TOP > 結婚相談所 > 投稿一覧 > 記事
結婚相談所
分析まとめ & 関連記事一覧
マッチングアプリ情報
記事ページ

パートナーエージェントの交際条件って?交際と真剣交際の違いを説明!

仕組み, 機能

結婚相談所
最終更新:4/3(火)18:00


「結婚できない人をゼロに。」

という力強いキャッチコピーでおなじみの頼りになりそうな結婚相談所、パートナーエージェント。

その成婚率は業界ナンバー1を誇っており、2017年の結婚相談所顧客満足度も他社の追随を許さない堂々の1位です。

 

パートナーエージェントは他の結婚相談所と違って、公式サイトで実績のデータを詳細に発表しているところが特徴ですが、これは大きな自信の表れとも感じられて頼もしいですね。

 

そこで、会員全体の2人に1人が「交際中」ということが書いてあるのですが、「結婚相談所に登録しているのに交際している状態」とはいったいどういうことなのかわからないという人も中にはいるかと思います。

パートナーエージェントでの「交際」というのは何を表しているのか、そして「真剣交際」とは何のことなのかをリサーチしてみました。

 


パートナーエージェント公式サイト

資料請求&無料カウンセリングはこちらから!

パートナーエージェントには2種類の交際がある



パートナーエージェントには「交際」と、「真剣交際」という二種類があります。
一般的に交際とは、男女が恋人同士になってお付き合いを開始するということですが、パートナーエージェントにおいての交際とは少し違うもののようです。

 

どういうことなのかを詳しくご説明します。

まず交際というのはお見合いをして「嫌じゃなかったから、また会ってもいいよ」と返事をすることです。

交際成立=「もっとよく知り合いましょう、お互いの相性をはかりましょう」というライトな関係だということです。

これでしたら、とっても気楽ですよね?

 

一方で真剣交際とは、「お互いが特別な存在だと感じたので、真剣なお付き合いに進みましょう」ということです。

これが一般社会で言う、恋人同士の状態に近いかもしれません。

 

そのまま真剣交際が続いて、二人ともが特別な人ととうとう巡り合えたと感じて結婚を意識することになったら、晴れて「成婚退会」をするのです。ちなみに2016年度のパートナーエージェントでの成婚率は、驚異の28.6%ということです。他の結婚相談所の成婚率が10%程度だということを考えれば、これはびっくりの数字ですよね。

 

 

パートナーエージェントの交際は複数人とOK



パートナーエージェントでは、複数の人と同時進行で交際をしてもOKなことになっています。
ここでいう交際とは、お見合いした相手のことをもっとよく知るといういわばお試し期間ですので、複数人と同時進行でも何ら構わないわけです。

 

むしろまだ交際という状態なのに、その人ひとりとしか連絡を取り合わなかったり会わなかったりしたとしたら、その間婚活が中断されてしまうということですので、もしもうまくいかなかったときには時間のムダになってしまいます。
パートナーエージェントでも交際の同時進行は公認されているのですから、不誠実な行動をしているということにはなりません。
遠慮することなく、堂々と複数人の相手と交際して比較してみることも大切になってきます。

 

ちなみにパートナーエージェント入会から交際までの平均期間は「72.1日」、会員の一年以内の交際率は「93.2%」という驚きのデータですから、かなり希望を持つことができますよね!

 

 

パートナーエージェントの真剣交際は1人だけ?



パートナーエージェントでの真剣交際とは、「お付き合いしましょう」と告白してお互いに好きだということが確認できた状態。
一般的にも、こうなったら恋人同士ということになるでしょう。

 

この状態にまでなったら、他の交際相手にはお断りを入れる必要があります。
一般社会でも、真剣な交際相手ができたとしたら他の相手とも交際をすることは不誠実ですし、してはいけないことですよね?それと同じなのです。

 

他の人に交際をやめることを自分から伝えるのが心苦しいというときは、プロの専任コンシェルジュから伝えてもらうと角も立たないので安心です。

 

 

交際中に料金は発生するの?



気をつけなければいけないのが、交際中でもパートナーエージェントの月会費がかかってしまうことです。
何度かご説明したように、交際というのは単なるお相手の見極め期間ですので、これには納得することができます。

 

そして真剣交際に進んだとしても、月会費はそのままかかってきます。
真剣交際の段階ではまだ結婚が確約したわけではないですし、専任コンシェルジュのサポートを受けられるからです。

 

しかし真剣交際をしている間は、パートナーエージェントからの他のお相手紹介はストップとなってしまいます。
ですから本気で「この人しかいない!」と思えるまでは、交際から真剣交際には進まないで、他の人の紹介も受け続けるようにしたほうがベターでしょう。
婚活は時間との勝負ですからね。

 

 

まとめ


成婚率ナンバー1という数字を誇る結婚相談所、パートナーエージェントでの交際と真剣交際の違いについてリサーチしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

パートナーエージェントでは成婚退会をするまでに平均「22.7人」とお見合いをし、「7.5人」もの相手と交際をするそうです。

 

難しく考えすぎることなくどんどん交際をして、自分にとってベストなお相手をパートナーエージェントで見つけるのが良さそうですね!

↓↓
パートナーエージェントは本当に結婚できるの?!料金・口コミ評判まで徹底解説!

自分にはどの結婚相談所があっているのか分からない方はこちら!
↓↓↓
【2018年度版】あなたにオススメの結婚相談所はこれで決まり!一目でわかる大手8社の比較表・フローチャート
kekkonsoudanmap

結婚相談所に登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です
× ログイン
アカウントをお持ちで無い方は新規登録へ Facebookでログイン Twitterでログイン または
パスワードをお忘れの方はこちら

× 新規登録
既にアカウントをお持ちの方はログインへ
  • 会員限定記事が読み放題
  • マッチングアプリの恋活・婚活のノウハウがつまった資料を無料でダウンロードできる
  • マッチングアプリ各種のお得な最新情報を受け取れる
  • ラブホの上野さんはじめ恋愛のプロに相談できる
  • または
    利用開始をもって《利用規約》《個人情報保護方針》に同意したものとみなします。