3つのモードでデートの約束!即日デーティングアプリ『QooN』新登場!

タグ

マッチングアプリ


2月12日追記
QooNは2019年3月28日にサービス終了することが決定いたしました。
これからデーティングアプリを使ってみようという方はタップル誕生やDine(ダイン)の利用がオススメです!

タップル誕生の詳細は以下の記事へ
↓↓↓
【2019年版】タップル誕生を始める前に読むべき完全マニュアル

Dine(ダイン)の詳細は以下の記事へ
↓↓↓
Dine(ダイン)は新感覚アプリ!「100通のメールより1回のデートを。」

こんにちは、マッチアップ編集部YAGです。

今回ご紹介するのは先月末(6月27日)に新しくリリースされたAndroid端末用デーティングアプリ『QooN』です!

※7月26日にiOS用のアプリもリリースされました!

まだリリースされてからひと月も経っていないニューフェイスの特徴や登録方法、料金について解説していきます!

QooNの姉妹マッチングアプリ 、Omiaiについて詳しくはこちらもチェック!

Omiaiは本当に出会えるマッチングアプリ?口コミ評判から婚活・恋活向きか解説【2020年最新】

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓

QooN(クーン)はどんなアプリ?

まずは実際の画面の前にQooNの基本情報から解説していきます。

Omiaiの姉妹アプリ!

blank
言わずと知れた有名マッチングアプリ『Omiai』の運営元でもある株式会社ネットマーケティングが運営する新アプリです。

Omiaiについては以下に記事をご覧ください

Omiaiは本当に出会えるマッチングアプリ?口コミ評判から婚活・恋活向きか解説【2020年最新】

2017年の11月末ごろに打たれたプレスリリースでは、Omiaiの運営で培ってきた様々なノウハウを活かしたデーティングアプリだと紹介されていました。

また、OmiaiはFacebookユーザーのみ利用可能となっていましたが、QooNでは全ネットユーザーが利用可能です。

安全性は大丈夫なの?と思う方もいるかと思いますが、SMS認証式なのでOmiai同様に業者が入り込みにくくなっています!

キャッチコピーは『素敵な恋は、楽しいデートから

blank

詳細な機能については後程紹介いたしますが、QooNはマッチングアプリとデーティングアプリを合体させたようなアプリです。
マッチングアプリとデーティングアプリでどう違うの?という方に簡単に説明いたしますと、
マッチングアプリ=会員同士が恋人を見つけることを目的としたアプリ
デーティングアプリ=会員同士がデートすることを目的としたアプリ
です。
似ているようですが、出会いとデートで目的が違うため、アプリの機能も大きく異なっています。

今回リリースされたQooNはマッチングアプリのように会員を検索することもできれば、デートに行きたい女性にアポイントメントを取ることもできるアプリです!

blank

QooNは3つのモードを使い分けて出会えるアプリ!

QooN最大の特徴が、出会い方ごとに使い分けられる3つのモードです!

登録会員を検索してマッチングするための機能である『QooNモード』
自分の気になるお店を気になる相手に伝えてデートする『Qdishモード』
自分の現在地から、近くにいる相手を探すことができる『Qtodayモード』

が用意されています。

切り替え方は画面上部の『QooN』をタップ
blank
すると下記のような画面が表示され、モード選択ができるようになります。
blank

では、早速それぞれの使い方について紹介していきます!

QooNモード

blank
こちらは従来のマッチングアプリと同じ機能と思ってもらって平気です。
カードを消費して紹介される女性をスワイプで判断していくタイプのマッチングアプリでタップル誕生に似ていますね。

blank
下の4つのボタンは左から
リワインド(一つ前の相手に戻る)、スキップ。いいね、メッセージ付きいいねとなっています。
タップル誕生では飛ばしてしまった会員をもう一度見るには課金が必要になりますが、QooNでは一つ前の会員に限り無料で戻ることができます
ちなみに、まだリリースされたばかりで女性会員が少なく、100人ほどスワイプしたら紹介される女性がいなくなってしまいました。

ただし、検索の絞り込み条件に少し難があります。
blank
画像のように、居住地と年齢以外の検索条件すべてがプレミアム会員専用の機能となっているのです。
従来のマッチングアプリのように使いたい、という方には少し使いにくいかもしれませんね。

