動画
動画関連記事一覧
blank

マッチングアプリは写真が9割!いいね爆増する3つのルール



  • マッチングアプリのプロフィール写真には笑顔がマスト!
  • 自然で柔らい表情で目線を外して写真を撮ってマッチング率を上げよう!
  • マッチングアプリのプロフィル写真はプロのカメラマンに撮ってもらうとベスト!

※この記事は、2019年12月26日公開の、マッチングアプリは写真で決まり!「いいね」爆増プロフィール写真の3つのルールを文字起こししたものとなります。

こんにちは。マッチアップ編集部です。

今回はマッチングアプリで一番重要な写真について絶対守るべき3つのルールについて解説していきます。

写真が最も重要なアプリ
タップル
blank
無料DL
・マッチング画面の8割が写真
・写真が良ければ無双できる
・若くてノリが良い男女が多数​


今のアプリが合わない・どのマッチングアプリするか迷ったらは比較表とフローチャートで診断!おすすめのマッチングアプリ

マッチングしない理由は写真

blank
いいねが来なかったり、マッチングしない原因はプロフィール写真です。

人間は物事の9割を視覚情報で処理をしているので、プロフィールをみてもらうには写真ぐらいしか情報がないです。

プロフィール写真をいい加減に設定していると一生マッチングしません!

プロフィール写真はイケメンじゃないからとかそういう問題じゃないんです!

blank

でも安心してください!あるルールを守っていれば、絶対に女性から「いいね」されるし、マッチングもします。

マッチングアプリの写真はプロのカメラマンに撮ってもらおう

blank

プロフィール写真はプロに撮ってもらうこと。
blank

正直これが一番手っ取り早いです。

ちなみにプロに撮ってもらう場合相場は5,000円〜10,000円くらいです。
blank

写真が原因でマッチングせずに毎月、月額料金払うくらいなら確実に投資する価値あります。

最初からお金をかけてプロフィール写真を用意した方が絶対にお得です。
具体的には「ココナラ」とか「タイムバンク」で簡単に依頼ができます。

プロにとってもらうべき理由

blank
プロは写真の撮り方がわかってます。

blank

初心者の自分がいくら頑張ったところで、それを仕事にしてるプロには絶対に勝てないわけです。

写真を撮ってもらうときは「女性受けがいい写真を撮ってください」とちゃんと伝えましょう。

プロの方は知識が豊富なので、自分で考えるより100倍良いですし、しかも意外とプロに撮ってもらってる人多いです。

マッチングアプリ専門カメラマンもいるくらいです。

blank

女性からしてもピンボケした自撮り写真よりも、プロに撮ってもらった画質の良い写真の方が目に止まりやすいし、いいねを押したくなります。

プロフ写真撮影の3つのルール

blank

blank

この3つが絶対に守って欲しいルールです。

3つのルールをしっかり守るだけで、いいねが爆増します!

プロフィール写真の笑顔について

blank

blank

これは100%マストです

基本的に女性はプロフィール画像をみて、「この人会っても大丈夫かな?」「安全なのかな?」と考えてます。

険しい表情だったり無表情だったりすると、「この人会ったらちょっと怖いかも」といった印象を与えてしまいます。
わざわざ「いいね」をして関わろうと思いません。

逆に笑顔だとそれだけで、「この人といると楽しそう!」という印象を与えることができるので、いいね率は格段に上がります。

blank

でも笑顔はもう当たり前すぎて、皆さん「もうやってるよ」という人もいると思います。

プロフィール写真の目線について

blank

blank

目線についてはやってない人もいるんじゃないでしょうか?

目線でも安心感を演出したり、魅力を増すことができます。

ナチュラル・ソフト・安心感!この三拍子揃った魅力を出すには真正面から真顔で写る写真より、自然な柔らかい表情で目線を外した写真の方がよいです。

正面を見ているとずっと見られている感じがして嫌悪感を生んでしまいます。

blank

目線を外す際にもコツがあります!

目線を外すコツ

blank
目線が横を向いているような写真を撮るには、本当に目線を外さずにカメラのレンズの横を見るような感じで目線を外します。

目線を意識的に横に向けてしまうと、白目の面積が大きくなって黒目が端っこに映ってしうだけのハズレ写真になってしまいます。
blank

blank

目線を意識して撮ってみて下さい


プロフィール写真のポージングについて

blank

blank

ポージングは本当に意識していない人が多いなと思います。


ポージングもかなり重要です。ポージングは脚長効果を狙うことと自然さを演出することが大事です!

