TOP > タップル誕生 > 記事
タップル誕生
タップル誕生
マッチング率No1.直感型マッチングアプリ!
ゲーム感覚で楽しくマッチング

タップル誕生 VS ペアーズ(Pairs)!人気マッチングアプリを徹底比較!

タグ料金, 機能, 比較, 女性向け

タップル誕生


  • 20代で気軽に出会いたい男女にはタップル誕生がおすすめ!
  • 恋活・婚活目的で、条件絞って選びたいならペアーズがおすすめ!
  • 料金はペアーズの方が420円安い!

こんにちは、マッチアップ編集部です。

最近マッチングアプリを始めてみた!

マッチングアプリを使ってみたい!

と思っているみなさん。

女性

タップル誕生とペアーズ、実際どっちのほうがいいの?

と疑問に思ったことありませんか?

今回はそんな疑問を解決すべく、タップル誕生とペアーズを徹底比較してみました!

2大人気マッチングアプリのタップル誕生とペアーズ、どちらを使おうか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる13個のマッチングアプリ比較表・フローチャート

タップルとペアーズの違い!比較表

まずは、こちらの比較表をご覧ください。

タップル誕生とペアーズの違いが一目でわかると思います。

タップル誕生  ペアーズ
 料金 3,900円/月 3,480円/月
会員数 400万人 362万人
 男女比 6:4 7:3
 年齢層 20代前半~
20代後半
20代~30代
 マッチング
方法
 スワイプ方式 検索方式
目的  気軽な
出会い探し
 真面目な
恋人探し

(2019年2月時点)
※タップル誕生とペアーズの女性の料金は、どちらも月額料金は無料となっています。

次に、タップル誕生とペアーズの特徴について説明していきます。

タップル誕生

タップル誕生はサイバーエージェントが運営している、「趣味でつながる」をコンセプトにしたマッチングアプリです。

グルメや映画、スポーツ観戦など、同じ趣味を持つ人を中心に、お相手を探すことができます。
簡単な検索条件の設定後、自分と同じ趣味を持つ異性の写真を「いいかも!」か「イマイチ・・・」にスワイプするだけ、というシンプルな操作が大きな特徴です。

写真を見て直感的に好きか嫌いかを判断できるので、年代層は若めになっています。

また、料金も安く比較的カジュアルに出会えるので、婚活よりも恋活向けです。

次に、タップル誕生によくいる女性と男性をイラストとともに紹介します。

女性像


コミュ力高そうな、イマドキ女子大生が多いです。

女子大生と出会いたい人はタップル一択だと思います!

男性像


大学生・アパレル・IT系が多くいます。
どちらかというと、カジュアルな出会いや女友達を探している人が多いです。

タップル誕生ダウンロード

ペアーズ(Pairs)

ペアーズは株式会社エウレカが運営する、登録会員数360万人を誇るマッチングアプリです。

年齢や職業、居住地など細かな条件を絞って好みのお相手とマッチングすることができます。

また、ペアーズ最大の特徴は、コミュニティの数の多さです。

約9万種類ものコミュニティがあるので、必ず気の合う会員を探し出せるといっても過言ではありません。
条件を細かく絞って、より自分好みのお相手と出会いたい方は、ペアーズをダウンロードしてみてください!

次に、ペアーズによくいる女性と男性をイラストとともに紹介します。

女性像


雰囲気は女子アナ風の清楚系

婚活女性も多く登録しているので、キレイ目のアラサー女性と出会いたいという人にもおすすめです!

男性像


真面目に恋人を探している人や、婚活している誠実な男性が多いです。

職業別では会社員がダントツで多く、たまに商社マンや広告のハイスペ男性とも出会えます。

ペアーズ(Pairs)ダウンロード

料金はペアーズ(Pairs)のほうがお得!

1ヶ月の料金で比べると、タップル誕生が3,900円、ペアーズが3,480円なのでペアーズの方が420円ほど安いです。

タップル誕生とペアーズの有料会員と無料会員できることを一覧でまとめてみました。

 

タップル
無料会員
タップル
有料会員
ペアーズ
無料会員
ペアーズ
有料会員
検索機能
(年齢・居住地
のみ)
いいかも/
いいね送信
メッセージ
を開封
× ×
メッセージ
を送る
×
(1通目
まで)

比較してみると、ペアーズの方が無料会員でもできることが若干多いです。

しかし、どちらを使うにしてもメッセージのやり取りをするには課金することが必要です。

そのため、課金するタイミングは好みの女の子とマッチングした時がベストでしょう!

