Omiai(オミアイ)
Omiai(オミアイ)
日本最大級のマッチングアプリ!
真面目に恋活する女性も多数

Omiai(オミアイ)で今日、恋をはじめます~失恋の傷に向き合えた夏の夜~

タグ体験談, 女性向け, 男性向け

Omiai(オミアイ)


7月のある日、私は振られた。
なんの前触れもなく突然に。

涙は一滴も出なかった。
今思えば、あの時は悔しくて屈辱的で仕方なかったのだろうけれど、それを人に見せることを許さなかった。

自分自身の素直な気持ちに目を向けることはなく、ひたすら忘れようともがく中で、最終的にとあるマッチングアプリに登録するという結論にたどり着く

それが、日本で大人気の恋活婚活アプリ・Omiai(オミアイ)だった—―

blank
Omiai公式ホームページ

blank

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓

ハイスぺ彼氏に捨てられた私、Omiaiに出会う

blank

4年付き合った彼氏からの残酷な仕打ち

1か月前。
商社に勤める2歳年上の彼氏のフランス駐在が決まった。

blank
彼氏

実は、フランスに転勤することになったんだ。

blank
奈月

すごい!おめでとう~

この春に保険会社に就職した私、奈月(22歳)の今の楽しみといえば、大学のサークル内で知り合って付き合い始めた彼氏とデートすること。
お互いに仕事がかなり忙しくなって、会う時間は貴重になったけれど、それでも電話とラインは毎日欠かさなかった。

彼氏がフランスに行くとなると、会える時間がほとんどなくなる。
そんなことは構わない。私はいつだって彼の帰りを待つつもりだ。

なのに……。

その晩、彼氏からラインがきた。

blank
彼氏

俺たち、これを機にもう会うのをやめよう。
俺はフランス行くし、奈月も仕事忙しいみたいだしさ。
そのほうがお互い楽だろ?

彼の言うことが理解できない。

blank
奈月

何言ってるの?
一時帰国したときに会おうって約束だったでしょ!?

混乱しながらもどうにか言い返す。
しかし、私の訴えもむなしく……

blank
彼氏

もう、会えないんだ。
ごめんな。

一方的に別れを告げられ、
そのままラインをブロックされてしまった。

blank
奈月

何よそれ……。
バカなこと言って逃げていくなんて何考えてるの?

しばらく状況をつかめず、ただただ呆然とするしかなかった。

あれから3時間は経っただろうか。我に返った私は、しばらく開いていなかったインスタグラムのアプリを起動させた。

「コウタと3年♡ケンカばっかりだけど仲いいよ!これからもよろしくね♡」

「私たち、もう8か月だって!このまま1年記念日まで突っ走るぞー!」

「1年半を迎えました。いつも頼りになる麻奈美には本当に感謝してる!!」

カップルの写真が入った投稿がたくさん目に飛び込んできた。
私たちより交際期間が短いものの、友人たちは幸せそうだ。

私だって数時間前までは“そっち側”だったのになぁ……。

目をうつろにさせながら、彼女たちを静かにうらやんでいた。

blank
奈月

なんでこうなったのか、わからない

大きなケンカも、トラブルもなかった私たちを真っ二つに引き裂いた原因はなんだったのか。
まともに働かない頭脳で考え、虚しくなるのみだった。

SNSの広告が私を突き動かした

捨てる神があれば、拾う神もある。

お花畑みたいな幸せな投稿の数々に紛れて現れたアプリの広告は、私のうつろな目をとらえた。

blank
奈月

これなんだろう……オミアイ?


Omiaiというアプリは、安心・安全な出会いを提供する恋活/婚活マッチングサービスをうたっている。

そのアプリの広告には、若い男女がデートしている写真が載っていた。
楽しそうでキラキラしていて、とても眩しく見える。

blank
奈月

いったいどんなアプリなんだろう……?