ポージングのコツ

blank足を前後に開くように少し斜めに構え、片足に重心を掛けて、目線を外し、
手は腕まくりしている最中のような形で止めたり、
片手を首に当てたり両手をズボンのウエストに掛けたりすると良いです。

blank

ポケットに手を突っ込むようなイメージですね。

実は上の写真のように腕を腰より上の位置にもってくることで、脚長効果が狙えます!

これは現役モデルやコンパニオンの腕を前で組んだり、腰に手を当てるポーズでも応用されています。
彼女たちは、胸のすぐ下に手をおくことで脚長効果を狙ってます。

blank

この方法は男性にも応用できるので是非試してみて下さい!

まとめ

blank

blank

笑顔、目線、ポージング、この3つを意識してプロフィール画像を作るだけでいいね数が爆増します!

もし1つでも外してたら是非撮り直してください!

blank

それでは最後に復習して終わりにしましょう!



いいねが爆増するプロフィール写真の3つのルール、
「これだけ守っておこう!」というルールを紹介しました。
そのルールの前にまず前提として、必ずプロフィール写真はプロの人に撮ってもらいましょう。
その理由はプロの人の方が素人の自分や友達に比べて確実に写真を撮れるからです。
blank

そして写真を撮られる時の3つのルールは
① 笑顔
② 目線
③ ポージング
これらを意識して写真を撮られるだけで、圧倒的に他の人と比べて女性の目に止まり、いいねが貰える確率が上がります。

blank

ちなみに私もこれが揃っていたらいいねしちゃうと思います。


blank

今日もありがとうございました。

Twitterでも、YouTubeではまだ非公開の恋愛・婚活・マッチングアプリの情報を配信しているので、もし興味ある人はフォローしてみて下さい。
Twitter@matchappsaki
皆さんのマッチングアプリの出会いを応援しています。

写真が最も重要なアプリ
タップル
blank
無料DL
・マッチング画面の8割が写真
・写真が良ければ無双できる
・若くてノリが良い男女が多数​

今のアプリが合わない・どのマッチングアプリするか迷ったらは比較表とフローチャートで診断!おすすめのマッチングアプリ


免責事項

・本サイトはマッチングアプリの情報提供による課題解決を目的としており、マッチングアプリに関する斡旋を行うものではありません。
・本サイトで紹介するマッチングアプリの評価は、アプリを使用しての調査の結果や口コミ・評判、有識者からのコメントなど、主観的なデータと客観的データに基づいて作成していますが、その内容の正確性や信頼性等を保証するものではなく、必ず利用者自身で各マッチングアプリの公式ページにてサービス内容をご確認ください。
・本サイトで掲載している情報に基づいて被ったいかなる損害についても、運営者及び情報提供者は一切の責任を負いません。
・本サイトに掲載されている情報はマッチングアプリ各社の提供している情報に基づいていおり、可能な範囲で正確な情報となるよう更新しておりますが、最新情報はマッチングアプリの公式サイトにてご確認ください。
・マッチングアプリへ登録する際は、必ずご自身で各公式ホームページで内容や規約をご確認のうえ、判断頂けますようお願いします
・本サイトへのご意見やご指摘に関しては、お問い合わせよりご連絡いただけますようお願い致します。

広告主の開示

・本サイトでは、専門性の編集体制の構築と信頼性のある口コミデータの収集により、マッチングアプリの適切な比較を支援する記事等を配信しています。
・本サイトを通じてマッチングアプリの無料会員登録等の一定の成果地点までユーザーが到達した場合に広告主から支払われる報酬金額が主な収益です。
・広告主は、サイト全体の推奨事項や評価、その他のコンテンツの変更をするために、弊社に金額を支払うことはありません。
・記事広告等の成果報酬型以外の広告商品によって広告主が出稿している記事の場合は、「PR」等の明記によって広告出稿されていることを読者に認知させます。

この記事の監修者
  1. 経歴
    • 2013年名古屋市立大学卒業。リクルートコミュニケーションズ入社後に2017年から(株)Parasolに参画。2022年に代表取締役社長に就任。
    • マッチアップでマッチングアプリの記事を2,500本以上作成。TVやラジオに多数出演してマッチングアプリの認知を広げた後、知見を活かして紹介型マッチングサービス「ヒトオシ」をリリース。
  2. 書籍・TV出演など
  3. SNSはこちら

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
blank
タグから探す