Q&A
恋愛インフルエンサーによるQ&A

【Q &A:byラブホの上野さん】彼氏の中から元カノの存在を消したいんです…。

タグQ&A, 悩み

Q&A


質問:彼の中から元カノの存在を追い出せますか。

付き合っているカレがいまだに元カノ離れが出来ていない気がします。

デート中も、前の彼女はこうだったとか、いちいち比較してきます。

どうしたら、彼の中から元カノの存在を追い出せますか?

<20代/女性/サービス>

回答:元カノの存在は「モノサシ」

ご質問誠に有難う御座います。ラブホの上野で御座います。

例えば「彼女の手料理」と「人間的に大嫌いな女性シェフが作った手料理」のどちらが美味しいかと聞かれれば、
男性は口に出すか出さないかは別にして「人間的に大嫌いな女性シェフが作った手料理」のほうが美味しいと感じることの多い生き物で御座います。

女性は良くも悪くも総合的に物事を判断してしまうので、たとえ料理が美味しくても人間的に大嫌いな人が調理したと知ると、それを評価基準に入れてしまいがちなのです。

もちろん「私はあいつの人間性が嫌いだから不味いと判断しました」なんていうことを言いません。

と言うより、作った人のことが嫌いだと本当に不味く感じてしまうのです。

一方で男性は女性と違い2つのことを同時に処理ができません。

そのため極端に言えば食べているときにシェフの名前に想いを馳せることが出来ないのです。

もちろん全く出来ないわけではないのですが、シェフの名前が味覚に与える影響が少ないと言えるでしょう。

このように書くと差別的な表現に見えるかも知れませんが、逆で考えると納得しやすいのではないでしょうか?

例えば雰囲気の良いお店で食事をすると、料理まで美味しく感じることと思いますが、この影響が大きいのは女性でしょう。

男性は雰囲気と料理を別々に判断する傾向があるので、たとえ雰囲気が良くても女性ほど幸福度は上がりません。

これはどちらが良い悪いの問題ではなく、性差による物の考え方の違いで御座います。

男性は個別評価で、女性は総合評価。

この違いがあることを理解していないと、今回のご質問者様のような悩みを抱え兼ねませんので注意をしなければなりません。

男性は人の能力を判断するときにそれぞれの能力で判断を下します。

つまり「料理能力ランキングでは元カノのAちゃんが1位で、顔が一番可愛いのは元々カノのBちゃん、でも一番好きな女の子は今の彼女のCちゃん」というような視点で世界を捉えているのです。

一方で女性は、特にその男性との関係が良好な場合は、彼氏が「総合ランキング1位」になってしまい、ほぼ全てのランキングで彼氏を1位にしてしまう傾向が御座います。

もちろん「50m走」のような結果が数字として具体的に出るようなランキングであれば、どれだけ好意があっても彼氏を1位にしたりはしませんが、「どっちの方がカッコいいか」「どっちの方が優しいか」「どっちの習慣の方が魅力的か」というような抽象的なランキングでは全て「元彼<今彼」にしてしまう傾向があると言えるでしょう。

このように男女では考え方に差が御座います。

このこと自体は大した問題では御座いませんが、お互いがお互いに「相手も自分と同じ価値観をしている」と勘違いをしてしまったらそれは大きなトラブルを生みかねません。

おそらく今回の彼氏様にとって、元カノの存在は「モノサシ」のようなものでしょう。

デート中の特定の振る舞いに関しての能力を元カノとご質問者様で比較して、”その点に関して言えば”どっちの方が上かという判断を下しているだけなのです。

しかし女性は「好意」と「ランキングの順位」が極めて密接に関連し合います。

つまり例え取るに足らないような内容のランキングであったとしても、そのランキングで元カノに負けるということは、好意でも負けていると感じてしまうのです。

男性は個別評価の生き物です。

1つ1つのランキングでの順位は好意ランキングとあまり相関が御座いません。

そのことをどうかご理解くださいませ。

そもそも、もしも元カノに未練があり復縁を考えている場合、少なくとも私であれば、彼女の前で決して元カノの話はしないことでしょう。

そんな話をすれば、いざ復縁を画策したときに今カノが邪魔をしてくるのが目に見えているではありませんか。

**
今なら、ラブホの上野さんへの悩み相談を募集中☆ こちらの質問フォームからどうぞ!
↓↓↓
恋愛インフルエンサー質問フォームへ

ラブホの上野さんの記事一覧はこちらから。

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる10個のマッチングアプリ比較表・フローチャート

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
虫眼鏡サイト内記事検索
タグから探す
マッチングアプリ一覧