ちなみに、女性の場合はタップル誕生もペアーズも月額料金が完全無料です。

女性の有料オプションもありますが、ほとんどの機能が無料で使えるので無理に課金する必要はありません。

タップル誕生とペアーズの料金プランについてより詳しく知りたい方は、下記の記事も参考にしてみてください!
↓↓↓

年齢層はタップル誕生のほうが偏りあり!

次に、年齢層で比較してみると、タップル誕生のほうが若い年代に偏っています。

特に女性は、20代前半が55%も占めています。

【タップル誕生年代別(女性)】

 

次に男性です。

【タップル誕生年代別(男性)】

 

男性のほうも20代が69%も占めていました。

2つのグラフから、タップル誕生は20代の男女や学生が出会いやすいと言えます。

ペアーズの年齢層はどうなっているのでしょうか。

【ペアーズ年代別(女性)】

 


タップル誕生と比べると、年齢層は幅広くアラサー女性が一番多いです。

【ペアーズ年代別(男性)】


男性も女性と同じように年齢層が幅広く、40代以上も3割いました。

ペアーズは男女とも年齢層が20代~40代と幅広いので、恋活だけではなく婚活にもおすすめです。

気軽なマッチングならタップル誕生、真面目な恋人探しならペアーズ(Pairs)!

次に、タップル誕生とペアーズのマッチング方法を比較していきます。

タップル誕生はスワイプ形式


タップル誕生は、趣味や好みのカテゴリに入り、スワイプ画面に出てきた異性を「いいかも」か「イマイチ」で振り分けていきます。

メイン写真が画面の前面に出てくるので、写真重視で選ぶ人が多いですが、スワイプ形式なのでマッチング率は高めです。

「まずは会って話してみたい」という人が多いので、検索型よりは気軽に出会えます。

ペアーズ(Pairs)は検索型

ペアーズは25項目もの検索条件で絞ってお相手を探すことができます。


条件を細かく絞り、プロフィールもちゃんと読んでからじっくり決めるという人が多いです。

タップル誕生と比べると、会うまでに時間がかかるかもしれませんが、自分にピッタリなお相手と出会える可能性が高いです。

タップル誕生派の意見


それでは、タップル誕生派の人は、実際にどのような意見を持っているのでしょうか?

マッチアップ編集部から集めた口コミを紹介します。

女性 21歳 大学生

ペアーズと比べて若い人多いし、見た目に気遣ってたりオシャレな人も多い!

男性 22歳 大学生

タップルのほうが気軽に会える!
あと、お出かけ機能ですぐデート決まるのも良い!

「若い人が多い」「気軽に会える」という意見が多く、やはりタップル誕生は大学生に人気がありました!

ちなみに、タップル誕生のお出かけ機能とは、女性が掲示板に募集したデートの提案に対して男性がデートに立候補することができる機能です。

例えば、「#今日の夜空いてます」とタグ付けしている人にデートの立候補をすれば、数分で今夜のデートが決まります。

また、お出かけ機能には1対1のデートだけではなくグループデートもできるので、いきなり2人で会うことに抵抗がある人にもおすすめです!

お出かけ機能については、下記の記事でも解説しているので是非読んでみてください。
↓↓↓

ペアーズ(Pairs)派の意見

続いては、ペアーズ派の意見を紹介します。

女性22歳 大学生

ペアーズにいる男性はちゃんとプロフィール読んでくれている気がします。
メッセージも丁寧だし真剣な恋人探しに良いと思います!


男性 30代 会社員

タップルは若い女の子しかいないから、30代男性は全然マッチングできない!
なので30代男性にはアラサー女性の多いペアーズがおすすめです!

真面目な男性が多い」「アラサー女性と出会える」という意見でした!

ペアーズでは、恋活だけではなく婚活目的で使っている人もいます。

マッチアップ編集部では、実際に結婚した人たちにインタビューしているので、こちらもぜひ参考にしてみてください。
↓↓↓

まとめ

いかがでしたか?
今回は人気マッチングアプリ、タップル誕生とペアーズを徹底比較してみました。

20代の気軽に出会いたい男女はタップル誕生、それ以外の真面目な恋活・婚活目的の人たちはペアーズを使ってみてください!

ダウンロードはこちらからどうぞ。

タップル誕生ダウンロード
ペアーズ(Pairs)ダウンロード

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる13個のマッチングアプリ比較表・フローチャート

タップル誕生タップル誕生に登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です