TOP > ペアーズエンゲージ > ペアーズエンゲージ(Pairs engage)でいいねが貰えてマッチングするモテ写真はこれ!
ペアーズエンゲージ
pairsエンゲージ(ペアーズエンゲージ)
分析まとめ & 関連記事一覧
マッチングアプリ情報

ペアーズエンゲージ(Pairs engage)でいいねが貰えてマッチングするモテ写真はこれ!

タグ写真, 女性向け, 男性向け

ペアーズエンゲージ


「ペアーズエンゲージを始めるから良い人とマッチングしたい!」
「ペアーズエンゲージのプロフィール写真は、どんな写真がいいのかな?」
「プロフィール写真を持っていないけど、どうすればいいんだろう」

ペアーズエンゲージに登録した、これから登録しようとしているけど、プロフィール写真でお悩みではないでしょうか。

実はペアーズエンゲージのようなオンライン結婚相談所では、プロフィールの写真がマッチングをする時に大きく表示されるので、とても重要になります。

この記事では、マッチングするにはどんな写真を載せるべきかや、写真の撮り方についてご紹介します。

ペアーズエンゲージダウンロード

9月27日まで3ヶ月・6ヶ月プランの料金が初回30%OFF!
※6ヶ月プランの場合は入会金も無料

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる12個のマッチングアプリ比較表・フローチャート

ペアーズエンゲージ(Pairs engage)でのプロフィールは写真が大事!

ペアーズエンゲージは、紹介された相手にいいね を送り、お互いにいいねが送られるとマッチングする仕組みです。

プロフィール写真が大きく表示されるので、マッチングを判断する大きな要素を占めます。

ペアーズエンゲージは真剣に結婚を目指す場なので、ここで良い印象を与えられないとプロフィールを細部まで見てもらえません。

結婚を強く意識した出会いの場なので、まず興味を持ってもらい、プロフィールを詳細に見てもらうことが大切です。
相手からいいねをもらいマッチングするには、好印象を与える写真を必ず載せるべきです。

ペアーズエンゲージ(Pairs engag)ではどんな写真を載せる?

写真のルールについて

ペアーズエンゲージは写真の審査がマッチングアプリと比べて、写真の審査が凄く厳しいです!

否認される写真
・顔の一部が隠れていたり、見切れているもの
・遠くから撮影されて、顔がわかりづらいもの
・下を向いているもの 複数の人物が写っているもの(体の一部が写り込んでいる場合でも否認されます。)
・帽子やサングラスを被っている
・不鮮明
・プリクラ
・画像加工ツールなどで加工された写真
・白黒やセピア
・わいせつ、またはそれを想起させうるもの

つまり、今までのマッチングアプリで承認されていた目線を外して少し遠目の写真、いわゆる雰囲気イケメンな写真は審査が通らない可能性が高いです。

また、加工もダメなので、やりすぎると審査が通らない可能性があります。
軽くなら大丈夫とのことでした。

そして、2枚目以降のサブ写真にも適用されるとのことです。


つまり、サブ写真でスポーツや料理をしている写真も、顔がわかりづらい場合は否認される可能性があります。

顔がはっきりわかる写真

ということでルールに従い、全ての写真で顔がはっきりわかる写真をアップしましょう。

出会いの場において、見た目の印象が大事です。

イケメン・美女である必要はないのですが、清潔感のあり安心感がある写真を選びましょう。

もし良い写真が無い場合は、カメラマンを取ってもらうのがおすすめです。
女性の人は自撮りでも大丈夫ですが、男性の自撮りはNGです

また、写真撮影の際は、髪型や服装が印象に大きな影響を与えるので、美容院に行って、ジャケットやワンピースなど、オシャレな格好をしていくと良いですね。

笑顔の写真

日本はネットでの出会いに不安がある人が多く、特に女性は安心感がある相手を探しているので、笑顔の写真で安心感を与えるのは凄く大切です。

男性は安心感よりも可愛さを重視しますが、「笑顔は七難隠す」とも言われる通り、欠点をカバーしてくれて可愛く見えます。
綺麗な人でも笑っていないと冷たい印象になってしまい、いいね押しにくいものです。

一番多くの人に見てもらうメイン写真は、歯を見せて楽しく笑っているものにしましょう。

体型がわかる写真

お相手が太っているか、痩せているかは結構気になる要素です。
会ってみたら、思っていた体型と違うというのを恐れていますので、体型のわかる写真を載せて安心させてあげましょう。

おしゃれな人は、インスタみたいな全身のスナップ写真を載せると体型と雰囲気も伝わるので一石二鳥です。

趣味を楽しんでいる時の写真

自分の趣味を伝える写真もおすすめです。

旅行や趣味を楽しんでたり、スポーツしている写真などが良いのですが、顔がわかる大きさで
はないと審査が通らなくなるので注意して下さい。

写真の加工は少しだけやりましょう!

