恋活・婚活男女のためのマッチングアプリ完全マニュアル「出会い2.0」出版しました

タグ特集記事

マッチングアプリ


マッチアップ編集長の伊藤早紀です。

2018年8月、マッチングアプリの全てがわかるマニュアル「出会い2.0」を出版しました。

 

「マッチングアプリって怪しそう」

「どうせモテない・イケてない人が使ってるんでしょ?」

「出会い系サイトと一緒でしょ?」

世の中に出会いを求めている男女はたくさんいる。

でも、その出会いの選択肢の1つに「マッチングアプリ」はまだまだ定着していない。

興味あるけど、嫌な思いしないか不安、得体の知れないものに手を出すのはまだ怖い。

そんな男女に向けて書きました。
「世界で一番男女をくっつける会社」がビジョンの弊社。

出会いを求めてる男女全員に、この本を届けたい。

そんな思いで、今回…

出版社に交渉して内容を一部無料公開することにしました!

「マッチングアプリってどんなアプリがあるの?」

「どんな出会いがまってるの?」

そんなことをお考えの方、ぜひこの記事を読み進めていってください。

 

はじめに:アメリカでは3人に1人がネットで知り合って結婚をしている

2000年代にインターネットの普及とともに「出会い系」という言葉が現れ、この「出会い系」サイトは、援助交際などの体やお金を目的とした人たちが使うイメージが世の中にありました。

しかし、いまでは「恋人と別れたから新しい出会いを求めて」「結婚相談所に入る には抵抗があるけど、婚活に特化したアプリなら気軽に始められそう」というように、 真面目に恋活や婚活をしている人たちが、合コンや紹介と同じ感覚で〝出会い〟のきっかけのひとつとして「マッチングアプリ」を使っています。

実際アメリカでは、2002年〜2012年に結婚したカップル30 %がインターネットで出会い、その約半数 がマッチングアプリを使っていたそうです。

日本でも、「婚活実態調査2017(リ クルートブライダル総研調べ)」によると、 2016年に結婚した人の 11.3%は、婚活サービスで結婚相手と出会っているとい う結果が出ています。

インターネットでの出会いは、「恥ずかしい」「怪しい」「高い」から「気軽」「安全」「コスパが良い」に変わりつつあります。

それは、いわゆる以前の「出会い系」とは 違い、マッチングアプリの運営各社による 料金体系の見直しや Facebook との連携、 身分証明書の提示、 時間監視体制の徹底 など安全な運営に力を入れていった結果です。

上の表は、マッチングアプリと出会い系アプリを簡単に比較したものです。

これまでの「出会い系アプリ」と最近の「マッチングアプリ」の違いは、大きく分けて3つあります。

1 登録完了までのハードルが高くなった(危険→安全)
マッチングアプリに登録する際、年齢確認のために、公的な身分証明書類(パスポー トや運転免許証、健康保険証など)を写した画像の提出が必要です。
これはマッチングアプリの運営スタッフにより、それぞれ1枚ずつきちんとチェックされているので、 登録者の素性はもちろん、 歳以上であることも保証されます。

2 料金体系が心配無用の「月額固定制」へ(コスト高い→コスパが良い)
出会い系アプリでは、男性は相手のプロフィールを見るところからメッセージのやりとりまでに、1つ1つ課金が必要です。
そのため、悪徳な運営会社が男性会員に課金させるために、いくらメッセージしても出会えない「サクラ」を雇うことがあります。

一方、マッチングアプリの料金は、基本的に月額を支払うだけで、マッチングもメッセージのやり取りも自由。
そのためサクラを雇ってお金儲けをするような業者は激減し、現在は高額な料金を支払わなくても、思う存分利用できます。

3 利用者はごく一般の人たち(恥ずかしい→気軽に)
マッチングアプリを使っているのは、ごく普通の社会人または学生です。
皆さんの 周りにいるような人たちが会員となって出会いを探しています。もう、「ネットで出 会いを探す=恥ずかしい」という認識は時代遅れかもしれません。

本書では、具体的にどのような人たちがマッチングアプリを使っているのか、またどのようにしたら効率良く安全に自分に合う人と出会えるのか、ということを実例を交えながらお伝えしていきたいと思います。
この一冊が、ひとりでも多くの方のお役に立てたら幸いです。

第1章:出会い方をアップデートすることから始めよう

 

 1カ月1000人からアプローチされる〝超モテ期〟も夢じゃない!

