クロスミー(CROSSME)
CROSS ME(クロスミー)
すれ違いを恋のきっかけに!
気軽に始められるマッチングアプリ

男性ウケ抜群!クロスミーのモテプロフィール5つのポイント

タグプロフィール, 写真, 女性向け, 悩み

クロスミー(CROSSME)


こんにちは、マッチアップ編集部です。

今回は従来のマッチングアプリには無い、「すれ違い」を恋のきっかけにするマッチングアプリ「CROSS ME(クロスミー)」のプロフィールに関する記事です。

blank
クロスミー公式ホームページ

思ったより「いいね!」が来ない・・・?

素敵な男性とマッチングできればいいな・・・

と、プロフィールを設定して待ってみる。
「いいね!」を送ってみる。

あれ?なかなか素敵な男性とマッチングできないんですけど?

女性の皆さん、会話ができないマッチング前段階においては、
プロフィールが命ですよ。

今回は、クロスミーを半年間やり込んだ僕が、「いいね!」数の多い女性を参考に、
女性の方がプロフィールを設定する際に男ウケ抜群なポイント5つを取り上げていきます!

blank

何が嫌いかより何が好きかで自分を語る

・・・どこかで聞いたことのあるセリフかもしれませんね。

ただ、この言葉。

プロフィールを書く上では絶対的に大事なことです。

あなたが初対面の男性と話した時、
「俺身長高い子無理なんだよねー、あと食べ物ならカレー食べれないっす」

と言い始めたら、「なんなんだ?」と正直思うんじゃないでしょうか?

割と、「~無理です」「~は好きじゃないです」という言葉はどうしても上から目線のようになってしまいます。

自分の好みの方と出会いたいとしても、それが威圧的な態度と取られるせいで、
出会いの母数、確率自体を下げてしまう元も子もない事態へと陥ってしまいます。

じゃあどうやって表現するか。

「20代以外は無理です。お酒飲めません。真剣な人のみで」

という主張を、

「お酒は弱いので食事誘ってください!20代の男性だと同年代なので嬉しいです!真剣に恋したいなーと思っています!」

という風に、否定を裏返して「好みの主張」のように表現することが大事です。

人それぞれ好みはあるので、求める「限定要素」は必ず生まれます。
求める条件を、限定ではなくそうであったら嬉しいという言葉に変えるだけで印象は全く異なります。

基本的に、プロフィールにネガティヴ言葉はNGです!

blankblank

「嫌い」より「好き」で語っている方がもちろん印象は良いですよね。

 

目次へ戻る

 

会話に繋がる具体的なワードを!

自己紹介文編です。

「話しかけたい」と思うのには必ず理由があります。
可愛いから、趣味が合いそうだから、価値観が同じだから・・・。

自分の写真、という視覚的な主張に、プラスアルファを付け足していくことで、
その分「話してみたい」と思われる確率が増加していきます。

「大きなカテゴリ」よりも、より「小さなカテゴリ」の話をする、ということを心掛けましょう。

具体的には、
「映画が好きです」

というより、

「映画が好きで、最近はスパイダーマンを見てすごくハマってしまいました」

というように、もうひとつ具体的なワードを付け加えます。

これに何の意味があるかといえば、
具体的なワードを出すことで、映画が好きな人はもちろん、

上の例でいえば「スパイダーマン」という作品が素晴らしいと感じてる人や、同じく最近観た人から「圧倒的共感」を得ることができるわけです。

そうなると、話しかけずにはいられないでしょう。

話しかけたい、というのは興味でもあり、プロフィールへの「共感」でもあると思っています。

目次へ戻る

写真は看板です

blank

クロスミーは、「すれ違い画面」に写真とひとことのみが並んでいくスタイルになっています。

つまり、写真は看板と同等の役割を担ってます!

実際にデートするまでに、相手の動いて喋る姿を見れないのがマッチングアプリの欠点。
つまり、写真1つが、第一印象のすべてを司るということになりますね。

まず、基本として、写真は必ず3枚用意しましょう。

写真が1枚だけだとサクラであることを疑われたり、第一印象の判断材料としては物足りなかったりと、相手を不安にしてしまいがちです。

安心して「いいね!」を送ってもらうには「3枚」は必要だと思っています。

スノーの写真だけ、等ではなく、
1.ピン写真
2.友達と遊んでいる写真
3.スノーで撮影した写真

という組み合わせ等であれば、スノーやスナップチャットで撮影するような写真であっても大丈夫だと思われます。

中にはミステリアスな女性が好きな方もいるので、一概には言えませんが、
顔や全体像がしっかり分かる写真にはしておきましょう。

 

目次へ戻る

乞食はNG!

先に言いますが、「~が食べたい」「~がしたい」という願望をプロフィールで提示することは、とても大事なことです。

「新大久保でチーズダッカルビ食べに行ってみたい」

やりたいことを明確にしておくことで、男性に「この人はチーズダッカルビを食べたいのか、誘ってみたいな」とキッカケを与えることができます。

しかし、物は言いようです。

たまに見るのですが、
「焼肉連れてって」
「ディズニー行きたい」
「ご飯連れてってくれる人」

という言い方ですね。これは相手に威圧的かつ自立できてない印象を与えてしまいます。

それぞれ言い換えるとするならば、
「焼肉一緒に行けるような人がいればと思っています」
「ディズニーデートとかも大好きです!」
「気軽にご飯に行けるような友達が欲しいなと思っています」

といった感じです。願望をそのまま書くのではなく、「好き」「~できる人がいたら」という表現に近づけていくことがポイントです。

結果として願望であるのは確かですが、言い換えたパターンの方が「驕らせたいだけじゃないの?」という不安を軽減することができます。

目次へ戻る

バランスは大事

「いいオンナ感」を出しすぎてかえって近づきがたい印象を与えることもあり、あまりにもアバウトかつフランクに書きすぎると気軽すぎる印象を与えてしまいます。

趣味をあまりにも高級すぎるモノで並べすぎ、「おすすめスポット」の欄などオール高級店!という具合にしてしまうと、一般的な収入の男性や学生からすると逆に圧倒されそうでとても近づけません。

逆に、毎日ラーメンです!くらい極端になってしまうと、「いいオンナ」ゲージが下がっていき「追いかけたい!」のような感情は男性は抱いてくれないかもしれません。

高級と庶民の間を行くイメージです。

「ヨガやお花が趣味。天下一品が好きでよく行く」

庶民的な印象とうまくミックスさせましょう。

どちらかに偏った女性が好きな男性も勿論いますが、ここではあくま多くの人に「いいね!」をしてもらい、好みの男性と出会う確率を上げるためのポイントなので、バランスを保つことが大事になります。

目次へ戻る

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

男性ウケ抜群のプロフィール5つのポイントは、

1.「否定」ではなく「好み」で語る
2.具体的なワードを使う
3.写真は3枚以上
4.願望は表現次第で武器になる
5.「高級感」と「庶民的」のバランスを保つ

ということに気を付ければ押さえることができます。

そうすれば、以前より多くの男性がアタックしてくれるかも・・・?

良い出会いを・・・!

より詳しくクロスミーについて知りたい方は下の記事へ!
↓↓↓

クロスミー(CROSS ME)完全解説ガイド

素敵なパートナー探しはクロスミーで!
blank
クロスミー公式ホームページ

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓
一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート
https://match-app.jp/all

クロスミー(CROSSME)クロスミー(CROSSME)に登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
blank
虫眼鏡サイト内記事検索
タグから探す
マッチングアプリ一覧