動画
動画関連記事一覧
blank

マッチングアプリ で女子が断るLINE交換のタイミング



  • 会話が盛り上がっているときにLINE交換するのはNG!
  • デートの予定が決まってからLINE交換をする
  • LINE交換よりもデートの方が大事!

>>>相手と仲良くなりやすいのはwith!

相手と仲良くなりやすいのはwith!
with
blank
無料DL
・メッセージのやりとりがしやすい
・心理テストで相性がわかる
・若い男女が多い

 

※この記事は、2020年9月22日公開の、【マッチングアプリ 】女子が断るLINE交換のタイミングをもとに作成しています。
blank
男性 24歳 営業

いい感じの雰囲気だったのに、LINE交換断られた…

と、マッチングアプリ上のメッセージで会話が盛り上がっていたのに、LINE交換を断られた経験はありませんか?

交換のタイミングを間違えると女性に断られてしまいます!

では、どのタイミングで交換をするのか?

LINE交換をする最適なタイミングについてお伝えします。

今のアプリが合わない・どのマッチングアプリするか迷ったらは比較表とフローチャートで診断!おすすめのマッチングアプリ

最悪のLINE交換のタイミングとは…?

blank

女性が一番嫌いなLINE交換のタイミングは…

blank

マッチングアプリ上のメッセージで、会話が一番盛り上がっているときです!

このタイミングで交換をお願いすると、90%以上の女性がLINE交換を断ります!

実際にLINE交換をするまでの手間について考えてください。

ID検索、友達追加…

LINE交換には様々な工程を挟みますよね。

会話のピークにLINE交換を提案すると、流れを打ち切られて熱が冷めてしまいます。

LINE交換はどのタイミングでするのか?

blank

blank

LINE交換の最適なタイミングは、デートの場所と時間が決まってからです!

マッチングアプリ上のメッセージで会話が盛り上がったら、LINE交換ではなく、まずはデートに繋がる話をしましょう!

LINE交換の流れ
1.マッチングする
2.デートの約束をする
3.待ち合わせ用にLINE交換をする

デートの約束の仕方がわからない方はこちらを見てください↓↓

なぜデートのお誘い後にLINE交換をするといいのか?

blank

デートのお誘い後にLINE交換をすれば、このタイミングで断る人はなかなかいません!

LINE交換の最大の目的は、デートの待ち合わせ。

待ち合わせで手間を取らないためにも、電話機能があるLINEを交換しておくと便利です!

そのためLINE交換のときは、

blank
男性 24歳 営業

待ち合わせの時LINEの方が都合がいいから、交換しない?

と送りましょう!

LINE交換はかんもんではなくただのツールです。

blank

文面でのやりとりよりも1回のデートが重要なのは、メラビアンの法則でも証明済み!

メラビアンの法則
人の印象は
視覚情報、聴覚情報→93%
言語情報→7%
で決まる法則です

だからこそ、会うことが本当に重要なんです!

>>>相手と仲良くなりやすいのはwith!

おすすめのマッチングアプリ

今回は女子が断るLINEのタイミングについて解説しましたが、

blank
男性 24歳 営業

どのアプリで出会うのがいいの?

そんなあなたにはwithがオススメです!

with

blank

withは相性診断など人間心理を使って相性のいいお相手を見つけることができるマッチングアプリです。

こんな人におすすめ!
・内面重視で恋人を作りたい
・他の人の意見も参考にしながら恋愛をしたい
・20代の恋活志向

with(ウィズ)ダウンロード

withについて詳しくはこちら↓↓

まとめ

今回は、女子が断るLINE交換のタイミングについて紹介しました。

今までLINE交換がうまくいかなかった方は、デートの約束を口実にLINE交換を成功させましょう!

また、デートをするならwithで相手を見つけてみましょう!

with(ウィズ)ダウンロード

今のアプリが合わない・どのマッチングアプリするか迷ったらは比較表とフローチャートで診断!おすすめのマッチングアプリ

この記事の監修者
  1. 経歴
    • 2013年名古屋市立大学卒業。リクルートコミュニケーションズ入社後に2017年から(株)Parasolに参画
    • マッチアップでマッチングアプリの記事を2,500本以上作成。TVやラジオに多数出演してマッチングアプリの認知を広げた後、知見を活かして紹介型マッチングサービス「ヒトオシ」をリリース。
  2. 書籍・TV出演など
  3. SNSはこちら

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
blank
タグから探す