出会い系やマッチングアプリには触れたことがなかった私。
一生触れることはないと思っていた。

しかし、「早く別れたばかりの彼を頭から離さなければならない」という意識が、私を突き動かしたのだろう。
早く出会いを探したいと思い始めた。

そこで、以前マッチングアプリで彼氏をつくった友人に話をきいてみることにした。

友人のマッチングアプリおすすめポイント

blank
奈月

もしもし、英子?元気?

blank
英子

奈月久しぶり!どうしたの?

blank
奈月

英子さ、この間アプリで出会って年上の彼氏つくったって言ってたじゃない?
それについて話をききたくて。

blank
英子

はあ、なるほど。奈月が知りたいっていうなら、教えてあげるね。

blank
奈月

ありがと。
マッチングアプリ使うのって怖くなかった?

blank
英子

少しね。でも、最近アプリでカップル増えてるって聞いて。
そういう手段を活用してみるのもアリかなって思って始めてみた。
アプリなら検索機能や相性の数値を利用して、効率よく自分に合う人が見つかるからね。
特に検索機能は、年齢や年収、身長などのパーソナルデータはもちろん、キーワードで趣味の合う人を探すこともできるからとっても便利!

blank
奈月

なるほど、すごく使える機能なんだね!
アプリ使ってみたくなってきた。

ちなみに、何のアプリ使ってたの?

blank
英子

Omiaiだよ、知ってる?

blank
奈月

さっき見た広告と同じアプリだ!
使ってみて実際どうだったの?

blank
英子

確かに変な人は全然いなかったよ!
ほとんどの男性会員は20代後半から30代で、みんな真面目に相手を探してるみたい。
というのも、運営が24時間監視していて、危険と認められた会員はイエローカードがつくから悪い人がわかりやすいんだよね。
はじめてアプリを使ったけど、Omiaiを選んで正解だった。

頼りになる英子が言うのだから間違いない。
電話を切った後、さっそくアップルストアからOmiaiをダウンロードした。

くわしいOmiaiの情報をまとめた記事はこちら
↓↓↓

Omiaiは安全なマッチングアプリ?口コミ評判から本当に出会えるかと婚活・恋活向きか解説

Omiaiを始めてみたくなったアナタは下のバナーからダウンロード!
blank

このままでは進めない。Omiaiに登録してみた

blank

初めてのマッチングアプリ、簡単に登録完了

blank
奈月

すごい、個人情報の登録って案外簡単なんだ!

Facebookと連携させるだけで、登録ができるなんて。
煩わしい登録作業が苦手な私にも苦はない。

blank

blank

あとは、プロフィールを埋めて異性の会員からいいねが来るのを待つだけ。

出会いの選択肢の多さに感動

翌日の晩。
仕事から帰ってOmiaiを起動したら、早速いいねが数百件きていた。

blank
奈月
えっ、こんなにいいねがくるものなの!?

 

blank

ちょっとしたモテ気分を味わうことができた。

blank
奈月

どんな人がいいねをくれたのかな?

半数以上が30代。
その次は20代が多かったが、40代もちらほらいた。

さっそく興味を持てた数人の男性にメッセージを送ってみた。

blank

①薬剤師の男性(31)

blank
奈月

初めまして!
いいねしてくれてありがとうございます♪

blank
薬剤師

初めまして、○○といいます!
よろしくおねがいします!

blank
奈月

○○さん、こちらこそよろしくお願いします!
お休みの日って何されてるんですか?

blank
薬剤師

仲間内で麻雀やってます、毎週末はいつもこれです(笑)

blank
奈月

(麻雀興味ないし、そうなると毎週末は一緒に居られないのかなぁ……。)

趣味が合わなさそうだったので、メッセージを止めた。

②大学院生の男性(23)

blank
奈月

こんにちは!
いいねしてくれてありがとうございます♪

blank
大学院生

ナツキちゃんよろしくね!
ところで、副業に興味あったりしませんか?

blank
奈月

……。

変な勧誘はお断りだ。
メッセージをスルーさせてもらった。

③会社員の男性(28)

blank
奈月

こんにちは!
いいねしてくれてありがとうございます♪

blank
会社員

メッセージありがとうございます!
よろしくお願いします(^^)

blank
奈月

邦楽お好きなんですね♪
どんなものを聴かれるんですか?

blank
会社員

ロックとかポップスとか……
あとアイドルの曲も聴きますよ!

blank
奈月

いいですね~!
乃木坂も聴かれるんですか?

blank
会社員

乃木坂好きですよ!
ちなみに誰推しとかありますか?

blank
奈月

やっぱりまいやんには憧れます♡

blank
会社員

まいやんは神ですよね!
いつか一緒にライブ行ってみたいですね(^^)

そうだ、ライン
交換しません?

