TOP > 投稿一覧 > 記事
その他のマッチングアプリ
分析まとめ & 関連記事一覧
マッチングアプリ情報
記事ページ

世界最大手アプリの評価は?Match.com(マッチドットコム,マッチコム)を恋活アラサー女子がはじめてみた!

海外アプリ, 登録, マッチング, 攻略

その他アプリ
最終更新:12/6(水)17:00


こんにちは、とある恋活中OLユカです。

外国人の彼氏との破局をきっかけに、3年ほど前から恋活中。

最近はマッチングアプリを中心に活動中です。

そんな私が今回チャレンジしてみたのは、世界最大手の「マッチドットコム(マッチコム)

登録方法からサービス内容、そしてどんな男性と出会えたのか…?

体験と解説を交えながら、評価していきたいと思います。

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

マッチドットコム登録の経緯


私の簡単なプロフィールと恋活経歴はこちら。

<ユカ(30)のプロファイル>
マッチドットコム使用歴:1週間
学歴:
イギリスのM大学卒
職業:外資系OLとだけ…
恋活目的:婚活よりのガチな恋活

<ユカ(30)の恋愛経歴>
イギリスの大学に在籍中、現地人の彼がいた私。

大手企業に勤めていた彼はいわゆるハイスペ。

帰国とともに彼とはお別れしました。

日本で次の出会いを探すべく、合コンに参加しても出会えるのは平凡な男性陣ばかり。

そう、もはや私はハイスペ英国人に匹敵する男以外は恋愛対象に見れなくなってしまったのです。

ところが、身近に彼を超える男性は皆無。

しかも、「真面目な出会いを探している」自体男性が少ないんです。

そこで私がまず登録したのが「ペアーズ」

ユカ

いい男っているのかなぁ

とは思いつつ、登録。

それなりに海外出身ユーザーと、ハイスペはいました。

ペアーズ(Pairs)日本語でOK!3分で出来る「帰国子女・外国籍男性に出会える検索法」

ペアーズVSコリドーナンパ、ハイスペ男子と出会えるのはどっち?!女子大生と元丸の内OLが検証!

しかし、私はもう30歳。ヌルい恋活をしてる場合じゃありません。

いい男達と「徹底的に出会う」という私の目的に最適だったとは言えませんでした…

そこで、友達からオススメされたのがマッチドットコム(マッチコム)

友達

ここが世界最大のマッチングアプリだって!
絶対、出会い放題だよ!

この一言が登録のきっかけになり、登録するに至りました。

世界的なサービス!マッチドットコムを選んだ理由!


マッチドットコム(マッチコム)が気になった最初の理由は世界的に有名なサービスである。という点です。

まず、友人による「世界最大のマッチングアプリ」という口コミ。

そう、マッチドットコムは国際的に認められているサービスなのです。

言われてみるとイギリスでも、”Match.com UK“という名前を聞いたことがありました。

なので、オススメされたとき私は思いました。

ユカ

「えっ日本にもあるんだ!」

とはいえ、日本人にとってマッチドットコムは馴染みの浅いサービス。

「安心できるサービスなの?」と不安だったので、詳しく調べてみました。

【マッチドットコムとは?】
利用可能国:25カ国
対応言語:15ヶ国語
運営開始:1995年
Match.com公式サイト参照)

マッチドットコムの利用可能国は25カ国

対応言語は日本語も含め、15ヶ国語

世界中で支持されている恋活サービスなんですね。

2002年に日本に進出。日本語でのサービスも提供しており、現在の日本での会員数は180万人を突破したとか。

さらに公式サイトには、
「愛は世界共通ですが、恋愛は様々です。」

「Match.comでは異なる文化に適したアプローチでお客様が恋愛できる場所を提供しています。」

という文も。

それもそのはず、ヨーロッパからアジアまで、国ごとに公式サービスがありました!
各国でホームページの仕様も異なるようです。

 

(出典:Match.com公式サイト)

こうして見ると壮観ですね、さすが世界最大のマッチングサービス…!!

ちなみに、日本サイトを覗いてみると直訳っぽい文章も確認できました。

ユカ

「これは何、」って(笑)

…ちょっと笑っちゃいますが、ある意味で異国感満載です。

さっそくマッチドットコムに登録してみた


さて、世界最大手との評判を嗅ぎつけた私。さっそく登録してみました。

コメント付で登録手順を解説していきます。

所要時間:5分〜10分くらい
登録項目:自分の基本情報+相手の条件
項目数:計29項目

相手の条件も埋める必要がありますが、所要時間はそれほどかかりません。

【登録手順】
①アプリを開き、自分と希望相手の性別を選びます。

ユカ

私は女で男を探してます!!

