TOP > Pairsエンゲージ(ペアーズエンゲージ) > 記事
Pairsエンゲージ(ペアーズエンゲージ)
pairsエンゲージ(ペアーズエンゲージ)
分析まとめ & 関連記事一覧
マッチングアプリ情報

Pairsエンゲージの入会に必要な5つの書類の取り方を解説!「独身証明書・年収証明書・本人確認書類・学歴証明書・国家資格証明書」とは?

タグ攻略

Pairsエンゲージ(ペアーズエンゲージ)


  • Pairsエンゲージでは「本人確認書類」、「独身証明書」、「年収証明書」の提出が必須!
  • Pairsエンゲージで短大/専門卒/高専卒以上の学歴を選択する場合は「学歴証明書」の提出が必要
  • Pairsエンゲージで職業が医師、弁護士、公認会計士、税理士、歯科医師の場合は「国家資格証明書」が必要

こんにちは、マッチアップ編集部です。
Pairsエンゲージとは、ペアーズが新しくリリースした婚活向けサービスで8月からサービス開始予定で、現在は事前登録中です。

今回は、Pairsエンゲージ(ペアーズエンゲージ)に入会するために必要な書類5つについて解説していきたいと思います。
Pairsエンゲージに入会したいけど、

男性

入会するときに必要な書類って?

女性

独身証明書の取り方が分からない!

という方のために、今回は各種書類の取得方法まで丁寧に解説していますのでご安心ください!

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる12個のマッチングアプリ比較表・フローチャート

Pairsエンゲージが一目でわかる完全ガイド集!

Pairsエンゲージの登録前の初心者向けガイド

・Pairsエンゲージの登録に必要な書類の取得方法について
・Pairsエンゲージの料金について

Pairsエンゲージの特有機能

・Pairsエンゲージのカップリングとは?

Pairsエンゲージのマッチングしない人向けのガイド

・Pairsエンゲージの男女別プロフィール写真のコツ

Pairsエンゲージのサクラ・要注意人物情報

・Pairsエンゲージのサクラ・要注意人物について

Pairsエンゲージに入会するための必要書類5つ!

Pairsエンゲージでは、結婚詐欺や経歴詐称をさせないために様々な証明書を提出させて厳しい審査を行い、会員の質を高い水準に保っています。
そのため、下記の5つの書類が必要です。

・本人確認書類(必須)
・独身証明書(必須)
・年収証明書(必須)
・学歴証明書(一部の学歴のみ提出。)
・国家資格証明書(一部の職業のみ提出。)
この5つの中で、「本人確認書類」、「独身証明書」、「年収証明書」の3つPairsエンゲージに登録するために必須です。
人によっては「学歴証明書」と「国家資格証明書」も必要になります。
「本人確認書類」はパスポートや運転免許証など普段からよく使うので馴染みあるものだと思います。
しかし、「独身証明書」や「年収証明書」「学歴証明書」、「国家資格証明書」は聞きなれないですし、取得方法も分からないですよね。
次から、Pairsエンゲージで必要な各種書類の取得方法について解説していきますので参考にしてみてください。

本人確認書類について

Pairsエンゲージで有効な本人確認書類は、顔写真付きの証明書です。
以下の5つの証明書のうちのどれかを提出して下さい。

・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカー
・写真付住民基本台帳カード
・在留カード
他人の証明書を使用する「なりすまし」防止のため、証明書全体を写した画像を提出することが必要です。
一部でも隠れている場合、情報が読み取れない場合、証明書類が破損している場合は本人確認書類として認められません。

独身証明書の取得方法

「独身証明書」とは、法的に独身であることを証明する書類のことです。
独身証明書の取得方法は、「役所での申請・手渡し」と「郵送での申請・手渡し」の2つの取得方法があります。

まず、役所で取得する方法から説明します。
独身証明書は現住所を管轄している役所で取得するのではなく、本籍地のある役所で取得します。

本籍地とは
本籍地とは戸籍を保管する役所(市区町村)がある場所のこと。
つまり、あなたの戸籍が置いてある場所が、あなたの本籍地となります。
本籍地の確認方法
本籍地がわからない人は、まず両親に聞いてみてください!
それでもわからなかった人は、本籍地を記載した住民票の写しを取得することで確認することができます。