このように話が弾んだ。
とても気が合いそうだったので、会社員の男性・良輝(よしき)さん(仮名)に会ってみることにした。

blank

出会ったのは、元彼と正反対な性格の男性

ラインで早速デートの約束をして、私たちは都内某所の居酒屋に行くことにした。

blank

アプリがなければ出会えなかった人

blank
奈月

こんにちは!

blank
良輝さん

初めまして~(^^)/ 待った?

blank
奈月

全然です!行きましょう♪

プロフィールの写真通りの顔の男性が現れてホッとする私。
感じも良い。

blank
良輝さん

お休み被って良かった。
普段は土日休みなんだけど、今回は休みがずれたんだよね。

blank
奈月

本当良かったです♪
実は私もなんです!

blank
良輝さん

そうだったんだ!てか、敬語じゃなくていいよ~

blank
奈月

あ、はい、わかりましたっ!

blank
良輝さん

しばらく敬語抜けなさそうだね(笑)

メッセージの段階ではすごくまじめでかっちりした人なのかな、と思ったが、実際はとても気さくに接してくれる人のようだ。
おまけに5歳くらい若く見える容姿。
あまり私と変わらない若さを感じた。

blank
良輝さん

腹減った……今朝から何も食ってない

blank
奈月

なんで!??

blank
良輝さん

休日は朝昼抜いて夜に大量に食うのが好きだからさ

 

blank
奈月

謎!!

 

笑った。

面白い人だなぁ。
こういうユニークな人、私の職場にいないなぁ……。

かなり興味が湧いた。

あんな人は忘れてしまえ

私たちは焼き鳥屋さんに行って、一緒に夕食をとることにした。

blank

blank
良輝さん

これも……あ、これも頼んでいい?好きなんだよね~

blank
奈月

いいよ!よく食べるね~

blank
良輝さん

そうかな~

 

元彼はあまり食べない人で、一人前の食事を半分残すことがよくあった。
それだけに、良輝さんの食べっぷりは新鮮に映る。

blank
良輝さん

これ食べてみて!

blank
奈月

ありがとう、いただきます♪
あ、美味しい♡

blank
良輝さん

でしょ?それ、ここで一番好きなメニュー

blank
奈月

焼き鳥じゃないメニューが一番好きなのね(笑)

 

甘いカクテルをすすりながら頷く良輝さん。
それを見た私は思わず笑みがこぼれる。

入っていた大学のサークルはいわゆる飲みサーで、飲み会では罰ゲームとして日本酒をバカみたいに呷るのが好きな連中だった。

そのせいか、お酒を覚えたての女子大生が飲むようなものばかり飲んでいる男性は見たことがない。

blank
良輝さん

飲み物のチョイスが女子大生かって思ったでしょ?

図星。

blank
良輝さん

話変わるけど、そもそもなんで前の彼氏と別れちゃったの?

blank
奈月

別れたくなかったんだけど、一方的に連絡を切られちゃって……。

blank
良輝さん

あーわかる。そうでもしないと奈月は必死に引き留めてきそうだもんな(笑)

 

さりげなくグサッとくる一言を発してきた。
しかも会ったばかりなのにもう呼び捨てにしている。

blank
良輝さん

ま、そいつは酷かったね。ちゃんと別れたい理由くらい伝えてくれればよかったのにね。

blank
奈月

彼は優しすぎるから……。

blank
良輝さん

それって優しいの?逆にクズじゃない?奈月のこと軽くみてたんだと思う

blank
奈月

……。

blank
良輝さん

あれ、凹んだ?

blank
奈月

確かにそうかも。私は舐められてたんだ。
もうあんな人忘れるね。

 

やっぱり元彼のことは忘れなくちゃ。

それにしても、良輝さんは元彼と全然違う。
物言いはかなりストレートだし、正論を容赦なくぶつけてくる。
ポジティブに考えれば、本音を包み隠す人に比べれば遥かに信用できるタイプの人なのかもしれない。

blank
良輝さん

でも、別に無理して忘れなくていいんだよ?

blank
奈月

大丈夫、無理はしてない!

