TOP > ペアーズ > 投稿一覧 > 記事
Pairs(ペアーズ)
マッチングアプリの王道!
登録者数も多く初心者におすすめ
記事ページ

【体験談】ペアーズで恋活vol8〜26歳web系OLアヤカの場合〜

体験談, 女性向け

ペアーズ
最終更新:12/26(火)18:00


恋愛対象として男性と連絡を取り合うなんて、もうしばらく経験していない。

ペアーズに登録すると、多くの女性のそんな日常は一変する。

「年収1000万以上」で絞り込んでも画面に表示される何万人もの男性。

どんどん増えていく「いいね」と毎日のように送られてくるアプローチのメッセージに女としての価値を実感。

経営者、大手広告代理店、IT系上場企業、外資系エリート。

今日もペアーズでは、現実の日常では出会うはずのなかった男女が恋をする。

 


ペアーズ公式ホームページ


今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる10個のマッチングアプリ比較表・フローチャート

「とにかく早く、たくさんの男性と出会いたい」たどり着いたのはペアーズ



ペアーズ(Pairs)に登録したのは2か月前の秋。

26歳になり、仕事も落ち着き社内でも中堅層になってきた頃。結婚したいと思っていた同じweb業界の1年付き合った彼と別れたのがきっかけだった。

マッチングアプリ自体は約1年半前、ゼクシィ恋結びがはじまり。

当時彼氏がいなかった私はネットの広告を見て「面白そうだ」と、昔からの人より高めの好奇心でダウンロード。

元々インターネットで女友達を作ったりしていたのでネット上で出会うことには抵抗がなかった。

私にとってはネットもリアルもあまり関係なくて、「カフェでバイトをしていたのだが、その人がお客さんとして来てくれて、仲良くなって付き合った」のと変わらない。

ゼクシィ恋結びは彼氏が出来たタイミングで辞めてしまったが、数人とデートもした。

もう一度、マッチングアプリで結婚相手をきちんと探そう。

そう決心して早速Facebook広告で目にとまったOmiai(オミアイ)に登録。

Omiaiで恋活vol1~26歳web系OLアヤカの場合~

その後数人の男性と出会った私はOmiaiで飽き足らず、二大マッチングアプリとして有名なペアーズ(Pairs)をダウンロード。

とにかく、結婚するためにたくさんの男性と出会いたい。

そんな私は圧倒的ナンバーワンの会員数を誇るペアーズを避けては通れなかった。

プロフィール入力は、もう3つめのアプリとなると、良いのか悪いのか手馴れたもので、すらすら登録できる。

写真はOmiaiでも好評価な盛れている水着写真を使うと決めていた。

【26歳】という年齢を打ち込みながら、学生時代に友達とファミレスで「25歳までには社内恋愛して結婚したいよね」と笑いながら夢見て話していたことを思い出す。

登録後1週間は、ものすごい勢いで様々な男性からいいねが届く。

結局、月間1,400いいねを取得する人気会員となった。

 

忙しい経営者の突然の誘い



マッチングしたのは36歳の経営者。

若手ながら子会社を経営しているという。

プロフィール欄には、

「子供は大好きです。」

の文字。

そろそろ真剣な恋愛を求めていた私は、家庭的な包容力のある彼からのいいねを受け入れた。

出身地が同じ埼玉ということもあって意気投合。

地元トークで盛り上がる。

「アヤカさんがよければ、今度食事でもいかがですか?」

「いいですね。ぜひ行きたいです。」

「良かった。来週の木曜か金曜日はどうですか?」

「ごめんなさい。丁度予定が入っちゃっていて・・・。再来週なら空いてるのですが。」

「そうなんですね。僕は再来週は台湾に出張なんですよ。」

相手は経営者。結局空いている日が少なく、11月中は予定が合わなかった。

この人とのデートは無理かな・・・と思っていると、

「明日仕事が早く終わりそうなんだけど、空いてたりしませんか?」

とメッセージ。

私もちょうど何も予定がなく友人でも誘おうかと思っていた。

急遽前日にデートが決まる。

私は、仕事をバリバリこなしている男性に弱い。

だからいつでも誘いに乗ってくれる男性よりも、忙しそうな男性を好きになってしまう。

デート中に時計をチラチラ見られることは好きではないが、そういう男性に惹かれてしまうのだ。

完璧すぎるデートの裏は?



