Q&A
恋愛インフルエンサーによるQ&A

【Q &A:byラブホの上野さん】特殊な趣味を持っていて、相性がいい人と付き合うことができません

タグQ&A

Q&A


質問:特殊な趣味を持っていて、相性がいいと思える人と付き合うことができません

上野さん、こんにちは。 いつもツイートやコラムの方、楽しく拝見させて頂いています!
この度は、自分の趣味についての悩みを聞いて頂きたく、相談させて頂きました。

私は特殊な趣味を持っており、これが周りに言えるようなものではないのです。
うっかりボロを出して周りから引かれるのでは、といつもビクビクして、会話への反応も不自然なものになってしまう時があります。
新年度からは新しい環境での生活が始まるので、尚更悩みが大きくなってきております。
また、その趣味を周りに言えないせいで、本当に相性がいいと思える人と付き合うことができません。

この状況を打破するためには、何らかのタイミングで趣味を打ち明けることが必要になってくると思うのですが、前述の通り、それができません。
以後、どうすればよいのでしょうか…… なにか良い対処法があれば教えて頂きたいです。
長々とすみません。 宜しくお願い致します。

回答:「受け入れる」は簡単。「一緒に楽しむ」は困難。

ご質問誠に有難う御座います。ラブホの上野で御座います。

特殊な趣味と一言で言っても、その度合いによって話は大きく異なります。

例えばご質問者様の「特殊な趣味」が「反社会的で法的に許されないもの」であった場合、決して満たされることは御座いません。
社会を変える革命を起こすか、運命を恨むしかないのです。

とは言え、ご質問文からしてそこまで深刻なものということはないでしょう。

人からはあまり受け入れられないものの、反社会的でも、法律違反でもない程度のものであると予想されます。

どちらを選ぶか

さて、例えば性格的にも大好きな異性が、たまたま趣味的にもぴったりであれば最高で御座いますが、世の中は残念ながらそこまで上手くは出来ていないでしょう。

極論を言えば、ご質問者様のように「特殊な趣味」を持つ方は次の2つからどちらかを選ばなくてはなりません。

1つ。性格的に大好きなものの、趣味が合わない方。

2つ。性格的には好きではないものの、趣味がぴったりの方。

もしもご質問者様が「異性に求めるものは何よりも趣味」ということでしたら2つ目のパターンをお選びになっても良いかと思いますが、そうではないのなら1つ目のパターンをお選びになった方が良いでしょう。

そうそう引かれない

例えばBL趣味。

この趣味が「打ち明けられない」とお悩みの女性は少なくありません。

確かに男性からすれば「男同士の恋愛を女性が楽しむ」というのはあまり理解できるものではないでしょう。

ですが、だからと言って「引かれるか」と言えばまた話は違います。

たかだかBL程度で別れ話になるほど引く男性はあまりおりません。
もちろん0だとは言いませんが極めて少数派であるのは間違いないでしょう。

しかし、現実問題として「BL」が原因で別れ話になる方が存在するのもまた事実。

これは「受け入れられる」ということのハードルが高いことが原因ではないかと思います。

引かれる>>>受け入れられる>>>大きな壁>>>一緒に楽しむ

例えばもしも私が彼女から「実は私はBLが好きなの!」と言われたとしても引くことは御座いません。

良い意味でも悪い意味でも「だから?」程度の話でしょう。

しかし、もしも「だから今度一緒にイベントに行こう!」と言われてしまったら、その要求に応えらるかは自信が御座いません

「受け入れる」と「一緒に楽しむ」には大きな差があるのです。

別にBL好きだろうと、もっと特殊な趣味であろうとも、そのこと自体でその人のことを嫌いになったりは致しません。
「受け入れる」というのは「自分と相手は違う」ということを「受け入れる」という意味なのです。

しかし「一緒に楽しむ」まで来ると話は別でしょう。

「受け入れる」が「相手と違うことを認める」という意味であるのなら、「一緒に楽しむ」は「相手と同じになる」ということなのです。

例えばイギリスが英語を使っていることは日本人なら誰もが知る事実であり、そのことに対して文句を言う人など見たことが御座いません。これが「受け入れる」ということで御座います。

しかし、イギリスが何を思ったか「日本人も英語を使え!」と言い出したら、ほとんどの方が反発をすることでしょう。
これが「相手と同じになる」ということ。
これを要求されてしまったら、大抵の方は関係を破綻させるしかありません。

ご質問者様の趣味がどのようなものかは分かりません。

ですがどのような趣味であったとしても、それが法的に問題ないものであれば付き合ってから話しても引かれることはあまりないでしょう。

「趣味を受け入れてくれる人と付き合いたい」というお望みであれば、それを解決することはそこまで難しいことでは御座いません。

 

ラブホの上野さんの記事一覧はこちらから。

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
虫眼鏡サイト内記事検索
タグから探す
マッチングアプリ一覧