写真の加工は多少であれば、OKです。
加工は女性がするもの…と思いがちですが、男性でも顔を小さくしたり、鼻をスッキリさせると好印象となります。

写真の加工はやった方が印象が良くなりますので、やりましょう。
女性が化粧するのと同じ感覚といえます。

但し、化粧と同様にやりすぎはNGです。宇宙人みたいに目を大きくして、あごを削ると違和感が出てしまい、審査で落とされます。

 

ペアーズエンゲージダウンロード

9月27日まで3ヶ月・6ヶ月プランの料金が初回30%OFF!
※6ヶ月プランの場合は入会金も無料

ペアーズエンゲージ(Pairs engage)の写真NG例

トイレで撮影

なんでトイレで撮るんだ!と突っ込みたくなりますが、オシャレな場所に行かない男性にとってオフィスやデパートのトイレは「周りに人がいない」「白い壁で清潔感がありそう」「鏡がある」「手軽に行ける」「照明が明るい」と写真を撮りやすい環境なのです。

とはいえ、何でトイレで自撮りしてるの?ってなり、女性には好印象は与えませんのでやめましょう。

証明写真

顔がはっきりわかる写真といっても、証明写真のような真正面の表情がない写真は近寄りがたい印象を与えてしまいます。

写真を持っていないと、ついつい証明写真を使ってしまいがちですがやめましょう。

自撮りでキメ顔

男性の場合「キメて何枚も写真撮って一番かっこよく撮れたのを使っているんだろうな」と思わせる自撮り写真は好き嫌いがわかれます。
どんなイケメンでも他撮り>自撮りということは意識しておいて下さい。

顔近すぎ女子

色々隠したい部分があって、こんな風にアップで載せる人もいますが、審査に通りません。

SNOW(スノー)はNG

SNOWはダメと回答を公式からいただきました!

サブ写真なし

写真が1枚だけだと、奇跡の一枚と思われて警戒されます。

また、会った時に違うと思われるとお互いに時間の無駄なので、3枚程度雰囲気のわかる写真を載せましょう。

まとめ

ペアーズエンゲージでいいねが貰えてマッチングするモテ写真は以下の通り。

マッチングするモテ写真
・顔がはっきりわかる
・笑顔
・体型がわかる
・趣味を楽しんでいる写真
・写真の加工はOKだけど、やりすぎとSNOW(スノー)はNG

良い写真を選べば、マッチング出来るようになります!

たくさんマッチングして、素晴らしい出会いをみつけましょう!

ペアーズエンゲージダウンロード

9月27日まで3ヶ月・6ヶ月プランの料金が初回30%OFF!
※6ヶ月プランの場合は入会金も無料

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる12個のマッチングアプリ比較表・フローチャート

ペアーズエンゲージが一目でわかる完全ガイド集!

ペアーズエンゲージの登録前の初心者向けガイド

登録方法について
登録に必要な書類の取得方法について
料金について
口コミ・評判について
運営会社CEOのインタビュー
口コミ・体験談

ペアーズエンゲージの特有機能

ファーストコンタクトについて
異性の紹介仕組みについて
カップリングとは?
真剣交際とは?
コンシェルジュについて
ペアーズエンゲージ(Pairs engage)の成婚退会について

ペアーズエンゲージのマッチングしない人向けのガイド

男女別プロフィール写真のコツ

ペアーズエンゲージのサクラ・要注意人物情報

サクラ・要注意人物について

ペアーズエンゲージペアーズエンゲージに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
虫眼鏡サイト内記事検索
タグから探す
マッチングアプリ一覧
× ログイン
アカウントをお持ちで無い方は新規登録へ Facebookでログイン Twitterでログイン または
パスワードをお忘れの方はこちら

× 新規登録
既にアカウントをお持ちの方はログインへ
  • 会員限定記事が読み放題
  • マッチングアプリの恋活・婚活のノウハウがつまった資料を無料でダウンロードできる
  • マッチングアプリ各種のお得な最新情報を受け取れる
  • ラブホの上野さんはじめ恋愛のプロに相談できる
  • または
    利用開始をもって《利用規約》《個人情報保護方針》に同意したものとみなします。