私の知人男性で、1カ月に2000人の女性からマッチングアプリでアプローチをもらい、当時150万人以上いた男性会員の中で1番の人気会員になった人がいます。
その知人は、 29歳のメーカー勤務で、いわゆる〝普通〟の営業マン。
見た目も特に「イケメン」というわけではなく、年収も400万円と特別高いわけではありません。

それなのに、なぜそんなに女性からアプローチがもらえたかというと、

彼がマッチングアプリに対してものすごく研究熱心で、掲載したプロフィール写真と文章が、工夫に工夫を重ねたとても魅力的なものだったからです。

具体的に何をしたかというと、

プロフィール写真はプロのカメラマンに撮影してもらったものを掲載。

さらにプロフィールの文章は、何冊か女性誌を読み込んで「女性ウケ」する表現を随所に散りばめたそうです。

そうして努力した結果、現在は「Pairs」 で出会ったCAの女性と付き合っています。

現実世界ではなかなか異性にモテるという経験をしたことがない人でも、マッチングアプリ上では、彼のように工夫次第ではモテることができます。

たとえ、年収が高くなくても、イケメンじゃなくても、特別美人ではなくても、マッチングアプリを使えば、男性はプロフィール写真と文章の工夫、女性はプロフィール写真の工夫で大勢の異性とマッチングすることが 可能になるのです。

工夫次第で誰でも出会いに困らないモテ会員になれるのが マッチングアプリのいいところです。

ただし、マッチングして出会ってから はあなた次第になります。

そのため、写真を修整しすぎたり、プロフィール文を盛りすぎたり、嘘を書いたりすることは あまりオススメしません。

いまの自分の 魅力は何なのかをきちんと考え、最大限アピールできるポイントを見つけ、アピールの仕方を工夫しましょう。

自分を最大限アピールでき、自由に理想を掲げても許される、 あなたが〝主役〟になれる場所

マッチングアプリでは、Facebook 連携など で友人知人にバレない仕組みがとられています。

そのため、プロフィール写真を思いきり映りのいい写真にして、文章で自分をしっかりア ピールしても恥ずかしくありませんし、

「私なんかが理想を高くしても、誰も相手にしてもらえない……」

なんて思う必要もありません。

マッチングアプリは、自分と相手との1対1の出会いの場だからです。

相手との出会いは誰のもの でもない、あなただけのものです。

現在マッチングアプリは、約1000万人の会員が登録しており、そのぶん出会いの数も多くあります。

一方、普段生活しているだけだと、1カ月に数人と出会えるかどうか。

何万人の異性と出会って恋愛できるチャンスがあるのはマッチングアプリだけなのです。

たくさんの異性と出会って、たくさん恋愛して、運命のお相手を見つけてください。

自分が主役の恋愛を、マッチングアプリを使って思いっきり楽しんでもらえたら嬉しいです。

 

第2章 トップ会員になるとどんな世界が見える? マッチングアプリ〝モテ会員〟の アプリライフ1週間

ここではマッチングアプリを使い、100人以上とデートをした男性に1週間の使い方を聞いてきました。マッチングアプリを使えばこんな生活も夢じゃない……?