「性別選択…!?」と驚いた方もいるかもしれません。

実はこれ、海外アプリではよくある導入画面で、LGBTなど幅広いニーズに応えているのです

マッチドットコム(マッチコム)でも異性間・同性間のサーチができる仕組みになっていますよ。

ログインの注意点としては、iPhoneの地域設定が国外だとログインできませんでした。

私の場合も、スマホがイギリスの地域設定のままだったのでログインで手間取ってしまいました。当てはまる方は日本に設定しましょう。

その後、メールアドレス等を埋めます。

②基本情報と、お相手の希望条件を埋めます。


身長、運動の頻度から人種まで、様々な項目があります。

中には「宗教」項目も。

お相手の条件設定面には「この項目を重視」というチェックボックスがありますね。
外せない条件がある場合はチェックしましょう。

③プロフィール文を作成します。
最後に、プロフィールと理想の相手についての文を作ります。

ユカ

「真剣度:100)ハロー、みなさん!」
…このノリは海外だー(笑)

ちょっとツッコミたくなっちゃいますね。

④理想の相手について、文を作成します。


初めてアプリを登録する人にむけて例文がいくつか紹介されているようです。

例えば:「再度幸せになれる準備ができたと感じています。以前のことは…(略)」

ユカ

急に真剣になった・・・!

何があったんでしょうね。

 文章は変更可なのでフランクに書いても問題ないようです。

⑤最後に、写真と年齢確認書類を提出します。

年齢確認には「運転免許証、健康保険証、パスポート」のいずれか一つが必要になります。

以上で登録は完了です。


【マッチドットコムプロフィールの3つの特徴】
特徴1.登録情報多めの真面目な恋活サービス
感想として、時間はあまり掛からなかったものの「正直、埋める項目は多かったな」と思います。

その分「真面目な恋活アプリ」という印象を受けました。

海外アプリと聞くと、ティンダーのように手軽なイメージが強い方もいるかと思います。

その点マッチドットコムは埋める情報量が多いので、真面目なアプリという所感を受けました。

国内アプリでいうと「ユーブライド」と似た雰囲気があります。

関連記事:【プロフ大攻略@ユーブライド】プロフィールには細かい項目もたくさん! 設定は大変だけどその分効果アリ!?

特徴2.写真登録欄が多い!

なんと、26枚も登録できます。

ユカ

全部埋めてる人っているんでしょうか…!?


私は悪用が怖いので、2枚しか登録していません。

ただし、「プライベートモード(有料)」に入ると、プロフィールの公開範囲が設定できるようです。

悪用のリスクが気になる場合は、

(1)登録枚数を減らす
(2)プライベートモード入会を考える

どちらかで対処できそうですね。

特徴3.証明提出欄が多い
「悪用」というワードを聞くと、怪しいユーザーが多いイメージを持たれるかもしれません。

でも心配しないでください。

マッチドットコム(マッチコム)には「証明提出」機能がありますよ!


※ブラウザ版の画面

提出できる書類は、「クレジットカード、住所、収入、独身、本人、勤務先、卒業証明」の7つ。

なお、クレジットカードは課金を行った際に証明されるそうです。

機能面もしっかりしているんですね♡

安心して他ユーザーと出会えそうです。

マッチドットコム独特のマッチ機能がおもしろい!


「マッチング」と聞いて思い浮かべるのは、Pairsなどのように好みの相手に「いいね」を送り、相手から「いいね」が帰ってきて成立する定番のあれ。
マッチングしなければ、メッセージを送ることはできません。

【例】ペアーズ


ところがマッチドットコムでは、「最初から誰にでも」メッセージが送れます。

では、マッチ機能はどのように働くのか?

マッチドットコムでは「シナプスマッチング」という独自のシステムを起用しています。

仕組みとしては、希望条件などから予測される「理想の相手」が紹介されるという仕組み。

機能的には「マッチング」というより、「紹介」のニュアンスが強いかもしれません。

そんなマッチ機能には三種類ありますので、順に紹介します。
・デイリーマッチ
・想われマッチ
・両想いマッチ

①デイリーマッチ

「見つける」→「マッチ」をタップでアクセスできるのはデイリーマッチ。

マッチドットコム内で最も際立っていますね。

毎日11人、ユーザー好みのお相手が表示されるようですが、初見では仕組みがよくわからなかったので、詳しく調べてみました。

すると公式サイトには「デイリーマッチとは1日1回、マッチドットコム側からユーザーが紹介される機能です。」という記述が。

ユーザーの「希望条件」と「使用歴に基づく関心度」を元に紹介されるそうです。

ユカ

要はアプリが「日替わりでイイ男」を紹介してくれる仕組みね!