 

きっと、彼は私があとあとどうなるかを見通していたのだろうなぁ。

blank

 元彼を忘れられていない自分に気づいてしまった

あれから私たちは趣味の話を楽しみ、2回目のデートを約束して別れた。
少しの年の差はあるものの、それを感じさせない馴染みようが心地よかったからまた会いたいと感じられた。

これを機に元彼を忘れられる、本気でそう信じていたのに……。

次へと進むのは簡単なことではない

待ち合わせて2回目のデート。
まだ2回しか会っていないとは思えないほどの打ち解けようだった。

blank
奈月

今日どうしよっか?

blank
良輝さん

まだ全然考えてなかった、歩きながら適当に決めよ!

 

私たちは駅前の大通りを歩いていた。
金曜の夜ということもあり、いつにも増して人通りが多かった。

サークルの飲み会で使った居酒屋が見える。
新歓飲みの時に初めて行き、そこで初めて元彼と直接話をしたのだ。

blank
元彼

大学どう?もう慣れた?

blank
奈月

授業きつくて大変だけど、頑張れてます!

blank
元彼

そっか。ところでどこの学科?

blank
奈月

法学科です!

blank
元彼

俺も。同じだね!試験の過去問ほしかったらいつでも言って♪

確かこんな会話をしたっけ。

blank
良輝さん

どうした?

blank
奈月

(ハッとして)あ、ついボーっとしちゃって……

いけない。
危うく感傷に浸るところだった。

blank
良輝さん

ここでいいかな?

 

連れてきてもらった和食屋さんの天ぷらは、本当に美味しかった。

blank

blank
奈月

美味しかった~。そういえばここ来るの初めて!

blank
良輝さん

そうなんだ、好きでよく行ってるよ(^^)

目の前の彼に集中しなければ、元彼のことを頭から追い出せない。

やっと素直になれた

夕食を済ませ、2軒目にどこのお店に入ろうか悩みながら歩いていた。

blank
良輝さん

ラーメン食べたくなってきた!

blank
奈月

え、まだ食べるの……

blank
良輝さん

朝から食べてなかったし!

blank
奈月

今日も朝昼抜いたんだ……

 

この時、どこからか音楽が流れてきた。
元彼がよくドライブ中に流していた美しいバラードだ。

あの頃はただいい曲としか思っていなかったが、今となってはものすごくエモーショナルなメロディーに聴こえる。
心が激しく揺さぶられた気がした。

blank
良輝さん

おーい

blank
奈月

あ、ごめん……どうしたの?

blank
良輝さん

奈月、なんか今日元気なくない?

blank
奈月

大丈夫!

そういって笑ってみせるが、笑顔がひきつる。

blank
良輝さん

ひきつってんぞ

blank
奈月

ぎゃっ

 

子どもみたいに、頬をつねって遊ばれている。

そういえば、あれは2年前のことだった。

blank
元彼

会うの久々だな~

blank
奈月

就職してから忙しかったもんね、仕方ないよ

 

元彼は、冷静に答える私の頬をつねって言葉を返す。

blank
元彼

素直に寂しかったって言えよ、大人ぶっちゃって~

blank
奈月

だってホントに仕方ないし!

blank
元彼

強がるな、素直に生きたほうが得だぞ~

心の中で何かが弾けた。

もう、強がるのは限界だった。

頬をつねられながら笑い泣きのようになる。

やがて、涙腺は緩み切って、大粒の涙がこぼれる。

blank
良輝さん

どうした?

blank
奈月

……。

 

これ以上涙がこぼれないように、ひたすら目頭に力を込めて黙り込んだ。
そんな私を見てか、人気のない公園のほうへ方向を変えてくれた。

blank
奈月

……。

公園にたどり着くまで、黙ったままでいた。

blank

公園のベンチに座ると、良輝さんが口を開いた。

blank
良輝さん

元彼のこと、思い出しちゃった?

ここで良輝さんの前で元彼のことで泣いていたら失礼な気がして、また強がって首を振る。

それでも彼はきいてくる。

blank
良輝さん

寂しいの?