いいか悪いかはさて置き、こんな世界もあることを知っていただきたいと思います。

CASE1:マッチングアプリで週8日デート 都!1カ月で10000人の男性からアプローチをもらう女子大生の場合 

▼プロフィール
ぺ子(仮名・ 21歳)
都内の大学に通う女子大生。
超一流企業に内定をもらった元カレに振られたため、彼よりも優秀な社会人の恋人を見つけるべく、 マッチングアプリに登録。

時には週8回のデートをこなし、半年間で出会った男性は100人以上

**********************
月曜日
朝起きてマッチングアプリを開く。

大量の「いいね」に、ペ子が「いいね」返しするのはほんのわずかなハイスペだけ。

年収1000万円を基準に「いいね」に対して「ありがとう♡」を返す。

授業中に Pairs の通知が。
メッセージのお相手は本日デート予定の商社マン。

「今日このお店を予約しました、気をつけて来てね」食べログ3・5の和食屋さんに期待大♡

火曜日

マッチングアプリを始めてから、南青山も西麻布もすっかり慣れっこ。

でもお相手には擦れてない女子大生感を演出。

行ったことあるお店でも「すごい! こんなところはじめて♡」のペ子のリアクショ ンに、本日アポの外銀さんもご満悦。

水曜日
今日は授業がなくて全休だから、時間の融通のきく経営者とランチアポ。

お昼からシャンパン、
「昼シャン」は最高に気持ちいい♡

夜はマッチングアプリを開いて来週のデート予定を考える。

木曜日

今晩初アポの会計士に連れていかれたのは普通の大衆居酒屋。

センスの悪さにガッカリしているのは顔に出さず、「ごめんなさい、明日早いんです」と即帰宅。

華金デートに備えて早めの睡眠。

金曜日
華金は大学の友達としぶりの合コン!
なのに全然盛り上がらず、二次会は女子だけ。

女子会が盛り上がってきたので
タップル誕生を開いてグループデートを募集♡

速攻近くで飲んでいた新卒2年目のIT企業の男性グループとマッチングして2回目の合コンに。

話上手な人ばかりで、大盛り上がりでみんな大満足!
女子大生の時間は残りあとわずか。

金曜日の夜を無駄にするわけにはいかない。

土曜日
お昼はお医者さんとのドライブデート。
盛り上がったけど、夜は外コンくんとのアポがあるからサッと切り上げる。

外コンくんが来るまでの
スキマ時間はもちろんマッチングアプリ♡

ハイスペに絞り込んで足あとをたくさんつけておく。

日曜日
日曜日はサラリーマンがちょっと弱気だから、早め集合で早め解散。

時すぎ、帰りの電車でマッチングアプリを開くといつもより大量の「いいね」が。

日曜日の夜はマッチングアプリを触る社会人が多いみたい。

来週はどんな人たちと出会えるんだろう♡

 

 

第3章 おススメアプリが見つかる! 17 種類のマッチングアプリ図鑑

「マッチングアプリで出会えるのはわかったけれど、実際にどのアプリを使えばいいの?」 と思われた方もいると思います。

実は、世の中には
数十種類ものマッチングアプリがあります。

その中でも、運営がきちんとしていて、安全に出会えるマッチングアプリ17種をご紹介します。

それぞれの特徴と、どのような人にオススメなのかを解説しますので、ぜひご活用ください。

ただ、実際に登録して使ってみないと、自分にとって本当に合うものなのか、合わないものなのか最終的にわからないので、気になるマッチングアプリを

複数ダウンロードして使うのがオススメ
です。

どのタイプのアプリが自分に向いていそうか、イメージしながら読み進めていただくと 頭に入りやすいと思い、

17種のアプリを図のように「恋愛/結婚」「多くの人に出会える(量)/ピンポイントで自分に合う人に出会える(質)」という軸で大まかに分類して みましたので、ご参考ください。

会員数最大! たくさん出会いたい人も、たった1人を見つけたい人も、初心者はまず王道 Pairs

累計会員数700万人の王道マッチングアプリ。

お相手探しはとってもオーソドックス。
年齢や職業などといった検索条件を入れ、お相手の一覧から好みの相手を探すというもの。

男女ともに、とにかく会員数が多く、検索条件をワガママに絞っても候補者がたくさん出てくるので、必ずといっていいほど良いと思える人を見つけることができるでしょう。

候補者が多すぎてどんな人と合うかわからない、なんて人のためにも、趣味や嗜好が合う相手を探せるコミュニティ約9万種類あり、このコミュニティの数も他のマッチングアプリのなかでは最多です。