なお、もっとも重視される条件は「喫煙、飲酒、信仰、民族性、子供の有無」の5つ。

希望の「年齢、身長、居住地」はあまり関係なく表示されるとか。


②想われマッチ

さらに、「見つける」ページから「並び替え」ボタンを押すと「想われマッチ」なるものを発見。

アプリ内で目立ちませんが、立派なマッチ機能の一つだそうです。

詳しい仕組みを調べてみました。

すると、「想われマッチ」で表示される会員は「希望条件にあなたの情報が当てはまる」ユーザーだとか。

ユカ

他ユーザーの希望本位のマッチなんだぁ〜
たしかに、私好みの男はいないかも。

さらに詳しい3つの特徴を公式Q&Aから発見。

・プロフィールが細いほど提示されるお相手のマッチ精度が上がる。
・プロフィールを編集すると、表示会員も変化する。
・プロフィールを変えないと、同じ会員が表示され続ける。

ユカ

自分が変われば、出会える男も変わるってわけね

プロフィール編集など、意外なやり込み甲斐がありそうです。

③両想いマッチ
片想いマッチと類似の機能に、両想いマッチもありました。

両想いマッチでは、互いの希望に条件に合ったユーザーが表示されます。

しかも、登録時に設定した「相手の希望条件」にできるだけ沿ったユーザーが表示されるそうです。

ユカ

デイリーマッチだけじゃ物足りないとき使いたい!

 

3種類もマッチ機能があるとややこしいですね。

しかし、結局はどれも「希望条件」をもとにユーザーを紹介しているだけです。

使ってみて正直、毎日11人分のプロフィールを見せてくれる「デイリーマッチ」だけで事足りるのでは、とは思いました。

でも、出会いの幅を広げたい人は「想われマッチ」「両思いマッチ」にも目を通してみるといいかもしれません。

検索機能も使ってみた


マッチ機能に加えて、検索機能では様々なユーザーを自分の手で発掘できます。

探究心が刺激されますね!

【検索方法】
①ホーム画面下部から「見つける」をタップ。

②画面上部の並べ替えボタンをタップ。

③フィルターで条件を打ち込み、「保存」をタップします。

現在位置からの検索もできるんですね。

検索条件を設定してみると、検索項目は大きく分けて「場所、基本事項、外見、経歴/価値観、ライフスタイル」の5つでした。

ユカ

さらに、「海外アプリならでは」のおもしろ条件もありましたよ!


【こんな項目もあった】

①信仰、人種、政治観

「経歴/価値観」項目には「人種、信仰、政治観」条件が。

学歴・結婚歴はよくある条件ですが、この3つは珍しいですね。

宗教・政治・人種など国際的な配慮が効いているんでしょうか。

ユカ

さすが、国際的なマッチングサービス!

国内アプリでは珍しい項目も、マッチドットコム(マッチコム)ならではですね。

②運動する頻度
もう一つ、興味深い検索条件がありました。

「運動する頻度」条件です。

ユカ

週5以上とか絶対体締まってるよね!?

体型からライフスタイルの想像まで出来ちゃいます。

運動の頻度が高い男性と仲良くなったら、ジムデートとかも提案できそう。

ライフスタイルに「運動の頻度」というのは画期的です!

【同性も探せる!】
検索条件の項目でさらに特筆したいポイントがあります。

「異性・同性」両方向の検索ができる点です。

登録時も性別設定は出来ましたね。

ところが、マッチドットコムでは「登録後」も性別選択が可能なんです。

例えば、女性同士の検索もできます。

LGBTなど、幅広いマッチング需要にも応えているんですね。

【こんな条件で検索してみた】
さて、外国人やハイスペと出会えるという噂も立っているマッチドットコム。

真偽を確かめるべく、試しにこんな条件で絞ってみます。

・新宿から10km以内
・男性
・写真ありのみ
・30~45歳
・白人/コーカサス系
・年収751万円以上
ユカ

高望みしすぎかしら?

不安になりつつ検索…

すると、36人ほどヒットしました!

この条件でこんなに多くの男性がヒットするとは・・・!

モザイク越しでしかお伝えできないのが残念ですが、魅力的な男性がわんさかいらっしゃいましたよ。

画像から雰囲気だけでも伝わればと思います…!!

こんなにハイスペックな外国人と出会えるなんて。

しかも、

感動もひとしおです。

が、そこで湧き上がる疑問。

ユカ

彼らにアプローチするにはどうしたらいいの?

