイント5つ

タグ女性向け

マッチングアプリ


こんにちは、女子力アップ/婚活コンサルタントの澤口珠子です。

毎日、悩めるアラサーアラフォー婚活女子たちが、私の元へ相談にいらっしゃいます。

そんな女性たちに、今私が一番オススメしている婚活、それは「ネット婚活」です。

ネット婚活はたくさんの男性と出会うための「ツール」。

ツールですから上手に使いこなすためには、「テクニック」が必要になります。

澤口珠子

今回は、生徒さんに私がお教えしているたくさんのテクニックのうち、「自己PRの文章」に特化してお教えします。

3ヶ月で104人の男性とデートした私が、実際にどんなプロフィール文章で自己PRしていたのか!?

しっかりお伝えしますので、ご自分のネット婚活に生かしてくださいね。

実は間違ってた!?アラフォー女子の習い事アピール注意報

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓

最新おすすめマッチングアプリ12選!一目でわかる比較表をプロが男女別解説!【2019年版】

最初と最後の一文で男心をがっちり掴め!

澤口珠子

アプリに登録するプロフィール文章は、最初と最後が肝心。

最初と最後に必ず入れていただきたい一文があります。

まず最初の一文は必ず、「プロフィールを見ていただき、ありがとうございます。」と入れるようにしましょう。

ここで婚活女子がやりがちな間違いが、「初めまして!」「こんにちは!」という挨拶の一文を入れること。

これでは当たり前過ぎますし、男性の印象に残りません

こういったただの挨拶よりも、最初に自分のプロフィールを見てくれたことに対する感謝の気持ちを男性へ伝えましょう。
そうすることにより、男性は丁寧で感謝の気持ちがある謙虚な女性という印象を受け、あなたに好感を持ちます

そして最後に入れていただきたい一文は「気軽にお会いしましょう」です。

結婚相談所では、最後の一文に「ここまで見てくださってありがとうございました」という言葉を入れるよう指導するところも多いのですが、ネット婚活ではそれでは丁寧過ぎ、重過ぎます

ネット婚活成功の秘訣は気軽にたくさんの異性と出会うことですので、必ず最後に、気軽に会えるアピールを男性にしてほしいのです。

具体的には「まずはお仕事帰りに気軽に飲みに行きましょう」「まずはお友達から気軽にお会いしましょう」などなど。
この一文を書くだけで、男性からお誘いのメールがたくさん来るようになりますよ。

入会、登録した動機で男性からの邪推をはねのけよ!

アプリに登録している女性のプロフィール文章でよくみかけるのが「友達の紹介で登録しました」というもの。
この一文は、はっきりいって必要ありません

男性からすると「だから?」で終わりです。

澤口珠子

ご自分のプロフィール文章にこの一文を入れている方は、速攻、削除してください。

なぜなら、この一文はこの女性は自主的に登録したのではなく、友達に言われて登録したのだという受け身の印象を男性に与えます。

そうすると、男性からお申込みをしてもマッチングをする可能性は低いと男性は判断しますので、男性からの「いいね!」も減ってしまうでしょう。

このような事態を防ぐためにも、入会、登録した動機は「友達の紹介」ではなく(例えそうでも!)、とにかく

澤口珠子

あなたの日常に出会いがなく、アプリに登録したとアピールするのがオススメです。

具体的には、

・「女子校出身で女性が多い環境にいたため、出会いがない」
・「女性ばかりの職場で出会いがない」
・「職場は既婚者ばかりで出会いがない」などなど

こうアピールしないと、とくにアラサーアラフォー女性は「独身ということは、何かクセがあるに違いない」と男性から邪推される可能性も。

それを打ち消すためにも、たまたま出会いを逃してこの年齢になり、アプリに登録したという印象を男性に与えるようにしましょう。

家庭的要素は必須!

プロフィール文章には必ず、男性が「家庭的」「癒し系」と感じるような単語や文章を入れるようにしましょう。

澤口珠子

一番簡単なアピールは、ずばり「料理」です。

何歳になっても男性は保守的な生き物

例え、結婚後に共働きを希望していても、女性が料理をできるのかどうか、気にしている生き物なのです。

なので、一人暮らしの方は必ず料理しているアピールをプロフィール文章に入れましょう。

例えば、

・「なるべく自炊するようにしています」
・「土日に作り置きしています」
・「得意料理は~~~~」
など

実家暮らしの方も、お弁当を作ってオフィスに持って行っている、土日は実家で料理する、など普段からお料理をしてますアピールを

料理が苦手な方も、

・「料理教室に通っている」
・「実家で練習中。」
・「最近~~が作れるようになった」
など

いくらでもアピールできますね。

この子と結婚したら美味しい手料理が食べられる、と男性に妄想させるぐらいが丁度良いです。

女性の多くはワインやオシャレなレストランが大好きですよね。

でも、プロフィール文章にそれをわざわざ書く必要はありませんよ。

休日の過ごし方は八方美人で!