「好きな人とはたくさん電話したい」「ゆる~いカップルに憧れる」 などの恋愛・結婚観から、「アマゾンプライムよく見ます」など趣味関連のもの、「腕相撲強い」なんていうニッチなものもあり、大勢の会員から気が合う相手を探しやすいのが特徴です。

 

厳重な運営で安心!真面目な恋活なら Omiai

日本で初めて Facebook 連携のマッチングアプリとしてサービス開始。」
Omiai の大きな特徴は真面目な会員が多いこと。

Facebook のステータスで「交際中」「既婚」にしているユーザーは強制退会させられ、また、クレームが入ったユーザーは「イエローカード」と表示され、誰からみても「危険」だとわかるようになっています。 実際に使ってみて、プロフィール写真やプロフィール文の掲載可否判定もどのアプリよりも厳しいように感じます。

ユーザーは、特に女性の場合は2018年2月までは歳以上が有料だったため、お金を払ってでも出会いたいという積極的なユーザーが多めです。

体験者インタビューでは、変な人に出会ったという報告は他のアプリに比べてかなり少ないです。

そして、なぜか美男美女が多く、彼らとマッチングするのは難しいですが、外見重視の方にもオススメ。

 

 

気軽に出会いを探したい! サークルノリで出会いたい人はタップル誕生

サイバーエージェントグループが運営している、「趣味でつながる」をコンセプトにしたマッチングアプリ。

タップル誕生の特徴は「気軽さ」です。

Pairs や Omiai の「検索型」ではなく、 種類以上ある趣味のカテゴリを選択し、同じカテゴリを選択している異性のプロフィールを左へ「いいかも」右に「イマイチ」と、スワイプで振り分け てマッチングする形式。

スワイプなので検索型よりもマッチング率は高め。

また、「グループでおでかけ」という機能も追加され、趣味の合う異性と1:1で出会う形式から、グループデートでより自然な出会いもできるようになりました。

ユーザー層も20代前半とフットワークの軽い若めの世代が多く、「いまから渋谷で映画を観よう」とその日のデートがその日に決まることも。
「まずは趣味の合う異性とお話してみたい」というカジュアルな出会いを求めている層も多いです。

相性診断が楽しく、つい開いちゃう!メンタリストDaiGo監修のwith

メンタリスト DaiGo 氏監修のマッチングアプリです。

性格判断 や心理学・統計学の観点から、自分の性格分析や、相手のとの相 性について知ることができます。

マッチングした相手との会話について、具体的なアドバイスを貰えるのでメッセージが苦手な人にオススメ。

また定期的に「○○フェチ診断」などのイベントがあり、診断後には無料で「いいね」ができるなどユーザーを飽きさせないサービスも。

アプリを開く→診断イベント参加→診断の結果、相性の いい相手を紹介される→「いいね」する……というループでアクティ ブ率が高くなるような仕組みができています。

そして男性に嬉しいのが、男性料金が安いこと。

月額1000 円代のマッチングアプリはなかなかありません。

1週間お試しコー スもあるので気になる人はぜひ利用してみてください。

比較的新しいため、会員数は 万人と少なめですが、会員が増加しているので地方の人も出会いやすくなりそうです。

 

第4章マッチングアプリで出会うには~10人の男女の事例から学ぶ成功のコツ~

マッチングアプリに登録した人は
どんな恋活・婚活をして、どんな人と出会い恋人やパートナーを見つけているのでしょうか。

この章では、実際に私がインタビューしたマッチングアプリで恋人や結婚相手を見つけた男性と女性、それぞれの体験談をご紹介します。

事例から見えてきたマッチングアプリの活用術もあわせてお伝えしたいと思います。

1000人の男性の中から、2回も〝イイ男〟を選び抜いた美人看護師さんの場合

実家が代々医者の家系で、両親の忙しさを見ていたことから、結婚するなら「医療関係者以外がいい」と決めていたという玲香さん。

職場以外の恋愛を求めて、友人の 口コミでマッチングアプリ「Pairs」に登録。

もともと美人な容姿で愛想が良いこともあり、職場の医師たちからも口説かれてい た彼女には1週間で1000人の男性から「いいね」が届きました。

あらかじめ、 「医療関係者以外であること」や自分の趣味である「投資について理解してくれるこ と」、「記念日を大事にしてくれること」など、相手に求める条件を具体的に設定し、1000人の男性のプロフィールをすべて見て精査していったそうです。

