トルテ※サービス終了
トルテ
レディーファーストの恋アプリ。
女性からはじまる恋愛・結婚マッチングアプリ

クチコミ機能搭載!女性主導の出会いアプリTorte(トルテ)とは?登録・会員数・料金などを徹底解説!

タグ攻略, 料金, 登録

トルテ※サービス終了


※「Torte(トルテ)」はサービス終了しました

2017年8月28日に女性から始まる恋アプリ「torte(トルテ)」がリリースされました。

従来のマッチングアプリにはなかった「クチコミ」機能を導入し話題となっていますが、一体どんなマッチングアプリなのか見ていきましょう。

blank

Torte(トルテ)とは?

blank

【どんなアプリ? 】

株式会社サイバーエージェントの子会社である株式会社トルテが提供する新マッチングアプリです。

コンセプトは「女性からはじめる恋アプリ」であり、真剣に恋人を探している20代女性をターゲットとしています。

まだマッチングアプリをしたことが無い女性にも安心して使ってもらえる2つの新機能があります。

①ファーストメッセージは女性から

従来のマッチングアプリは、男性からのアクションをきっかけとして恋が始まるサービスが主流となっています。
Torte(トルテ)では初めて交わすメッセージが、女性から始まる仕組みになっています。

また、マッチング成立後24時間以内に女性からメッセージを開始されない場合は、マッチングは解消となります。
マッチングすると下のような画面が表示され、カウントダウンが始まります。

blank

24時間経過すると、時間切れとなり、女性からファーストメッセージを送ることは出来ず、一切連絡がとれません。

blank

顔は見えるのに・・・切ない。

女性が先にメッセージを送る必要があり、制限時間が設けられている、という仕組みは今までのマッチングアプリではなかった仕様ではないでしょうか。

このため、女性は積極的にならざるを得ません。マッチングアプリを使ったばかりでどうしたらいいかわからない人、メッセージ送るのに抵抗がある人はこの時間内にメッセージを送る必要があるという仕組みに乗っかるとうまくいくかもしれませんね!

強制的にメッセージを送らないといけない仕組みにより、
いい人とマッチしたけどメッセージは男性の方からしてほしい・・という女性や可愛い子とマッチしたけど、自分からメッセージ送るのは勇気がいる・・という男性のすれ違いを防ぐことが出来ますね。

マッチング後、メッセージのやりとりまでいく確率が高いアプリといえるのではないでしょうか。

②クチコミ機能

従来のマッチングアプリではお相手がアプリ内でどのような評価を得ているのか知ることができませんでした。

Torte(トルテ)ではマッチングした女性はお相手の男性に対して「クチコミ」を書くことが出来ます。

そして「クチコミ」は他の女性会員たちも自由に見ることができるので、事前にどのような男性なのか判断することができ安心してマッチングすることが出来ます。

blank

【クロスミーとの違いは?】

同じく株式会社サイバーエージェントの子会社である株式会社プレイモーションが提供するマッチングアプリ「CROSS ME(クロスミー)」も存在します。

クロスミーは「すれ違いから始まる恋」をコンセプトに、GPS機能で近くのユーザーとマッチングするという従来には無い新マッチングアプリです。

クロスミーとトルテの違いを簡単に表にすると下記になります。

blank

トルテとクロスミーの違いですが、仕様による、ユーザーの出会い方が大きな違いです。

クロスミーはGPSを搭載して近くの「今暇」な異性と飲み友達含めカジュアルな出会いが出来るアプリ。

トルテは男性への口コミ機能により女性が安心して恋活でき、男性もヤリモクなどではなく真剣な恋活のためにアプリに参加しています。

クロスミーのユーザーは、少し前までは男性も学生であれば600円という破格の値段で有料会員になれました。現在は学割プランはなくなっていますが、その名残で学生が多いです。

トルテはまだまだ出来たばかりのアプリなので、年齢層は20代中盤が多め。男性は口コミを書かれるということで、真剣に恋活に取り組んだり、ある程度自分に自信がある人が登録している印象です。

このようにサイバーエージェントグループはすれ違い機能やクチコミ機能など、他のアプリにはない特徴を持った、新感覚のマッチングアプリを提供し続けてるため今後も目が離せません。

【登録までの流れ】
登録までの流れを4段階で説明します。

①アプリをダウンロード
トルテ公式HPにてアプリをダウンロード。

②Facebook認証
ご自身のFacebookを用いて登録をします。
もちろんFacebookの情報を盗られたり、勝手にタイムラインに投稿などはされません。
Facebookを用いる理由は以下の2点です。

