【婚活女子必見!】男性会員400人の結婚観を調査!婚活におすすめのマッチングアプリはこれだ!

タグ女性向け, 比較

マッチングアプリ


 

こんにちは、マッチアップ編集部です。

婚活を考えはじめた・またはすでに婚活中のあなた。

「マッチングアプリにも興味があるけど、婚活目的だとどれが一番いいの?」
「婚活もできるアプリはどれ?」

こんな疑問を持ったことはありませんか。

そこで今回は、婚活向きと言われるアプリで男性ユーザーの結婚観年齢層を調べ、「婚活に最適なアプリ」をさぐってみました。

調査の対象にしたアプリはこちらの4つ。いずれも真剣恋活〜婚活アプリの有名どころです。

ペアーズ  ウィズ ヤフーパートナー  ユーブライド
blank blank blank blank

それでは、婚活に最適なアプリをさぐってみましょう。

調査したマッチングアプリ4つを紹介

まずは「ペアーズ、ウィズ、ヤフーパートナー、ユーブライドって何?」という方へ向けて、アプリの簡単な紹介からはじめたいと思います。

まずはペアーズからみていきます。

⒈ペアーズ

blank
全会員700万人を超える、国内最大手のマッチングアプリ。

年齢層が幅広いため、恋活・婚活どちらにも使えるオールマイティなアプリとして有名。

詳しい紹介:ペアーズ(Pairs)完全解説ガイド


⒉ウィズ
blank
性格診断機能が特徴のマッチングアプリ。外見より相性を重視したマッチングがしやすいことが特徴。

 

詳しい紹介:マッチングアプリ「with(ウィズ)」完全マニュアル!評判から料金まで徹底解説!


⒊ヤフーパートナー

blank

2006年にサービス開始のアプリ。

マッチングアプリの中では古参の部類に入る。

フェイスブックのようなタイムライン機能があり、ユーザーのライフスタイルが手軽にわかるシステムが特徴。

詳しい紹介:【2018年版】マッチングアプリ「ヤフーパートナー」完全マニュアル!300人の評判から料金まで徹底解説!

blank
 ⒋ユーブライド
blank
Omiaiと同様、老舗婚活サービスの1つ。

マッチングアプリ にしては珍しく、男女の料金設定が同じ。

文章慣れしているユーザーが多いせいか、プロフィールの情報量が多い。

写真よりプロフィールなどに情報が依存するため、内面や文章力などを重視した相手選びがしやすいことが特徴。

詳しい紹介記事:youbride(ユーブライド)完全解説ガイド


今回は、以上4アプリを調べました。調査方法は以下の通りです。

・調査方法

調査対象 男性ユーザー計400人
(4アプリ×100人)
調査方法 ①ランダムな結果を得るため、検索条件を全てリセット。
②男性ユーザーを「ログイン順」に並べる。
③結婚に対する意思の回答と、年齢の2点を記録する。
※項目未登録のユーザーはスキップする。

調査はこちらの条件で行いました。

なお、アプリによって「結婚に対する意思」の選択肢は異なりますので、比較にあたって結婚意識を3段階に分けてグラフ化しました。

 比較表記 近い将来~すぐ結婚したい 時間をかけて決めたい 考えていない
ペアーズ
ウィズ
すぐにでもしたい
2〜3年 のうちに
良い人がいればしたい 今は考えていない
わからない
ヤフーパートナー 
ユーブライド 強く意識している 意識している 少し意識している いい人がいれば考えたい 今は考えていない

それでは比較結果をみていくわけですが、まずは結論から言ってしまいましょう。

その次に、すべてのアプリを照らし合わせた結果の比較と、アプリごとの傾向・特徴などを説明していきます。

結果:ユーブライドとペアーズの併用がおすすめ

結婚意識と年齢を検討していくと、婚活にはユーブライドとペアーズの併用が最適という結果になりました。

理由はなぜか?まずはユーブライドがおすすめな理由からみていきます。

ユーブライドがおすすめな理由

まずは結婚観からみてみます。

・結婚観
ユーブライドで「結婚を考えていない」を選択していたユーザーは0人。
blank

つまり、今回調べた限りでは結婚に無関心なユーザーはいなかったということです。

さらに、「結婚を強く意識している」または「意識している」を選択していたのは27人

近い将来~すぐ結婚したいと取れる回答が、他アプリに比べてやや多い結果でした。

blank

さすが婚活メインのマッチングサービスですね。

・年齢層
その上、ユーブライド男性ユーザーの年齢層は30代が中心です。

若者が多いペアーズやウィズ、年齢層が高いヤフーパートナーと比較して、一般的に結婚適齢期とされる年齢のユーザーがほとんど。

blank

 

