TOP > マッチングアプリ > 投稿一覧 > 記事
出会いがないと嘆いている社会人におすすめ!紹介で出会うために私がやった3つの方法

出会いがないと嘆いている社会人におすすめ!紹介で出会うために私がやった3つの方法

タグ

マッチングアプリ


30歳目前で結婚をすると思っていた彼氏に振られ崖っぷちの29歳

出会いがないと嘆いている社会人におすすめ!紹介で出会うために私がやった3つの方法

見た目もスペックもそこそこの私が負け組になるか勝ち組になるかはこの1年にかかっている
様々な出会いの場での男性との出会いを赤裸々に語ります。

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる12個のマッチングアプリ比較表・フローチャート
出会いがないと嘆いている社会人におすすめ!紹介で出会うために私がやった3つの方法

婚活疲れで考えた!紹介の確実性。

婚活も、最初はいろんな人との出会いがあってわくわくし、毎回色めき立っておしゃれをしたり、それなりに楽しいものだ。

『ここにイラスト』

が、ある程度婚活ライフが長くなってくると、終わりの見えない活動にほとほと疲れがたまってくる。

結婚につながる男女の出会いって、いったいどこにあるんだろうか。

職場は女、または既婚者男性ばかりで話にならず、婚活パーティや街コンに繰り出してみても、今一つパッとした出会いがない。

出会いがないと嘆いている社会人におすすめ!紹介で出会うために私がやった3つの方法

どこかに落ちてないかな、未来の旦那様・・・・。

思わずそんな気分になってしまう。

だめだ、もう少し生産性のあることを考えよう。
結婚につながる出会い、実際にはどこが一番見込めるのか。
と我に返り、周りで結婚した人達のことを考えてみる。

大半が学生時代から付き合って結婚したパターンだ。(再会も含む)
あとは職場恋愛がちらほら。
その次となると、少数派ではあるが「紹介」というのがある。

実際のとあるアンケート調査等でも、20代の結婚相手との出会った馴れ初めで多いのは上から順に学生時代の出会い、職場での出会い、紹介による出会いである。

30代になると学生時代は3位に激減し、職場が1位、紹介は2位となる。
コンパの割合は少なくて、30代に限定するとSNSでの出会いの方が多いようだ。

 

アラサーともなれば合コンを無限に繰り返している人も多いかもしれないが、実際合コンで知り合って結婚まで行ったカップルを、私は一組しか知らない。

一方「紹介」でうまくいくパターンというのは案外いて、先日結婚式を挙げた私の妹も美容師から紹介してもらった人が今の旦那様だ。

職場での出会いが見込めないアラサーの場合、「紹介」は実りある出会いが大いに期待できるのである。

私個人の経験なのだが、合コンやパーティは数がこなしやすい反面、「今回がだめでも次がいる」とか「今回はまぁまぁだったけどもっといい人がいるかもしれない」「スペックは微妙そうだけど男にモテる練習のために参加しよう」(何回練習しとるんじゃ)などと妙に次回以降に期待してしまったり、婚活として真剣に取り組めなかったりすることが多い。

出会いがないと嘆いている社会人におすすめ!紹介で出会うために私がやった3つの方法

「その場を楽しく過ごさないといけない」という変なプレッシャーもあって、確かにその場は大いに楽しむのだが、結局一人も名前を覚えなかったり、男性陣各個人のパーソナリティなど全く認識できず仕舞いなことがほとんどだ。

自分の中で「どうでもいい人たち」とレッテルを貼ってしまうので、ここから「生涯を共にする大事な人」に昇格させるのは困難に決まっている。

それは男性側も同じ。だから何度やってもダメなのであろう。

一方、「紹介」は、紹介してくれる友人等の手前、きちんと相手の男性に向き合うから長続きし、結婚につながることも多いのだろう。

紹介してもらうために私がした3つのこと

ではどうやったら紹介してもらえるのか。
私がやった3つのことはこちら。

POINT!・彼氏募集を積極的にアピール
・募集条件を具体的にする
・人脈をつくる

1つ目に、周りに彼氏募集中であることを積極的にアピールすることである。
恥ずかしがっていてはいけない。
職場でも美容院でも行きつけの店でも、冗談交じりでいいから「今度いい人紹介してくださいよ~」を口癖にしておくことである。
いろんなところに種を撒いておけば、いつか必ず誰かがご縁を運んできてくれる

私も実際、彼氏が欲しいといろんな人に言い始めたところ、周りがどんどん紹介してくれたり「この人どうかな」と提案してくれるようになった。

2つ目に、紹介が見込めそうだと思ったら「こういう人がいい!」と具体的に言うことが大事である。
紹介する側からすれば、当然うまくいってほしいわけであるからむやみに紹介はできないだろう。(よほど自分のことをわかってくれている人なら言わなくても合いそうな人を紹介してくれるかもしれないが稀である)
自分がどういう男性に惚れやすいのか、きちんと認識して伝えると、うまくいく確率もぐんと上がるだろう。(ちなみに私はこれができていなかったため、紹介された人がピンとこない、というケースが多かった。反省)

3つ目にいろんなところでいろんな人と仲良くしておくことである。
友達も、大学時代、高校時代、職場、習い事等幅広く付き合い、美容院や飲食店で行きつけを作って仲良くなったり、いろんな人脈を広げるのだ。
ただ、むやみやたらに広げるのではなく、ある程度しっかりした関係を細く長く続けていけることが前提である。

紹介とは少し違うかもしれないが、番外編としてゴルフやスノボ等の車で行くアウトドアもねらい目だ。

出会いがないと嘆いている社会人におすすめ!紹介で出会うために私がやった3つの方法

女子同士で計画し、運転手として男を誰か連れてきてもらう。
自然な出会いだし、それなりにお金のかかるスポーツなのでそれなりの収入の人しか来ないところも良い。
私はスノボでここ数年2~3人男性と知り合っている。
ただ運転手の男側は、出会いを意識していない可能性の方が高いので、知り合ってから発展させるにはそれなりの努力や、友人の協力等が必要である。

紹介で結婚につながる出会いを

コンパやパーティよりも改まった感じがあるためハードルの高い「紹介」という出会い方であるが、改まっている分、真剣なお付き合いに発展しやすいことも事実だ

自分に合う人をうまく紹介してもらって、今度こそ「結婚につながる出会い」を本気で見つけてみてはいかがだろうか。

出会いがないと嘆いている社会人におすすめ!紹介で出会うために私がやった3つの方法

ただし、紹介となると少し長期的で時間がかかるのも事実。
私はマッチングアプリでの出会いと並行しながら、質の良い紹介をさがしているところだ。

どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる12個のマッチングアプリ比較表・フローチャート
出会いがないと嘆いている社会人におすすめ!紹介で出会うために私がやった3つの方法

 


監修・伊藤早紀

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
× ログイン
アカウントをお持ちで無い方は新規登録へ Facebookでログイン Twitterでログイン または
パスワードをお忘れの方はこちら

× 新規登録
既にアカウントをお持ちの方はログインへ
  • 会員限定記事が読み放題
  • マッチングアプリの恋活・婚活のノウハウがつまった資料を無料でダウンロードできる
  • マッチングアプリ各種のお得な最新情報を受け取れる
  • ラブホの上野さんはじめ恋愛のプロに相談できる
  • または
    利用開始をもって《利用規約》《個人情報保護方針》に同意したものとみなします。