マッチブック(matchbook)※サービス終了
Matchbook(マッチブック)
リクルートGのマッチングアプリ!
20代の恋活をバックアップ

【口コミ体験談】22歳新卒社員の僕がマッチブックで初めてライン交換できたモデル風美女との話

タグデート, 体験談, 攻略, 男性向け

マッチブック(matchbook)※サービス終了


こんにちは、マッチアップ編集部りゅりゅちです。

今回は都内大学ミス&ミスターコンテスト出場者100人が登録し話題となった、リクルートグループの運営で業界最高水準の安心・安全の「Matchbook(マッチブック)」の体験談に関する記事です。

blank
マッチブック公式ホームページ

美人キャリアウーマンと飲み歩きデートいたしました。

大人でバリバリ働く、そんな一生懸命で堅実そうな女性って素敵ですよね。
今回は、私がマッチブックでそんな女性と出会い、デートまで成功した体験談をお話していこうと思います。

《私のスペック》
22歳男性
新卒会社員
在住:神奈川
自称:昔は藤ヶ谷太輔に似てた

さあ、いきましょう。

blank
今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓

 ダイヤモンドは検索画面にいた

タイプの子と付き合えたらいいな~、と仕事帰りの電車でマッチブックを開きました。

社会人で、20代後半で、都内に住んでる女性・・・
そんな検索条件を設定し、ズラッと並ぶプロフィールを眺める。

ガタンゴトン、と揺れる電車から伝わる「1/fのゆらぎ」に目を閉じそうになっているその時。
どんなカフェイン剤よりも私の目をかっぴらかせるモノが目の前に。

その画面上には、モデル顔負けの黒髪美人お姉さまのプロフィールが表示されていたのです。
刹那、私の眠気なんてものはどこかへ消え、気づいた時には「いいね!」を送っていました。

ボタンを押しながら電車内で「いいね!」と叫びたくなる衝動に駆られ、その女性とマッチングできることを祈りつつ帰宅。

翌朝、おもむろにスマホを確認すると、「マッチングしました」の文字が画面には表示されていました。どんなうるさいアラームより良い目覚ましです。

マッチングしたMさんのプロフィール
年齢:26歳
職業:都内の会社員(広報)
容姿:加藤綾子似の美女

blank


それがマッチブックでの出会いでした。

メッセージも盛り上がり・・・

祈りも報われ、見事マッチング。

「初めまして!」と挨拶を交わし、「めちゃくちゃタイプです!」とストレートに切り込んでいきました。

「恐縮です・・・」とご丁寧なアンサーを頂き、そこから話は仕事トークへ。

広報のお仕事をしているとのこと。
さすが広報なだけあって顔になるには間違いない美人お姉さまのMさんでございます。

仕事の話、住んでいるところ、地元の話、家族の話、大学時代の話、、そして恋バナ。

色々な話をして会話は途切れることなく、テンポよく展開していきます。

そして、話はおいしい店がある場所になる。
これはデートに誘うっきゃない!

僕「Mさん、××に住んでるんですね!あそこは静かでいいですよね」
Mさん「そうなんですよ~、住みやすくて気に入ってます!△△さんはどこですか?」
僕「僕は××です。いいお店たくさんありますよ笑」
Mさん「そうなんですか!?あまり行ったことないので気になりますね笑」
僕「すごくいいところですよ!よかったら○○に飲みにいきませんかー?」
Mさん「いいですね!」

ナイスサーブ!セットポイント!

 

会えちゃいました

日程を決め、場所を決め、そして迎えたデート当日。

お互い仕事終わりに待ち合わせた場所は新宿。

コート着てこなかったのはさすがにミスったか・・・
と寒さに身を震わせ、今日上司に怒られた記憶にも身を震わせつつ待ち合わせ場所へ到着。

「あと5分くらいで着きます!お待たせしてすいません!」
Mさんからメッセージが来る。

待ってるときの5分って何故か永遠に感じません?

「お待たせしました!Mです!」
ついに登場。

サラッサラの黒髪ロング。
パッチリとした目。背も高い。

はい、本日のバイブス満タンでございます。

「今日はよろしくお願いします!」
少し緊張交じりに挨拶を交わしました。

そして、私たちは新宿にある某店へ、「寒いですね~」と雑談を交わしつつと向かいました。

 

 はしご酒デート

最初に向かった先は、新宿にある多国籍料理のレストラン。
オシャレな内層、落ち着いた雰囲気でデートにはバッチリなお店でした。

おいしい料理とお酒を楽しみつつ、お互いの仕事の話や恋愛の話、とにかく色んな話をしましたね。

バリバリ働いてます!という面もあり、恋愛に積極的な面もあり、話していて飽きないMさんでした。

「もっと色々なとこ行きたいね」
なんて話になり、2軒目、3軒目、と店を変えつつ飲み歩きのようなデートを楽しみました。

盛り上がりは冷めないまま、明日もお互い仕事ということで解散。
「また飲みに行こう!」と約束して、Mさんを送りだしました。

送り終え、帰宅。就寝。

翌日、次はいつ誘おうかな~なんて昼休憩に考えているとスマホが震える。
「ピンコーン」
会いたくて震えたのだろうか?

blank

 

Mさんからメッセージが!!

さすが俺!!
じゃなくて、Mさんありがとう。

 

後日談。友達・女性・先輩として尊敬できる人ができました

と、いうことで。

マッチブックで輝くダイヤモンドを発見し、モデル顔負けのルックスを持つキャリアウーマンであり、話していてとても楽しいMさんとデートまで堪能することができました。

ちなみにその後ですが、Mさんとは恋人関係になることはありませんでした。
しかし、仕事の話も恋愛の話も、メッセージ段階で盛り上がり、1回目のデートもはしごするほどお酒のペースも合っている彼女とは、今はいい友達関係です。
年上のバリキャリの彼女に仕事の相談にのってもらったり、僕の友人も交えて2:2で会うことも。
友人としても、仕事の先輩としても、女性としても魅力的な彼女と出会うことが出来てよかった。

なかなか良い出会いができました・・・!

 

まとめ

今回はマッチブックにおける出会いの体験談を綴らせて頂きました!
検索で発見→マッチング→メッセージ→デートという流れですね。

まだまだ素敵な女性との出会いはあるんじゃないかと思います。

皆さんもガシガシいきましょう!レッツいいね!

良い出会いを・・・!

より詳しくマッチブックについて知りたい方は下の記事へ!
↓↓↓

出会える確率UP!マッチングアプリ「マッチブック」を始める前に読むべき完全マニュアル【2018年度版】

素敵なパートナー探しはマッチブックで
blank
マッチブック公式ホームページ

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
blank
タグから探す