澤口珠子

男性はあなたが休日に何をしているか、実はものすごく気になっています(笑)

マッチングした後のメールのやり取りでも大抵、「休日は何をしているか」と聞いてくるはずですよ。

マッチングした後ならいいですが、その前の段階、プロフィール文章の段階でご自分の趣味を詳しく書くのは避けましょう。

例えば、アウトドアやマラソンなど体を動かすが趣味の女性が、

体を動かすことが好きなので、休日や山やジムに走りに行っています

とプロフィールに書いていると、インドアの男性は敬遠してしまいます

男性からのお申込みは多ければ多いほど良いのです。

そこからあなたが精査すれば良いのですから。

澤口珠子

そしてネット婚活は実際に会うまではわかりません。

趣味は正反対でも会ってみたらすごく気があって交際や結婚に発展、お互いの趣味や時間を尊重できる素敵なカップルになることだってあるのです。

ですので、ここで大切なことは八方美人になること

「お家でのんびりするのも好きですが、外でアクティブに過ごすのも好き」というように、どんな男性とも合うような書き方をしましょう。

間違っても、ウィンドゥショッピング、エステ、ネイルなどお金がかかる趣味を書くのはやめましょうね。

ギャップ萌えを狙え!

プロフィール文章の目的は、

① プロフィールのメイン写真の印象をより魅力的に補完するため
② ギャップを感じさせるため
③ ①と②両方

プロフィール文章に「ギャップ」を意識して入れると、男性に印象が残りやすくなります

例えば、メイン写真の印象がお嬢様な女性が、プロフィール文章に「ピアノを小さい頃から習ってる」「紅茶が好き」と書いてあっても、男性は何も思いません。

 

ところが、「赤提灯や居酒屋が好き」「ラーメンを食べにいきたい」などと書いてあると、男性は一気にあなたに興味を持ち始めます。

また、メイン写真の印象がギャルっぽい女性が、プロフィール文章に「趣味は手芸」と書いてある、などなど。

実際に私は戦略的に、メインのプロフィール写真を育ちの良さそうなお嬢様っぽい写真を選び、文章に「せんべろや赤提灯が好き」といれ、さらにダメ押しで(笑)、好きなものに「ラーメン、餃子」などと入れていました。

結果、デートしたほとんどの男性から、そのギャップが良かった、興味を持って会いたくなったという感想をいただきました。
これは少し上級テクニックですが、ぜひギャップを意識して入れるようにしましょう。

まとめ

男性が思わず会いたくなる自己PRのポイント5つ、いかがでしたか?

見た目や年齢、職業や居住地など表面上のスペックは変えられませんが、プロフィール文章は書き方によって、男性に与える印象を大きく変えることが可能です。

何度もお伝えしますが、ネット婚活は「ツール」。

賢く活用して、ご自分の婚活に生かしてくださいね。

皆さんのネット婚活成功を心よりお祈りしております。

 

実際にお会いできますのを楽しみにしております(^^)
澤口珠子さんによる「少人数制女子力アップ1Dayレッスン」を開催中!
詳細はこちらをクリック!

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓

最新おすすめマッチングアプリ12選!一目でわかる比較表をプロが男女別解説!【2019年版】


監修・伊藤早紀

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
× ログイン
アカウントをお持ちで無い方は新規登録へ Facebookでログイン Twitterでログイン または
パスワードをお忘れの方はこちら

× 新規登録
既にアカウントをお持ちの方はログインへ
  • 会員限定記事が読み放題
  • マッチングアプリの恋活・婚活のノウハウがつまった資料を無料でダウンロードできる
  • マッチングアプリ各種のお得な最新情報を受け取れる
  • ラブホの上野さんはじめ恋愛のプロに相談できる
  • または
    利用開始をもって《利用規約》《個人情報保護方針》に同意したものとみなします。