Qdishモード

blank
自分の行きたいお店を設定して相手に「このお店に行きませんか?」とアピールする機能です。
こちらの機能は年齢確認が済んでいる20歳以上の会員が利用できます

お店の設定はマイページの一番下から。
blank
食べログを使って登録するので、お店の種類も豊富そうです。

Qdishでアプローチする際もカードを消費して相手を選んでいくことになります。※カードはQooNと共通です。
操作方法はQooNと同じくスワイプで相手を見ていくだけですね。
検索機能についてもやはり、年齢と居住地以外はプレミアムプラン専用となっていました。

Dineのようにデートに行くこと前提で話が進むのでメッセージでグダることが少なそうです。
Dineについては以下の記事で解説しています

Dine(ダイン)は新感覚アプリ!「100通のメールより1回のデートを。」登録してみた!

Qtodayモード

blank
現在地情報から、付近にいる暇な相手を見つける機能です。
QtodayもQdishと同じく年齢確認済みの20歳以上の会員のみが利用可能です。
blank
開くと上のような画面が表示されるので、『私も本日会えます』をタップして『Qtodayにエントリーする』から進みましょう。
Qtodayにエントリーできるのは5時から21時までとなっています。

早速エントリーしてみました!
blank
華金の都心から募集したのですが、まだ全国で100人程度しか女性会員がいないのでお相手は見つかりませんでした。
もっと会員が増えてからに期待ですね!

また、右上の虫メガネマークからは会員の並び順変更と、エントリーの取り消しができます。
blank
今日はもういいや、となったら『今日は帰宅する』を選べばいいのですが、一度帰宅してしまうと次の日まで再エントリーは出来ないので注意が必要です。

会員登録方法を解説!

ここではQooNに登録する方法を解説いたします。
まずアプリをインストール後、起動すると以下の画面が表示されます。
blank
新規登録なので『はじめる』をタップ。
すると、下のSMS認証画面が表示されます。
blank
ここに市外局番から携帯電話番号を入力しましょう。
番号を送信すると以下の画面に変わります。
blank
SMSに届いた6桁の数字を打ち込み、あとはプロフィールを入力すれば登録は完了です。
約5分程度で簡単に登録できます。

年齢確認方法

QooNも他のアプリと同じく年齢確認をしなければほとんどの機能が使えません
会員登録が済んだら、早速年齢確認をしましょう!

blank
画面右上の人マークをタップし、プロフィールを表示します。

blank
プロフィールの画面が表示されたら年齢確認をタップしましょう。
※男性と女性で表示されているアイコンが異なる場合があります。(画像は女性アカウントのもの)

年齢確認に使える書類は以下の4種類です。
・運転免許証
・日本のパスポート
・健康保険証
・マイナンバーカード(顔写真があるもの)

また、一部が塗りつぶされていたり、一部が切れていたり画像が不鮮明な場合は審査NGとなり再提出になってしまいます。
顔写真付きの証明書を提出することに抵抗を覚える方は、健康保険証を使って本人確認をするのがいいでしょう。

Qdish用のお店を登録!

Qdishを利用するには年齢確認を済ませた後、プロフィールでお店を登録しなければなりません。

blank
プロフィール最下部の『Qdishで登録しているお店』から『お店を選択する』ボタンをタップすると食べログが表示されます。

blank
あとは自分の好きなお店のトップページを開き、右下の『このお店を選択する』ボタンを押すとQooNの画面に戻ります。

Qdishと似た機能を持つアプリにDineがありますが、東京・大阪・福岡しか利用できないDineに対してQdishでは国内すべての店を選択することができるのが特徴です。

さらに、デート費用の支払いをどうするか、どんなお店なのかを20文字以内で入力すれば作業は終了です。
blank

有料会員では何ができるの? 料金はどれくらい?