そこで、「ご安心ください」とばかりにあったのが「ウインク機能」

マッチドットコムは至れり尽せりですね。

【ウインク機能とは】
ウインク機能とは一体何か?平たく言うと簡易「いいね!」機能です。

例えば、他ユーザーからウインクを受けると、受信者に通知がいきます。

 

ユカ

この人たちが私に興味あるってことですね。

「あなたに興味があるよ」という簡単な意思表示の機能です。

それでは、私も気になるイケメンにウインクしてみたいと思います。


アプリ内ではウインクが送れるボタンを発見できなかったので、ブラウザ版から挑戦。

ウインクの使い方はいたって簡単。

気になる男性のプロフをクリック、写真下の「無料でウインク」を押します。

ユカ

タダでアプローチできるんですね!

ただし制限は設けられており、1日60人までです。

ユカ

60回以上もウインクしたら疲れちゃいますしね

後述のメッセージ機能など、マッチドットコムは課金しないと使えない機能が多いです。

その点、無料でアプローチできるのはありがたい。

ただし微妙な点は、ウインクの受け手側からするとあまり熱意が感じられないところ。

通知と「ウインク受信欄」で誰が興味を持っているのか分かりますが、それ以上踏み込んだアプローチには見えません。

やはり、簡易いいね!といった位置づけでしょうか。

効果的にアプローチしたい場合は、メッセージ機能を使ったほうがいいかもしれませんね。

会員層はこんなかんじ


異性を探す男女から同性を探す男女まで、ユーザー層が幅広いマッチドットコム。

具体的にどんなユーザーが多いのでしょうか?

気になったので、男女年代別にデータを取ってみました。

【調査方法】
男性の場合、「私は男性、探しているのは女性」を選択。
女性の場合、「私は女性、探しているのは女性」を選択。

その他の設定として「日本、全ての都市のユーザー」以外の条件は設けずに検索。

なるべくランダムなユーザーを出すために、活動日順で並び替えしました。
それぞれ100人分の年齢と職業を調べてみました。

以下が男女別の結果です。

【男性編】
・年齢


100人中、45人男性ユーザーが40代。
30代のユーザーが次いで多い結果となりました。

・職業

なお、「その他」カテゴリには、所属人数が3人以下だった職業を含めました。
「モデル・学生・法律関係」などの職業がありましたよ。

最も多かった職業は、「自営業・経営者」
男性ユーザーの2割を占めていました。

ユカ

経営者がこんなに…!?ハイスペも多いということですね。

次いで多かったのが「不明」と「営業・マーケティング」。
「他の職業」と「その他」も1割づつを占めていました。

【女性編】
・年齢


30代以上が多かった男性ユーザーに比べ、女性は「20代」と「30代」のユーザーがそれぞれ多い結果に。

ユカ

20代のユーザーもこんなに居るとは…。女性は男性と比べて若い層も多いのね。

・職業

女性ユーザーの職業は、「事務職・秘書」が最も多く、2割を占めています。

次いで「不明」、「医療・歯科・獣医・健康」、「教育関係」の順番に並んでいます。

まとめると・・・
男性:年齢は40代が4割以上でボリュームゾーン。職業は経営者が2割近くと割合高めだが職業の偏りは少ない。
女性:年齢は20代、30代がほぼ同率で4割以上とボリュームゾーン。職業は事務職・秘書が2割と多めだが医療関係、教育関係、クリエイティブと他の職業にあまり偏りはない。

 

ユカ

オジさまが多いのに、女性ユーザーは20~30代とは!
ユーザー層のバランスの取れたサービスなんですかね?

 

マッチドットコムのメッセージはマッチングしなくてもできるけど有料!


さて、お楽しみのメッセージ送信タイムです。

マッチドットコムはマッチング前でもお相手にメッセージが送れます。

ただし、「ほとんどの場合」要課金なので注意です。

無料メッセージの場合についてもこの項目下部にて説明しますが、まずはメッセージの送り方から説明します。

【メッセージの送り方】
私の場合、検索機能で出てきたハイスペ外国人にメッセージを送りたくなってしまったので、さっそく挑戦してみます。

①お相手のプロフィール画像右下にある「メール」ボタンをタップ。

②メッセージを打ち、送信をタップ。

と・こ・ろ・が…

ここで現れたのは、まさかの課金画面


恋愛に障害はつきものということでしょうか。

なお、国内アプリと異なり、マッチドットコムは女性も男性も同じ料金設定です。

1ヶ月5,000円という所だけ見ると高く見えますが、6ヶ月分料金に注目すると、3,133円/月とペアーズの男性料金と全く同じでした。

有料会員のプランに迷っている方必見!ペアーズ(Paris)のお得な有料会員料金まとめとオススメプランの紹介!

