TOP > タップル誕生 > 投稿一覧 > 記事
タップル誕生
マッチング率No1.直感型アプリ!
ゲーム感覚で楽しくマッチング
記事ページ

男性は要参考!「爆モテ女子大生」が選ぶ!タップル誕生での優良メッセージ3選

メッセージ, 体験談, 悩み, 男性向け

タップル誕生
最終更新:10/1(日)10:00


彼女がほしくてタップル誕生を始めた。

そしてようやく素敵な女性とマッチングした僕。


タップル誕生公式HP


「さて、いったいどんなメッセージを送ればいいんだろう?」

 

多くの人が抱えているこの問題、なんとか解決したいものですよね。

今回は、タップル誕生週8回のデートをしている爆モテ現役女子大生A子に、男性からもらって嬉しかった「優良メッセージ」を3つ見せてもらいましたよ!

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

西野かな?作戦


「会いたくて 会いたくて 震える」

聴き覚えがある方も、多いのではないでしょうか。

そう、西野カナさんの名曲「会いたくて会いたくて」。

これを、通知を受けた携帯電話のバイブレーションに掛けたわけですね。

「西野カナレベルで携帯震えっぱなし」

 

A子に対してこの男性は、「モテるであろうあなたが持つスマホは、メッセージ受信のたびに通知でブルブルと震えているのでは?」と、ユーモラスな例えを用いて褒めてみたわけです。

「どんな人なんだろう」と思ったA子は、実際このメッセージを受け取ってくすりとしたそう。

「何かに例える」メッセージは、女性を楽しませるんですね。

 

気遣いで誘う?作戦


「就活の元気づけに」

 

相手が「就活で疲れているのでは?」という配慮のもと出てきた言葉なのだと思います。

「私のこと分かってくれてる!」そんな風に感じて、男性のやさしさに自然と笑みが浮かんでしまったとA子。

またこの男性は、さりげなく食事に誘っているのも自然で素敵な立ち居振る舞いと好印象。

やさしさや気遣いは好感度を上げつつ、ときに女性を誘い出す要素にもなるのですね!

相手を思いやることの大事さが、よくわかるメッセージです。

 誰かに似てるよね?作戦


「誰かに似てるよね?」

そりゃあ、だれかには似てますとも!

ですが、悪乗りが高じてこのような結果を招いています(笑)

一番最初にボケを持ってくる、珍しいタイプだとA子は言います。

ただ、お相手がボケに乗ってくれれば一気に親近感漂う間柄に近づく。

お互いがボケをボケで返すボケ合戦。

一見コントのようですが、ある意味では初めての共同作業のような側面があるので、一体感が生まれるのかも。

それによって、お互いの距離が一気に近くなるわけですね。

安全な橋ではありませんが、ときに得られるメリットを考えたら、こういったメッセージの始め方もやってみる価値があるのかもしれません。

まとめ


モテ女子大生がもらって嬉しかった優良メッセージ3選は、

①何かに例えたメッセージ
②相手を気遣う優しいメッセージ
③ボケで始まるメッセージ

となりました!

もちろん、このようなメッセージは万人に受けにくいかもしれません。それでも実際に、それをいいなと思う女性はこうしているわけですから、ときにこういったメッセージを送ってみるのはいかがでしょうか?

お相手の女性とますます仲良くなることができるかもしれませんよ!

この記事が、あなたのお役に少しでも役立ちますように。

より詳しくタップル誕生について知りたい方は下の記事へ! ↓↓↓
タップル誕生とは?攻略法・始め方・カード・料 金・評判・退会方法などを徹底解説!
素敵なパートナー探しはタップル誕生で!

他のアプリのメッセージを続けるコツも参考にしてください!
↓↓↓

タップル誕生でメッセージが続かない!継続させるための3つのコツとは?
男性は要参考!「爆モテ女子大生」が選ぶ!タップル誕生での優良メッセージ3選
タップル誕生でメッセージが続かない!優良メッセージ、ライン誘導まで徹底解説!
ペアーズでお相手のメッセージの返信が遅い時に取るべき2つの行動
【ペアーズ人気女性会員から聞いた!】LINEの連絡先を聞くベストタイミング3選
《ゼクシィ恋結び利用者必見!!》メッセージを継続させるための3つのポイント

タップル誕生公式HP

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

タップル誕生に登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です