次にQooNの有料会員についてみていきましょう。

無料会員で出来ること

有料会員の機能を説明する前に、そもそも無料会員ではなにができるのでしょうか。
以下にまとめてみました。

・いいねの送信
・スペシャルいいね、メッセージ付きいいねの送信
・QooN、Qdish、Qtodayそれぞれでのお相手探し(メッセージは不可)

相手を見つけるところまでは出来ますが、会うためのメッセージは出来ない、という感じですね。

また、女性会員は無料で有料会員、プレミアム会員の機能全てを使用することができます。

有料会員で出来ること

有料会員になってできることは下の画像の通りメッセージが無制限になるだけのようです。
blank
ちょっと物足りないような気もしますが、予定が会う相手とデートをするためのアプリなので、他の機能は必要ないのでしょう。

有料会員の料金はいくら?

クレジットカード払いの場合、料金設定は以下の通りです

プラン 金額(月当たり)
1ヵ月プラン ¥3,800
6ヵ月プラン ¥2,800
12ヵ月プラン ¥1,650

マッチングアプリの相場から見ると特別高くもなく、安くもなく、という値段設定です。
ただし、3ヶ月プランが無いので、人によってはちょっと躊躇してしまうかもしれませんね。

Google Play決済やiTunes決済でもプラン加入は出来ますが、1ヵ月プランのみ購入可能で料金も4,800円と、かなり高くなります。
特別な事情が無い限りはクレジットカードを利用するのがいいですね。

返金制度も完備!

姉妹アプリのOmiai同様にQooNにも月額プランの返金制度がありました。
有料プランが1ヶ月以上残っている状態で有料サービスの解約、および退会した際に返金請求をすることで、支払額から一定の割合の金額を返金するというものです。
返金割合については以下の表を参考にしてください。

<返金割合表>

購入プラン 12ヵ月 6ヵ月
残存期間
ごとの
返金割合
11 78%
10 71%
9 63%
8 56%
7 48%
6 41%
5 33% 68%
4 26% 53%
3 18% 38%
2 11% 23%
1 3% 8%

※QooN利用規約には3カ月プランの場合の返金額も載っていますが、QooNには3カ月プランが無いので誤表記かと思われます。

例えば、12ヵ月プランに加入し、2ヵ月と10日程度利用したあとで退会すると、残存期間は9カ月になるので19,800円の63%、12,474円が戻ってくるようです。
なお、QooNでは1ヵ月を30日としています

プレミアム会員では何ができるの?使うべき?

QooNには有料会員の他に、さらに機能を充実させられるプレミアム会員というオプションがあります。

プレミアム会員になって増える機能は以下の5つです。

・検索条件の増加
居住地と年齢でしか検索できなかったのが、身長や体型のほか22の項目を使えるようになり、加工写真の除外もできるようになります。
デーティングアプリであるDineでは検索条件を設定することができないので、ここは大きな違いになるでしょう。

・オリジナルテンプレートの作成
メッセージを送る際のテンプレートを設定できるようになります。

・プライベートモード
自分のカードが他の会員に表示されなくなります。
※ほかの会員からいいねが届かなくなってしまうので注意が必要です

・メッセージの既読・未読表示

・未読メッセージの削除
間違って送ってしまったメッセージを削除することができます。

デーティングアプリであるQooNですが、プレミアム会員になればマッチングアプリのように使うこともできそうです。

プレミアム会員の料金はいくら?

2,400円で1ヵ月間利用することができます。
有料会員のように○ヵ月プランというものはありません。

プレミアム会員になるべき?

現時点では会員数も少ないため、プレミアム会員になるメリットはないと思われます。
ただし、プレミアム会員になればQooNひとつでデーティングアプリとしてもマッチングアプリとしても使えるようになります。
会員数が増えるほど、プレミアム会員になるメリットは大きくなるでしょう。

まとめ

以上、Omiaiの姉妹アプリQooNの紹介でした。

デーティングアプリとしてはDineに遅れること3ヵ月、と先手を取られてしまったQooNですが、デート先のお店のラインナップとしてはDineよりもはるかに充実しています。
まだまだ会員数は少ないのですが、機能は充実しているので将来的にかなり期待できるのでは、と思います!

特に女性の場合は無料でデート相手の絞り込みまでできるので、是非登録してみてはいかがでしょうか!

blank

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
blank
虫眼鏡サイト内記事検索
タグから探す
マッチングアプリ一覧