⑴サクラ・業者の登録防止
⑵Facebookの友達を表示させない

③基本情報入力
Facebook認証が済んだら基本情報を入力します。

blank

生年月日と性別は今後変更不可能なので嘘をつかずに正直に入力しましょう。

blank

基本情報はいつでもマイページから変更可能です。

④登録完了
これで登録完了です。

blank

【料金】<
料金は男性会員と女性会員とで異なります。

・男性会員
男性会員は有料登録するとメッセージ機能が使えるようになります。
料金プランは下の表の通りです。

blank

長期プランになればなるほど月額料金が安くなります。

・女性会員
女性会員は無料でメッセージなどの全ての機能を利用することが出来ます。

・男女共通
男女共通の課金制度としてポイントがあります。
ポイントがいいねカードと交換することが出来ます。

blank

ポイントの料金は下の表の通りです。

blank

 torte(トルテ)でマッチングするまで

【いいねをおくる】
いいねを送るにはお相手のプロフィールを上にスワイプするだけで出来ます。
この時いいねカードが一枚消費されます。

blank

逆にスキップしたい場合はお相手のプロフィールを下にスワイプします。
しかしスキップするのにもいいねカードは1枚消費されます。

blank

【いいねがもらえる】
いいねをもらうと赤く光った「脈ありカード」が表示されます。

この「脈ありカード」はいいねすると確実にマッチングすることが出来ます。

ただしこちらのいいねカードも一枚消費されます。

blank

【マッチングしたら・・・】
マッチングが成立したらお相手とのメッセージが可能になります。

しかし他のマッチングアプリとの大きな違いとして一通目は女性からしかメッセージを送ることが出来ません。
男性は女性からのファーストメッセージを待つことしか出来ません。

女性からファーストメッセージがくれば後は通常のメッセージを楽しむことが出来ます。

また女性からのファーストメッセージはマッチング成立後24時間以内でなければマッチング解除となってしまいます。

ただしファーストメッセージを送るか迷っている方は1日1回延長することが出来ます。

blank

【課金のベストタイミング】
男性は課金しなければメッセージをすることが出来ません。
そこでマッチアップ編集部が推奨する課金のベストタイミングは初マッチングから1日以内です。

なぜならば早くメッセージを返さなければ「返信なかった」というクチコミを書かれてしまう可能性が高いからです。
男性会員へのクチコミを見てみると、「返信ありません」のクチコミが大半です。クチコミは簡単に削除することができないため、不本意に「返信なし」と書かれてしまいその後の恋活に不利になる前に、課金してしまいましょう!

そのため初マッチングが成立したら1日以内に有料会員登録することを推奨します。

 torte(トルテ)の登録会員について

【多い年齢層は? 】
男性会員と女性会員のそれぞれについて年齢層を調査しました。

・男性会員
2017年10月2日 マッチアップ編集部の23歳東京在住女性のアカウントを使用。
検索条件は居住地・年齢ともに「こだわらない」で検索して表示された100人を調査しました。

blank

 

blank

・女性会員
2017年10月2日 マッチアップ編集部の23歳東京在住男性のアカウントを使用
検索条件は居住地・年齢ともに「こだわらない」で検索して表示された100人を調査しました。

blank

blank

【まだ会員数が少ない?】

2017年8月28日にリリースされたということでまだ会員数はペアーズなどの老舗マッチングアプリと比較すると少ないようです。

しかしサイバーエージェントグループのマッチングアプリは毎回非常に注目を集めており、トルテも「女性から始める恋アプリ」という新たなコンセプトが話題を呼んでいます。

そのため今後会員数は著しく増加すると考えられます。


【サクラいるの?】

マッチングアプリにおける最大の懸念はサクラの存在です。
もちろん100%いないとは断言できませんがトルテはサクラが非常に入り込みにくいものとなっています。

①男性のサクラがいない理由
これはトルテ特有機能の「クチコミ」のおかげでもしサクラの人が入り込んだとしてもクチコミによってサクラであることが書き込まれてしまいます。

②女性のサクラがいない理由

驚異のマッチング率!女性のための「トルテ」が男性にオススメである3つの理由
↑↑↑
こちらの記事で紹介したように、アクティブな女性会員が多く存在します。
そのため女性のサクラが少ないと考えられます。

