マッチブック(matchbook)※サービス終了
Matchbook(マッチブック)
リクルートGのマッチングアプリ!
20代の恋活をバックアップ

今週のマッチブックで出会えるいい女!〜さゆみちゃん〜

タグ出会えるいい女, 特集記事, 男性向け

マッチブック(matchbook)※サービス終了


こんにちは、マッチアップ編集部りゅりゅちです。

今回は都内大学ミス&ミスターコンテスト出場者100人が登録し話題となった、リクルートグループの運営で業界最高水準の安心・安全の「Matchbook(マッチブック)」のユーザーに関する記事です。


マッチブック公式ホームページ

どうも。

いい女と豪華なクリスマスディナーをした翌日は、その子と部屋でこじんまりとコタツで鍋でもしながら「こういうのもいいよね」と微笑みたいりゅりゅちです。

ささやかな日常と特別な日の非日常、どちらを共にしても楽しい人が本当に合う人だなと思うんですよね。
と考えつつ、今日も東横線を、モーニング娘。の「リゾナント ブルー」を聴きながら通過するドルヲタの朝。

「悲しみがこだまする~真夜中を締め付ける~♪」
お願いやめて。私のライフゲージは0よ。

気まぐれに開いたマッチブック。
そこに、一筋の光が差し込んできました。

「こんな素晴らしい子がいるん・・・?」

はい。
それでは、マッチブックで見つけた「今週のいい女」紹介していきましょう。

※個人が特定できないように一部内容を変更しています。


今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓

 今週のマッチブックいい女!さゆみちゃんプロフィール

さゆみちゃん


・年齢: 21歳
・職業: 大学生
・いいね数: 243
・似てる芸能人: 道重さゆみ
・胸キュンポイント: 上品な艶めきと、とあるギャップ

今日も胸が熱い!まさにLOVEレボリューション。

どこに感動したのか。それをここから述べていきます。

さあ、まいりましょう。

 

お嬢様説

上品な雰囲気を漂わすさゆみちゃんですが、なんと世田谷在住です。
その艶やかさは、決してフェイクや成りすましではなく、モノホンお嬢様から漂うものであります。

悔しいけど自分より遥かに育ちのいい女の子って、崇めたくなります。
そんな子がマッチングアプリに・・・というのも意外性があって、より一層ミステリアスです。

ヤンキーに怯えて生きてきた私ですが、さゆみちゃんを「お嬢!」と呼んでいつでも荒事には駆けつける、そんな決心が湧いてきます。明日から筋トレします。

大学名は伏せますが、これまた「お嬢様学校」の代名詞に名乗りをあげる大学ですね・・・

おそらく私が亀田興毅さんの「勝ったら1000万」の企画に出場したら、華麗なるサンドバッグと化すでしょうが、今まさにそんな感じです。

プロフィールでボコボコにされる感じ、悪くないですね。
素晴らしい。

平凡リーマンだった僕が、ひょんなことから、お嬢様の使用人に!みたいなラノベ的展開が現実にならないかと今は悔しさを噛みしめております。

そんなさゆみちゃんにまず1ポイント。

はっきりとした物言い

そんなお嬢様なさゆみちゃんですが、自己紹介文を眺めるとある特徴が表れています。

曖昧な表現がないんですね。
「私は~だ」という自分の考えや性格を、ストレートに書いています。

また、仕事熱心で気遣いのできる人が理想、と相手に求めるものもはっきりと明記しています。

おしとやかな印象を抱いたので、自己紹介文はゆるふわ系かな?と予想していたのですが、予想とは裏腹にすべてがストレートかつ、分かりやすくなっています。

芯はかなりドッシリしてる女の子なんだな・・・とこれまた感心。

これは私自身の主観なのですが、やはり精神が自立しているか否か、ということは女性に対して慎重に見ているところであります。
リードは男の見せ所であり必須ですが、すべてを相手頼りにしているような方はやはり、自立できていないのかな?と不安を抱く正直な気持ちはありますね。

気まぐれプリンセスも可愛いですが、度を過ぎると耐え難いですからね・・・

私はこうだ!という自己表現がしっかりできているので、お話した時にお互い自分のことを語ってアレコレと盛り上がれるんじゃないかな、と期待できます。

内なる炎を感じるさゆみちゃん。
うん、文句ないです。

 

 趣味がイメージと一致してたり意外だったり

プロフィールを眺める上で、まだ大事な部分はありますよね。

「趣味」です。
趣味が合うか合わないか、プライベートで人と関わる上ではかなり重要な要素になってきますよね。

さゆみちゃんの趣味。
読書、音楽鑑賞・・・間違いないですね。

優雅にティーを楽しみつつ、片手には書籍、クラシックでもBGMに流しているのでしょうか。
何故私がチャイコフスキーやモーツァルトの曲を網羅する少年時代じゃなかったのかと悲しみが込み上げます。

アイドルとラップばかり聴いている私には厳しい世界ですね。
やっぱ高嶺の花か・・・

と、思いきや。

「ゲーム」

このワードが読書、音楽鑑賞の次に連ねられていたのです。
ゲーム・・・やるんかい。

家でピコピコ(表現が古いか)しながら、悔しがったり喜んだりしてるんでしょうか。

反則。
心にイエローカード。

リオネル・メッシの脅威を感じるドリブルを目の前で受けるDFの気持ちが分かります。
こいつ、なんでこんな強いんだ・・・!という。

上品でお嬢様で、芯が太いしっかりとした子。
でも家で夢中でゲームしてる日もあり。

いや神様!
天は二物を与えちゃってるんじゃん!勘弁してよ!

 

まとめ

と、いうことで今週もマッチブックより「いい女」を紹介致しました。

絵に描いたようなお嬢様感、しかし若い子らしいギャップあり。

そんな子もまだまだおります。
もうすぐ駅前のイルミネーションが眩しくなる時期ですか。

みなさん、今すぐインストール&起動し、目を光らせてみてください。

良い出会いを・・・!

※個人が特定でいないよう、一部内容を変更しています。

より詳しくマッチブックについて知りたい方は下の記事へ!
↓↓↓

出会える確率UP!マッチングアプリ「マッチブック」を始める前に読むべき完全マニュアル【2018年度版】

素敵なパートナー探しはマッチブックで

マッチブック公式ホームページ

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
虫眼鏡サイト内記事検索
タグから探す
マッチングアプリ一覧