待ち合わせは18時、池袋。

少し垢抜けない印象が昔はあったが、久々に来た池袋はその印象はなくなった。

女性向けの商業施設が立ち並び、私の好奇心を掻き立てる。

そんなことを思いながら歩いていると彼らしき人物が。

仕事終わりの普通のサラリーマンとは少し違った雰囲気なのですぐに分かった。

スーツの着こなし方や、ブラウンのスーツとワインレッドのネクタイの色使いがおしゃれだ。

腕にはオメガの腕時計がさりげなくキラリと光る。

「初めまして、アヤカです。」

「初めまして、よく分かりましたね。」

そう言って彼はニコリと微笑む。

行動一つ一つに大人の余裕が垣間見える。

年齢が10ほど離れた男性とのデートは久しぶり。

私は改めて少し気を引き締めた。

突然のデートにも関わらず、彼はお店を予約してくれていた。

場所は六角 (ろっかく)という和食料理店。

穏やかな照明の落ち着いた雰囲気の綺麗な店内。

池袋にこんなお店もあるのか、と感心してしまった。

日本酒を注文して待っていると、店内には他に誰もいないことが判明。

「私たち以外に誰もお客さんいないですね。」

「実は今日、このお店が定休日だったみたいで。
僕が昨夜予約の電話をかけたら、特別に店をあけてくれたんだ。」

 

お店のオーナーの人脈があるのも経営者らしい。

私はお店のご厚意に感謝しながら、二人っきりの静かな空間を楽しむことにした。

魚料理を食べながら、仕事の話を楽しそうにする彼。

彼の会社は子会社で立ち上げて4年。現在は事業を拡大中なんだとか。

全てが新鮮で、話を聞くのが楽しかった。

お会計は私がお手洗いに行っている間に済まされていた。

ここまでのデートは完璧。

引っかかるのは、「完璧すぎること」だった。

 下心の見せ方は男の度量



「二軒目は浜松町でいいかな?」

「あ、はい。大丈夫ですよ。」

なんで浜松町なんだろうと思いながら彼の止めてくれたタクシーに言われるがまま乗り込む。

着いたのは駅から少し離れた住宅街の近くにある小さな居酒屋。

看板の文字は消えかけていて、なんというお店かは分からなかったが安心感のあるお店だった。

一軒目と比べてかなり庶民的なお店である。

このギャップも女性を落とすテクニックなのかなと思った。

二人でビールで乾杯。

少し酔いが回ってきたところで恋愛の話に。

彼氏じゃない人とデートしたり、好きでもない人と付き合ってみたり。

そんな私の話を彼は否定せずに、優しく聞いてくれた。

学生時代に遊んでいたといっても彼はポジティブに捉えてくれた。

「そういう経験って絶対大人になっていきてくるからね。むしろいろんな経験したほうがいいよね。」

と笑いながら受け止めてくれるのだ。


「話してくれてありがとう。」

と言ってのける彼は大物だ。

最高の気分になった。

 

「僕の家はここから歩いて5分くらいのところにあるんだよね。」

「そうなんですね。住みやすそうでいいところですね。」

なるほど、なぜ浜松町の理由が今更分かった。

2軒目は家の最寄駅をチョイスし、そのまま家で飲み直す流れだ。

誠実な印象が積み重なっただけに、タクシーで移動してまで家の近くの二軒目をチョイスした彼の丸見えの下心に興醒めしてしまう。

これからもっと仲良くしていければと思っていたのにな。

「今日はありがとうございました。ここから駅ってどう行けますかね?」

終電も近いので切り上げるように言った。

彼の顔が一瞬曇ったのを、私は見逃さなかった。


「僕が出すから、タクシーで帰りなよ。」

それでも言葉は最後まで優しい。

さすがに申し訳ないので電車で帰ると言い、お別れをした。

素敵な彼だったが、もう会うことはないだろう。

 

いままでの優しさが全て下心だと感じ、どこか虚しい気持ちになる。

少し遠くから電車の音が聞こえてくる。

それ以外は静か。

12月のツンとした寒さが私を襲う。

こんな帰り道は物思いに耽ってしまう。

誰かと出会うたびに本当の私を見てくれている人を、より強く探してしまう。

「誰か」ではなく、「私」を求めてくれる人を。

そんなことを考えながら人が行き交う駅に着く。

山手線に揺られ今日も煌びやかな東京のネオンを眺めている。

アヤカのOmiai体験談はこちら
Omiaiで恋活vol1~26歳web系OLアヤカの場合~

より詳しくペアーズについて知りたい方は下の記事へ!
↓↓↓

Pairs(ペアーズ)とは?攻略法・始め方・いいね・料金・評判・退会方法などを徹底解説!

素敵なパートナー探しはPairs(ペアーズ)で!

ペアーズ公式ホームページ

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる10個のマッチングアプリ比較表・フローチャート

ペアーズに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です
× ログイン
アカウントをお持ちで無い方は新規登録へ Facebookでログイン Twitterでログイン または
パスワードをお忘れの方はこちら

× 新規登録
既にアカウントをお持ちの方はログインへ
または
利用開始をもって《利用規約》《個人情報保護方針》に同意したものとみなします。