【始めるなら今がチャンス!】
トルテを始めるなら今がチャンスである理由は3点あります。

①ライバルが少ない
2017年8月28日にリリースされたということでまだライバルが少ないのが現状です。
そのため自分のスペックよりも高いお相手とマッチングできる可能性が高くなっています。

②クチコミを多く貰える
これは男性向けのメリットですが、いち早く始めることでクチコミを多く貰えます。
女性会員はこのクチコミを非常に重要視しているため、良いクチコミをより多くもらえるかがトルテで勝ち残る必須条件だと言えます。

いち早くトルテを初めて他のユーザーと差をつけましょう。

③男性は流行に敏感な経営者などハイスペック会員の割合が多い
トルテ(Torte)の男性会員を徹底分析!年齢層、職業、年収は?
↑↑↑
こちらの記事で紹介されているように流行に敏感なハイスペック会員たちが多く存在します。
そんなハイスペック会員をお求めの女性はいち早くトルテを始めましょう。

blank

 torte(トルテ)と併用して使うなら?


女性主導というコンセプトを気に入っていただけた方にオススメしたいマッチングアプリは「女子の願いを男子が叶える」をテーマにしたスウィッシュ(swish)をオススメします。

blank

トルテと同じ時期にできた新しいサービスで、女性が男性の提示するデートプランを5段階で評価するという画期的なマッチングアプリです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください
↓↓↓

【女子の願いを男子が叶えるアプリ!】「スウィッシュ(swish)」をはじめてみた♪

 

【トルテで物足りなくなった女子にオススメするアプリは?!】

トルテは、マッチングするために必要なカードを男女とも比較的多くもらえ、スワイプ形式なのでいいねをしてもらってマッチングする率は高いです。

一方で検索条件が少なく、年齢と居住地でしか検索をすることができません。
また、職業や身長、詳細プロフィールなどを見るには、表示された相手に対して最大7回スワイプしないとスペック情報にたどり着けません。

もっともっと自分好みの相手を、効率よく探したい!出来るなら超安全に!
というあなたにオススメしたいのが日本で最初のFacebook系恋活マッチングサービスオミアイ(Omiai)です。

blank

24時間365日監視体制・徹底した本人確認・迷惑ユーザーの排除など、安全対策は間違いなくトップクラスのマッチングアプリです。

非常に事細かくプロフィール設定し、細かい検索条件で絞って検索することが出来るので、好みの男性に積極的にアピールすることができます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください
↓↓↓
Omiai(オミアイ)完全解説ガイド

blank

まとめ〜Torte(トルテ)に向いてる男性・女性は?〜

トルテの特徴は女性から男性へするクチコミ機能。これは他のアプリにはありません。

他の女性のリアルな評価を見ることが出来るため、女性は安全な出会いを楽しむことが出来るでしょう。また、新しくできたばかりのアプリのため、20代前半〜中盤の若い層やスペック高めの男性が多いのも魅力の一つ。

男性にとってはクチコミ機能やハイスペ多いと気が重くなりそうと思いきや、マメに紳士な返信していれば良いクチコミが付きますし、良いクチコミはさらに良い出会いを呼びます。

また、マッチング後女性からファーストメッセージを送る必要があり、制限時間もついているため、メッセージが始まりやすいのも、初回のメッセージを送ってもなかなか返信がもらえず悩める男性にとっては絶好のチャンスじゃないでしょうか。

また、スペックや顔に自信がない人、検索画面ではアルバムがメインで表示され、プロフィールの詳細やスペックは最大7回スワイプしないと出てこない仕様になっています。

そのため、アルバムで美味しいご飯やインスタ映えする写真を掲載したりすることでスペック以外のあなたの趣味や人となりがアピールしやすいです。

おすすめな女性
・他の女性の意見も聞きながらじっくり出会いを探したい人
・マッチングアプリ初心者
・イケメン好き
・ハイスペック好き

トルテで良いクチコミの男性とデートした記事も、参考にどうぞ
トルテのクチコミ機能を使ってデートしてきた

おすすめな男性
・他のマッチングアプリでマッチング後、初回メッセージで無視されてしまう人
・こまめなメッセージが得意な人
・趣味がある人。
・ご飯や旅行の写真を撮るのが好きな人

上記に当てはまる人は、是非トルテを始めてみてください!


blank

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
blank
タグから探す