また、会うまでに毎日メッセージのやりとりをして、会う前日には必ず電話もして いたのだとか。とにかく、相手も自分も会ったときのギャップが生まれないように注 意を払い、玲香さんもいわゆる「盛り写真」は載せず、加工していない素の自分に近い写真を設定するようにしました。

結局、1000人の男性の中から精査した結果、実際に会ったのは3人。

そしてそのうち1人の会計士の男性とお付き合いをすることに。

その後会計士の彼とは別れてしまったのですが、1年後に再び Pairs に再登録した ところ、またしても登録した瞬間に1000人以上の男性からアプローチが!
同じ条件で再び外資系金融会社の男性とお付き合いすることになり、いまは結婚を見据え たお付き合いをしているそうです。

 

  • ここが成功のコツ!
  • 相手に求める条件を明確に設定し、本当に自分に合うかどうかプロフィー ルをしっかり読んで精査した

    会う当日まで互いのギャップが生まれないよう、プロフィ―ルを工夫&メッ セ―ジや電話を欠かさなかった

 

普通〟の会社員が 月間2000人の女性からアプローチ!

健太郎さんは都内近郊に務める普通のサラリーマンです。

実家は静岡県にあり、年 収は500万円、これまで付き合った女性は2人。

5年間付き合った彼女に振られて しまい、Pairs に登録しました。

結婚を考えていた彼女との別れは相当堪えたらしく、絶対に素敵な彼女を見つけようと決心。

ネットにある情報や女性誌を読み込むことから始め、「女性ウケとはなにか」 を研究してプロフィール文を作成。

研究し尽くした〝女性ウケワード〟を散りばめました。

さらにプロフィール写真は、撮影料を数万円払ってプロのカメラマンに依頼。
万全に準備してから、さまざまな女性に「足あと」を残してアピールしていった結果、 なんと1カ月で2000人の女性からアプローチされる男性のトップ会員に!

メッセージが苦手だった健太郎さんは、結果デートをしたのは5人だけでしたが、そのな かの美人CAと付き合うことになり、Pairs を退会しました。

 

  •  ここが成功のコツ!

    ・女性ウケするプロフィ―ルを徹底的に追求した
    ・できるだけ多くの女性にアプローチした

 

付録:危険会員プロファイル〜絶対マッチングしてはいけない男女の特徴〜

マッチングアプリは 時間365日の監視体制と、高い入会ハードルなど運営体制の強化により、出会い系などと比べてサクラ会員はいませんし、本来の目的とは違う業者や既婚者は減りました。

しかし、それでもマッチングしないほうがいい悪い会員はいます。 300人以上にインタビューしたなかで、大体悪い会員の共通点が見えてきました。

ここでは、そんな悪い会員とマッチングしないよう、絶対マッチングしないほうがいい男女のパターンを例を交えて紹介します。


まとめ

以上、「出会い2.0」の無料チラ見せでした。

更に詳しくしりたい方はぜひ、出会い2.0を読んでみてください。

Kindle Unlimitedにて無料で読むことができます。

全国の8000店舗のローソンでも立ち読みできます。

この記事を読んでくださった方が、マッチングアプリを使って人生の大事なパートナーを見つけてくれたら嬉しいです。

私、伊藤早紀のページはこちら

伊藤早紀のツイッター
マッチングアプリに関する情報を毎日つぶやいています。

note↓
伊藤早紀のnote
マッチアップでは言えないマッチングアプリ事情を書いています。

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
虫眼鏡サイト内記事検索
タグから探す
マッチングアプリ一覧