・年収についての補足
さらに補足すると、以前の調査では年収400万円〜600万円の男性が多いことが明らかになっています。

blank

画像:youbride(ユーブライド)完全解説ガイド

・機能についての補足
さらにユーブライドは結婚に関する検索項目が多く、あなたの結婚条件とが一致する相手を探しやすいことが特徴。

blank

具体的には、ペアーズ・ヤフーパートナー・ウィズにはない「結婚歴があることを気にしない方」「自分の親との同居が可能な方」といった検索項目もあります。

まとめると、ユーブライドが婚活におすすめな理由は以下の4つです。

⒈ 結婚を意識した男性が多い
⒉ 結婚適齢期にあたる30代付近のユーザーが多い
⒊ 年収400〜600万円と、一般的な収入の男性が多い
⒋ 婚活向きの検索機能

結婚を視野に入れたお相手探しをするなら、まずはユーブライドをダウンロードしてみるといいでしょう。

blank

ただしこのアプリの欠点は、大手のアプリに比べてユーザー数が少ないこと。

出会いの幅が狭いので、会員数最多のペアーズとの併用が最も効果的なのです。

次の項目では、併用におすすめのペアーズについて見ていきましょう。

ペアーズがおすすめな理由

まずはこちらも、結婚意識の結果からみてみます。

・結婚意識
ペアーズでは結婚に対し、「今の所結婚は考えていない・わからない」を選択していたユーザーが7人。

blank

ユーブライドより結婚意識は高くないようですが、「すぐにでも結婚したい」または「2~3年のうちに結婚したい」を選んでいたユーザーは23人でした。

blank

今回調べたアプリの中では、やや結婚意識が高いようです。

・年齢層
また、年齢層も比較してみますと、こちらも20代から30代のユーザーが多いことがわかりました。

ペアーズとユーブライドはおおむね同じ年齢層に集中していますね。

blank

ユーブライドと同じく、ペアーズには結婚適齢期の男性が多いため婚活にも使えます。

しかしペアーズの欠点は、恋活目的のユーザーも多いこと。

婚活のみを狙ったアプリではないので、彼女を探している男性もたくさんいます。

さらに女性利用者も多いだけに、他ユーザーと差別化を図ったプロフィール画像・文章の作り込みも必要になってくるでしょう。

このように、ペアーズはユーブライドのように結婚意識の高いユーザーばかりではありません。

これが唯一のデメリットですが、婚活に特化したユーブライドと併用することで、出会いの幅が広がることは確実です。

ぜひ、2つのアプリを併用してみてくださいね。

blank blank

「婚活に使えるマッチングアプリはどれか?」

答えをさぐるべく、ここまで各アプリの結婚観・年齢層をみてきました。

さらにサービスの特徴も加えて検討した結果、ペアーズとユーブライドの併用がおすすめという結論になりました。

どちらも結婚意識がやや高く、結婚適齢期のユーザーが集中していたことが主な理由です。

それでは他のアプリの結婚意識・年齢層はどうだったかというと、こちらがその結果です。

調べたアプリの結婚意識比較

blank

男性ユーザーの結婚意識を比較したところ、結婚を強く意識しているユーザーはユーブライドに最も多いことがわかりました。

調べたアプリの年齢層比較

blank
ペアーズについては、20代から30代の男性ユーザーが多いことがわかりました。

ウィズは20代のユーザーがほとんどで、若者が中心のようです。

ヤフーパートナーは40代のユーザーが中心。50代以上も多く、年齢層の高いサービスでした。

ユーブライドは30代が多く、若干年齢層は高いものの、おおむねペアーズと似たユーザー層でした。