ユカ

課金するしかないかぁ

メッセージがしたいが為に課金しようとしたその瞬間。

なんと、無料でできるメッセージを発見

無料で返信できるメッセージもある


無料でできるメッセージには、条件があります。
その条件とは、「相手がこちら側の返信料も払っている」ケースでした。

当てはまるのは、受信欄に「FREE」の文字があるメッセージ。

ユカ

こちらの分まで払ってくれるなんて…熱意を感じますね!

【こんな返信無料メッセージがきた】
気になったので、無料返信のメッセージ達をチェックすると、こんなメッセージが。

ユカ

バイリンガル日本人入りましたーー!

ついつい興奮してしまいました。

さすが国際的なマッチングサービスですね。

期待を裏切らないユーザー層、外国人だけではなく日本のハイスペ男性も多そうです!

ちなみに合計で21通のメッセージをもらったのですが、返信無料のメッセージは7件でした。

送り手の男性は、キャラが濃い方が多い!

例えば、
・カナダ出身の男性(週5でジム通い)
・4ヶ国語話せる外国人男性
・趣味がマジックの経営者

など…ハイスペ&面白そうな男性ばかり!

以下が彼らのメッセージ抜粋です。

【カナダ出身の男性(週5ジム)】

【4ヶ国語話せる男性】

【趣味がマジック(経営者)】

彼らの文章はボリュームも厚く、「真面目に恋活」しているという印象を受けました。

ユカ

超カジュアルなTinderと比べて、雰囲気が全然違う!

 

【メッセージを返信!】

ユカ

こんなナイスガイ達を放っておくわけにはいかん・・・!

そこで、まずは無料メッセージの中で一番気になった、4ヶ国語話者(!)ケビンさん(仮名)にメッセージしてみます。

こんなメッセージで返してみました♡

デートまで発展できるでしょうか、ドキドキです。

マッチドットコムはこんなアプリ!


実際に検索活動〜メッセージまでしてみて、マッチドットコム(マッチコム)は噂通り「外国人が多い」サービスだとわかりました。


(実例:検索活動で発見したイケメン外国男性たち)

カジュアルなアプリ「Tinder」が大手海外サービスとされる中、海外アプリにどことなく不信感を持つ方もいらっしゃると思います。

その反面、マッチドットコム(マッチコム)には以下の3点から「ちゃんと恋活ができるサービスだ」という印象を受けました。

①証明機能がある
②相手と自分の希望が考慮されたマッチ機能
③真面目な恋人を探してる人が多い


マッチ機能は独特であるものの、全体的な雰囲気は日本でいう「ユーブライド」に近いと思います。

関連記事:今年こそ「運命の人」に会いたい人必見!!マッチングアプリで「運命の人」に会うならyoubride(ユーブライド)へ

マッチドットコムを評価!おすすめな人はこんな人


そんなマッチドットコム(マッチコム)に向いているのは、以下のポイントに当てはまるあなた。

【向いてる人】

・真面目な婚活をしている人
・同性のパートナーを探している人
・結婚を視野にいれた40代男性
・結婚を視野にいれた30代女性
・外国人と出会いたい人

ユカ

どんな相手を希望であれ、「真面目な関係」を希望している人が多かったです。


【向いてない人】

・何が何でも課金したくない人
・直訳っぽい日本語に嫌悪感を抱く人
・軽い出会いを希望の人

ユカ

他の多くのアプリと違い、女性優遇で「完全無料」というわけではありませんでした。
課金したくない方にはオススメしにくいです。

無料メッセージに返信するだけだと、選択肢も狭まってしまいますしね。

まとめ


絶賛恋活中の私、ユカ(30)。

「国際系」というワードに惹かれる私が今回挑戦したのは、世界的なサービス「マッチドットコム(マッチコム)

「外国人と出会える」という評判通り、無事に北米男子や4ヶ国語話者などと出会えました。

もちろん日本の方もいましたが、バイリンガルや経営者など、ハイスペックな方が多かったと思います。

ユカ

(外国人+国際系日本人)=パラダイス・・・・!?

期待を上回る恋活サービスとの出会いに感激しちゃいました。

ただし、「マッチ機能」や課金制度など、国内のアプリと感覚が異なる点もいくつかあります。

しかし、私のような「外国人と出会いたい」「真剣に恋活したい」というモチベーションを持つ女性にはかなりオススメのアプリでしたよ♡



今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

その他アプリに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です