TOP > マッチブック > 投稿一覧 > 記事
Matchbook(マッチブック)
ミス&ミスターもお相手探し中?!
20代の恋活をバックアップ
記事ページ

今週のマッチブックで出会えるイイ女~花魁ちゃん~

出会えるいい女

マッチブック
最終更新:2/6(火)13:00


こんにちは、マッチアップ編集部のYone-chanです。

何かに熱中できる人って、素敵ですよね。

趣味だったり、仕事だったり、好きなことにまっすぐ向き合える人って、それだけで魅力的だと思います。

今回、芸術を愛し、芸術に愛された女を発見しました!

ということで、日本画専攻の芸大生、花魁ちゃんをご紹介したいとおもいます。

※個人が特定できないように一部内容を変更しています。 

マッチブック公式ホームページ

 

今週のイイ女〜花魁ちゃん〜



・年齢:20

・職業:芸大生
・いいね数:419
・お住まい:東京
・似てる芸能人:比嘉愛未
・胸キュンポイント:力強い瞳

マッチブックで出会えるイイ女3つのポイント解説


1.日本画専攻の芸大生!
芸大で日本画専攻の彼女。

いつも、課題作品の制作に追われる日々なんだそうです。

ただ、そのこだわりようは最早プロ並み!

実際に、自分で和服を着て撮影をし、作品の参考にすることもあるんだそう。

和風美人なお顔立ちをしているので、和服を着たら花魁級ではないでしょうか。

2.ジャスミン茶が好き!
まさかのお嬢様テイスト。

雪降る寒い昼下がりに、香りの良いジャスミン茶でホッと一息。

なんだろう、こう、ぐっと来るものがありますよね。

彼女がお茶に口を付けるだけで、その所作にときめきそう。

3.トランペットも吹きます!
お嬢様テイスト再び!?

と思いきや、フルートとかバイオリンではなくトランペット。

高校の時に、部活でトランペットを担当していたそう。

逆に、力強い感じが彼女の魅力をギャップで引き立てます。

※個人が特定できないように一部内容を変更しています。

 

妄想デート〜3月はまだ先ですよ?〜


今日は2月6日。

テスト期間も終わり、ようやっと春休みだと浮かれていたこの頃。

なぜか僕は、彼女の学校の一室にいた。

まわりを見渡すと、照明やらグリーンバックやら、それっぽい機材が並んでいる。

テレビの密着取材とかでよく見る、モデルの撮影風景を思い出す。

あれを一回りコンパクトにした感じ。

芸大生である彼女は、普段は絵に没頭してデートも全然してくれないのだが、なぜか今日はこっちが呼び出された次第である。

寒いなか手をこすり合わせてここまでわざわざ来たというのに、「ちょっとそこで待ってて―」といって、彼女は奥の部屋に行ってしまった。

それから約30分が経過しようとしていた。

・・・流石に長くね?

部屋は暖房が入っておらず、カイロの入っているポケットから手を出すことが出来ない。

ズズズッと鼻をすすり、そろそろイライラしてきたそのとき、奥の扉がガチャッと開いた。

すると、重々しくもきらびやかで鮮やかな布をまとった彼女が出てきた。

俗に言う十二単である。

普段はショートな髪も、かつらなのか腰まで伸びる黒髪の長髪。

メイクも普段よりもかなり濃いめだが、なぜか派手な印象はなく、素朴な印象さえうかがわさせる。

長い後ろの裾を、着付けを手伝ってくれた人だろうか、腕まくりをしたポニーテールの女性が持ち上げていた。

グリーンバックの前に着くと、ポニーテールの女性は「終わったら読んでねー」と言って出てきた扉に戻っていく。

すると、彼女はおもむろに両腕を広げ

「どう?」

ドヤ顔で訪ねてきた。

「どう、とは?」

「いやいや、感想だよ感想!綺麗だね、とか、似合ってるよとか、世界一可愛いよとかいろいろあるでしょう?」

「セカイイチカワイイヨー」

「心がこもらなすぎでしょ!?」

まあ、ドヤ顔で言われたら意地悪もしたくなるよね。

「ああ、まあ、…似合ってると思うよ。普通に」

「ふうん…」

少し顔を赤らめる彼女。

鼓動が少し早くなる。

「で、で?なんで俺を呼んだわけさ。十二単をみせたいだけじゃないんだろう?」

今思いだした!とばかりに、はっとする彼女。

おいふざけんな。

「君って、高校のとき写真部だったよね?年度明けの課題が「春」でさ、それでひなまつりっぽい絵を描こうと思ってね!」

「ああ、それで参考写真を撮ろうっていうことか」

合点がいった。

合点はいったが、もうちょっと着付けの時間とか考えてほしい、

めちゃ寒かったんだぞ!!

というのを言わない俺大人。

「おっけー。でも、カメラとか持ってきてないぞ?」

「それなら、そっちの奥の棚に…」

と言って重くて歩きにくいのか、すり足で寄ってくる彼女。

すると

「う、わぁっと!」

「あぶない!」

倒れそうになった彼女を、間一髪抱きとめる。

「ありがとう…」

上目使いで涙目の彼女は、図らずも可愛らしかった。

「お内裏様のコスプレでもしてくればよかったかな?」

「もう、調子にのらない!」

叩かれた。

花魁ちゃんのようなイイ女と出会いたい方はマッチブックを無料ダウンロード!

マッチブック公式ホームページ

 

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

マッチブックに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です
× ログイン
アカウントをお持ちで無い方は新規登録へ Facebookでログイン Twitterでログイン または
パスワードをお忘れの方はこちら

× 新規登録
既にアカウントをお持ちの方はログインへ
または
利用開始をもって《利用規約》《個人情報保護方針》に同意したものとみなします。