・デメリットを補い合えるユーブライドとペアーズ
ユーブライドはサービス自体が婚活に特化しているため、結婚を意識したお相手探しがしやすいことが特徴。

ただしユーザー数が少ないことが欠点でした。

blank

そこでおすすめしたのがペアーズ。

ユーザー数は700万人以上と国内アプリで断トツに多く、婚活含めさまざまな目的のユーザーが利用しています。

それゆえ恋活目的の男性ユーザーがいることや、ライバルとなる女性ユーザーが多い点がデメリットでした。

しかしこれら2つのアプリを併用することで、どちらの欠点も補い合うことができます。

ユーブライド ペアーズ
blank blank

詰まる所、婚活とは何万もいる異性の中から、たった一人を見つける選別作業です。

出会いの数が多ければ多いほど理想の相手が見つかるはずなので、ここはぜひ、2つともダウンロードしてみてくださいね。

さて、ここまでは主にユーブライドとペアーズについて見てきましたが、それぞれのアプリ内での結果はどうだったのでしょうか。

また、今触れてこなかったヤフーパートナーとウィズには特徴があったのでしょう。

次の項目では、アプリ4つの調査結果を順に説明していき、それぞれのアプリの特徴と、おすすめできるユーザーの特徴を解説していきます。

「併用ではなく、ダウンロードするアプリを1つに選びたい」という方、「他のアプリの結果も気になる」という方は、以下の項目も併せてご覧ください。

ユーブライド

ユーブライドの男性ユーザーは、このような結果になりました。

結婚意識
blank
年齢層
blank

ユーブライドの男性は「結婚に前向き」

「少し結婚を意識している」・「いい人がいれば結婚も考えたい」と回答したユーザーは100人中56人でした。

さらに「強く結婚を意識している」「結婚を意識している」いずれかを選択していたユーザーは27人

結婚に前向きなユーザーがほとんどであることがわかります。

「今のところ結婚は考えていない」を選択した男性は0人でした。

 

・結果から見る結婚意識
ここで強調しておきたいのが、結婚を全く考えていないユーザーが1人もいなかったこと。

他のアプリでは、この選択肢にあたる項目を選んでいるユーザーは1割程度いたのに対し、ユーブライドは0人でした。

どのくらい結婚に前向きであるか、意識の強さに差はあるものの、ユーブライドの男性ユーザーは結婚に前向きであることがわかりました。

おすすめしたい方は「婚活ユーザー全員」

以上の結果を踏まえ、ユーブライドを特におすすめしたいのは「婚活ユーザー全員」です。

冒頭でも紹介しましたが、ユーブライドはとにかく結婚意識が高く、結婚適齢期のユーザーが多いからです。

さらにおすすめな人を掘り下げるなら、このような特徴があてはまる方におすすめです。

⒈会うまでにじっくり時間をかけたい方
⒉相手は中身で選びたい方

 

⒈会うまでにじっくり時間をかけたい方
ユーブライドのユーザーは、プロフィール含め文章のボリュームが多い傾向にあります。

blank blank

あるユーザーのプロフィールはこんな感じ。

自己紹介文を何十行も埋めており、休日の過ごし方やお気に入りの映画についても詳しく記述してあります。

プロフィール文章と同様、マッチング後のメッセージもかなり長く丁寧に書くユーザーが多め。

メッセージというよりはメールに近い感覚で、会うまでにじっくり時間をかけて仲を深めるケースがほとんどです。

「インターネットでの出会いは慣れていない」
「実際に会うまでに相手のことはしっかり知っておきたい」

こんな方はユーブライドがイチオシです。

 