強情な私は、また首を振った。

少し呆れた顔をした良輝さんは、小さなため息をついて、少し大きな声できいた。

blank
良輝さん

会いたいんでしょ?

 

ここで気づいた。良輝さんは私の強がりを見抜いている
だから、追い討ちをかけるように私の本当の気持ちをつついてきた。

言いたいんだ、「泣いてもいいんだよ」って。

私は頷く代わりにむせび泣いた。

しかし、私はもう寂しくない。
涙が止まるまで頭を撫でていてくれる人が隣にいたから。

前に進むために彼が教えてくれたこと

5分くらい泣き続けて、やっと涙が止まった。

blank
奈月

ごめんね……。

blank
良輝さん

大丈夫だよ

blank
奈月

ありがとう……

赤の他人のことで目の前で泣かれるのは、あまりいい気はしないに決まっている。
罪悪感でいっぱいになった。

blank
良輝さん

やっと素直になってくれたじゃん

blank
奈月

うまく誘導されたから。

blank
良輝さん

おまえ……せっかく慰めたのに何それ!(笑)

良輝さんが半ば乱暴に私の頭をクシャっとした。
私は構わず続ける。

blank
奈月

「現実の自分と向き合え!」って言われてる気がして。
私はいつも「自分は大丈夫」って思っていても弱くて、そんなところを全力で隠しちゃう。
でも、それは間違ってるって改めて気づいたんだ。

blank
良輝さん

間違ってはいないよ。
だって、素直になるって難しいじゃない?
それでもいつか冷静に自分を見つめられるようになる時が来るから。

前に進むのは、焦らず自分のペースで良いんだ。
早く過去を忘れる必要はない。

そのことに気づいて初めて前に進む準備が始まるのかもしれない。

blank
良輝さん

話ならいつでも聞くよ、こんな俺でよければ!

blank
奈月

ありがとう、それでいっぱい毒吐いてくれると嬉しい!

blank
良輝さん

皮肉言ってるのか?(笑)
正直な意見言ってるだけで、毒吐いてるわけじゃないからな~

ようやく重たい何かから解放された気がして、久しぶりに晴れやかな気持ちになった。

そして、7月が終わりを迎えつつある今日、やっと新しい恋を始める覚悟ができた。
いや、違う。次の恋は、アプリに登録した時からもう始まっている。

blank

おわりに

過去の恋を忘れられずに苦しんでいる人は、男女問わず多い。

しかし、過去の痛みは時が解決してくれる場合がほとんどのような気がする。
私のように気持ちの切り替えが遅い人でも、ずっと苦しみ続けるわけではないので、焦る必要はないと思う。

それでも、マッチングアプリは次の恋に進むためのきっかけを作ってくれることだろう。未練に苦しむのがもう嫌だという人は、試しに登録することをおすすめしたい。

Omiaiは、運営による監視が厳しいので、真剣に相手を探したい人に特におすすめ
マッチングアプリに初めて登録する人は、まず1番にOmiaiをダウンロードしてみても良いと思う。

より詳しくOmiaiについて知りたい方は下の記事へ!
↓↓↓

Omiai(オミアイ)完全解説ガイド

素敵なパートナー探しは「Omiai」で!
blank
Omiai公式ホームページ

複数アプリのダウンロードがオススメ!

いい人とマッチングしない!なんて悩んでる方。もしかしたらマッチングしてるお相手が少ないのかも・・・?

マッチアップでは複数のマッチングアプリ の使用を推奨しています。

家にいながらでも複数人とメッセージのやりとりができるのはマッチングアプリのいいところ!

世の中には何十種類もマッチングアプリ がありますが、その中でも厳選した優良マッチングアプリ をまとめて「マッチアップパック」にしました。

下記の4つのマッチングアプリ をまずはダウンロードしてください。

女性はどれも無料で使えるのでオススメです!

厳選!マッチアップパック

今のアプリが合わない・どのマッチングアプリするか迷ったらは比較表とフローチャートで診断!

 

Omiai(オミアイ)Omiai(オミアイ)に登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
blank
虫眼鏡サイト内記事検索
タグから探す
マッチングアプリ一覧