「独身証明書」を申請する際は役所の担当者に「結婚相談所への提出するため」と伝えれば、発行がスムーズです。

本籍地が遠方にあって取りに行くのが難しいという人は、郵送で手続きを行い取り寄せることができます。

郵送による取得には次の書類が必要です。

①独身証明書申請書
本籍地の自治体HPを見てください。
そこに、独身証明書だけではなく各種証明書の郵送請求のページがあるので申請書をダウンロードすることができます。

②本人確認書類のコピー
運転免許証、マイナンバーカードなど

③独身証明書の発行手数料(定額小為替)
発行手数料が300円なので、郵送の場合は300円分の定額小為替を準備してください。

④返送用封筒
返送用封筒に80円切手を貼り、氏名・現住所を記載して同封してください。

4つの書類をそろえて本籍のある役所へ送ると、1週間程で独身証明書が家に届きます。

年収証明書の取得方法

「年収証明書」とはその名の通り1年間の収入を示す証明書のことです。
公的に「年収証明書」という名称の書類はありませんので、年収の証明ができる書類を提出します。
「年収証明書」は以下の3つの書類のどれかを提出して下さい。

・源泉徴収
・課税証明書(所得証明書)
・確定申告書の控え

・源泉徴収票
会社員・公務員の人であれば、基本的に「源泉徴収票」を提出すればOKです。
「源泉徴収票」は基本的にどの会社も、年末に給与明細と併せて発行されます。
無くしてしまった場合は、人事部などに申請すれば再発行してもらえるでしょう。

・課税証明書
課税証明書は地方自治体などに発行請求することで手に入れられます。
発行請求するためには、各自治体の「課税証明等請求書」(自治体によって名称が変わる場合があります)と、運転免許証やマイナンバーカードなどの身分証明書、印鑑の用意が必要です。

・確定申告書の控え
確定申告書の控えは、地方自治体などに請求することで入手することができます。

収入証明書は毎年更新する必要があり、更新を確認できない場合、お相手が紹介されないので必ず提出するようにして下さい。
ここまで紹介してきた、「本人確認書類」、「独身証明書」、「年収証明書」はPairsエンゲージに登録するために必須の書類です。
次から紹介する「学歴証明書」と「国家資格証明書」はプロフィールに学歴や職業を登録する都合上、人によって必要となる書類です。

学歴証明書の取得方法

学歴証明書は短大/専門卒/高専卒以上の学歴を選択された場合、提出が必要となります。

有効な学歴証明書
・卒業証明書
・卒業証書

卒業証明書は自分が卒業した学校で発行してもらえます。
郵送の対応も学校によっては可能ですので、学校の窓口に相談してください。

国家資格証明書の取得方法

医師、弁護士、公認会計士、税理士、歯科医師の場合は提出が必要となります。

国家資格を証明している証明書を提出すると、職業がプロフィールに反映されます。

まとめ

Pairsエンゲージで必要な書類は下記の5つでした。

ポイント
・本人確認書類(必須)
・独身証明書(必須)
・年収証明書(必須)
・学歴証明書(一部の学歴のみ提出。)
・国家資格証明書(一部の職業のみ提出。)
「本人確認書類」と「独身証明書」、
「年収証明書」の3つは提出が必須になるので必ず用意しておいて下さい。
証明書によっては申請から発行までに1~2週間かかる書類もあるため、Pairsエンゲージで婚活しようと思い立ったらすぐに準備を始めるのがオススメです。
「独身証明書」と「年収証明書」は用意するのが少し面倒ですが、提出書類が多いということはそれだけ信用のおけるサービスだということが言えます。
必要書類をしっかりと準備して、素敵な出会いを見つけてくださいね♪

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる12個のマッチングアプリ比較表・フローチャート

Pairsエンゲージ(ペアーズエンゲージ)Pairsエンゲージ(ペアーズエンゲージ)に登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
× ログイン
アカウントをお持ちで無い方は新規登録へ Facebookでログイン Twitterでログイン または
パスワードをお忘れの方はこちら

× 新規登録
既にアカウントをお持ちの方はログインへ
  • 会員限定記事が読み放題
  • マッチングアプリの恋活・婚活のノウハウがつまった資料を無料でダウンロードできる
  • マッチングアプリ各種のお得な最新情報を受け取れる
  • ラブホの上野さんはじめ恋愛のプロに相談できる
  • または
    利用開始をもって《利用規約》《個人情報保護方針》に同意したものとみなします。