⒉相手は中身で選びたい方

また、プロフィール写真未登録のユーザーが多いのもユーブライドの特徴。

アイコン画像という、既存の似顔絵をプロフィールに設定できる機能もあるせいか、プロフィール写真の設定はあまり一般的ではない様子です。

・アイコン画像

blank blank

このように、外見より中身でお相手を知っていくことが中心になるサービスのため、中身や学歴、教養などを重視する方にはぴったりでしょう。

blank

ペアーズ

ペアーズの男性ユーザーは、このような結果になりました。

男性ユーザーの結婚意識
blank
男性ユーザーの年齢
blank

ペアーズの男性も「結婚に前向き」

「良い人がいればしたい」と回答したユーザーが100人中70人と、最も多い結果となりました。

しかし「2~3年のうちに」、または「すぐにでもしたい」と答えたユーザーも23人おり、結婚願望が強めの男性も一定数いることがわかります。

一方、「今のところ結婚は考えていない」「わからない」と答えたユーザーは7人でした。

・結果から見る結婚意識
「良い人がいればしたい」と考えている男性が多かったこと、そして3年以内の結婚を望んでいる男性も多いことから、ペアーズの男性ユーザーはおおむね結婚に前向きだと言えそうですね。

おすすめしたい方は「地方在住ユーザー」

さて、このような男性ユーザーが多いペアーズ をおすすめできるのはどんな方でしょう?

もちろん婚活ユーザーには、ユーブライドとあわせてダウンロードしていきたいのですが、ここではペアーズととりわけ相性がいいであろう女性の特徴を掘り下げてみました。

⒈ 地方在住の方
⒉ まずは出会いの機会を増やしたい方

⒊ あまり異性が得意でない方

 

⒈地方在住
ペアーズは会員数そのものが700万人以上と多いため、地方在住でも出会いやすいことが特徴です。

ユーブライドではお相手を見つけにくい、または希望にかなうお相手がいないと感じている方も、ペアーズなら出会いやすいことでしょう。

⒉まずは出会いの機会を増やしたい
さらに同じ理由から、そもそも出会いの機会が少ない方にもおすすめのアプリです。

ペアーズ はとにかくユーザーが多いので、様々な人とやりとりをし、異性との出会いや親睦の機会を増やすことができます。

難点を挙げるとすれば、女性ユーザーの数も多いためライバルが多いこと。

しかし、そのせいか男性側も「気が合わなかったら次の出会いへ期待する」スタンスの方が多い様子です。

インターネット上の出会いにありがちな、粘着質の男性が少ないため不快な思いをせず、自分にあった異性を探せます。


⒊ あまり異性が得意でない方

とにかく多くの男性と出会えるため、異性があまり得意でないにもおすすめ。

デートで失敗しても、メッセージがうまくいかなくても、出会いのチャンスはほぼ無限。

何か失敗したとしても、学んだ経験を次の出会いに即・活かせるのです。

 

ペアーズ は初心者も手練れも一度はインストールしたことがある「マッチングアプリの王道」的ポジションに位置しています。

「マッチングアプリは初めて」
「ネットでの出会いに抵抗がある」

こんな方にも自信をもっておすすめできるアプリなので、ぜひ試してみてくださいね。

blank

ウィズ

それでは、ウィズの結果はどうでしょうか。

男性ユーザーの結婚意識
blank
男性ユーザーの年齢
blank

 

ウィズの男性は「いい人がいれば結婚したい」

なんとペアーズ とほぼ同じ結果になりました。

ペアーズ 
blank
ウィズ
blank

結婚について「良い人がいれば」と回答した男性は、100人中79人

「すぐにでもしたい」「2〜3年のうちにしたい」と答えたのは18人。ペアーズ と同じく、2割ほどの男性が結婚意識が強いようでした。

結婚を「考えていない」と選択していたのは3人でした。

・結果から見る結婚意識
ウィズもペアーズとほぼ同じ結果であったことから、比較的結婚に前向きなユーザーが多いと予想できそうです。

おすすめしたい方は「奥手な方」

以上の結果をもとに、ウィズがおすすめな女性の特徴をまとめてみました。

⒈ 診断や自己分析が好きな方
⒉ 積極的に話しかけてほしい方
3.20代女性

理由もあわせてみていきましょう。

⒈ 診断や自己分析が好きな方
ウィズは心理学に基づいた性格診断を元にしたアプリで、性格の相性によるマッチングができることが特徴です。

blank

さらに、ユーザーの価値観を客観的に判断してくれるので、いい人と出会いたいという方だけでなく、自己分析も同時にできてしまうアプリなんです。

⒉ 積極的に話しかけてほしい方
診断や分析と関係のあるアプリのせいでしょうか。

男性は20代前半から30代と若い方が多いのにもかかわらず、プロフィールが細かくメッセージも丁寧な方が多い印象です。

さらにペアーズなどと比較して女性ユーザーが少ないため、男性がマッチングしにくいこともポイント。

一度マッチングしたら積極的に話しかけてくれる男性が多いので、やりとりが苦手な方や、丁寧だけど積極的な男性が好きな方はおすすめです。

「 診断や自己分析が好き」
「社交的な人が好き」

こんな方には一押しのアプリです。

3.20代女性
withは他の3つのマッチングアプリと比べて10~20代の女性が圧倒的に多いです。

アプリの会員母数も70万人と少なく、30~40代の女性にとっては同世代や、年上の男性は他のマッチングアプリと比べて少なめ。

そのため20代女性におすすめ、というよりは30~40代の女性にとっては、このアプリを単体で使うことはあまり向いていないかもしれません。

blank

ヤフーパートナー

最後に、ヤフーパートナーの結果を紹介していきます。

結婚意識
blank
年齢層
blank

 

ヤフーパートナーの男性は「結婚意識がばらばら」

他のアプリ同様、「良い人がいればしたい」と回答していたユーザーは100人中72人でした。

結婚について「すぐにでもしたい」「2〜3年のうちに」と答えていたユーザーは16人。

「今のところ結婚は考えていない」と回答したユーザーも14人いました。

・結果から見る結婚意識
 「良い人がいればしたい」と考えている男性が多い点に関しては、他のアプリと同じ。

ただし結婚を「すぐ、または2・3年以内にしたい」と考えているユーザーと、「今のところ考えていない」というユーザーがだいたい半分づつだったため、結婚に対する意識は両極端に分かれ気味なのかもしれません。

おすすめしたい方は「30代後半〜の女性」

ヤフーパートナーのユーザー自体は、あまり結婚を意識していないようでした。

婚活という点でいうと、あまりオススメできるアプリではなさそう。

しかし、「30代後半以上の女性」には意外と使いやすいかもしれません。

なぜか。その理由は、ヤフーパートナーの男性年齢層にありました。

・ヤフーパートナーの年齢層
今回の調査結果では、ヤフーパートナーのユーザーはさほど結婚意識が強くないようでした。

blank blank

しかし年齢層に着目してみると、ヤフーパートナーには40代の男性ユーザーが多いことがわかりました。

blank

40代のユーザーが42人と、他のアプリよりずば抜けて多いことがわかりますね。

婚活という点だけに絞れば、ユーブライドとペアーズが最もおすすめです。

しかし、もしご覧の方が30代後半以上であれば、20代から30代のユーザーが中心のユーブライド・ペアーズでは成果が出づらいことも予想されます。

こうした理由から、30代後半以上の方はユーブライド・ペアーズに加えてヤフーパートナーのインストールも検討してみるといいかもしれませんね。

blank blank Yahoo!パートナーのバナー

 

 

まとめ

今回は、男性ユーザーの年齢層・結婚観から「婚活するならどのアプリが最適か」を検証してきました。

結果、どのアプリでもおおむね「結婚相手は時間をかけて決めたい」と回答している人が多いことがわかりましたね。

しかしユーブライドとペアーズには結婚意識が強い男性が比較的多く見られ、他のアプリに比べ、30代付近と結婚を意識する年齢のユーザーが中心でした。

今回、残念ながら婚活でマッチングアプリを使うなら絶対にこれ!という目立ったアプリは見つかりませんでした。が、ユーブライドとペアーズの併用が最適という結論に達しました。

ユーブライドは婚活中心のサービスであるものの、ユーザー数が少ない所が難点。

ペアーズはユーザー数が多いものの、恋活目的のユーザーやライバルが多いなど、どちらにもメリット・デメリットがあるので、併用することで両者のバランスをうまく保つことができるはずです。

今婚活中の方は、ぜひユーブライドとペアーズをメインに使ってみてくださいね。

blank blank

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓

 

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
blank
タグから探す
マッチングアプリ別で探す