TOP > ペアーズ > 投稿一覧 > 記事
Pairs(ペアーズ)
マッチングアプリの王道!
登録者数も多く初心者におすすめ
記事ページ

【Paris(ペアーズ)】もう返信しなくていいや「返信する気が失せる」メッセージパターン3選

メッセージ, 男性向け, マッチング

ペアーズ
最終更新:9/28(木)15:00


こんにちは、Nissyです。

私は最近Pairs(ペアーズ) を始め、5人とマッチング、3人とメッセージのやりとりをしていました。非常に少ないですが、その分きちんとやりとりをしていました。

しかし、結局3人全員に返信する気がなくなってしまい、今は20人の男性とマッチングしているゼクシィ恋結びも並行して使っています(笑)

今回は、なぜ返信する気が無くなってしまったのかを皆さんにお伝えするために、「返信する気が失せるメッセージパターン」を3つご紹介します。


ペアーズ公式ホームページへ

 

1.返信していないのに新たな内容を送るタイプ


まだこちらが返信していないのに、追い打ちをかけるように別の話題をふってくる男性がいました。

1回だけならまだしも、彼は2日間で2回も送ってきたので嫌になってしまいました。

実際のやりとりです。時間帯に注目してください。

別に何日も無視しているわけでもないし、返信がきていることに気がつかなかっただけなのに、新たなメッセージが送られてくるのは、非常に面倒です。

趣味も合ったし年も近かったので、お会いしてみたいと思っていましたがその気持ちもなくなってしまいました。

何日間も返信が来ない・ログインしているのに返信が来ない、というように確信の持てる未返信なら送ってしまう気持ちはわかりますが、少しの期間なら立て続けに送るのは我慢しましょう。

2.いつまでたっても堅苦しいタイプ


続いてのお相手は、同い年にも関わらず、いつまでたっても教科書のような文章でメッセージを送ってきました。

例をご紹介します。

同い年なんだから、「それな笑 夏休みめっちゃバイトはいんのー?」「まじか笑 1番好きな食べ物はなんなの?笑」「なんでわかったん!?笑 インコ飼ってるくらい鳥大好きだわ笑」でいいじゃないですか。

こっちが話し言葉で返信しているのがバカらしくなってしまって、だんだん返信のスピードも遅くなっていきました。

面倒臭さを感じさせない、言葉使いも重要ですね。

結局、なんだかやっとメールの打ち方を覚えたおじいさんとやりとりしているような気分になってきて、何の前触れも無く無視してしまいました・・・

メッセージを初めたばかりとか、だいぶ年の離れた相手なら、堅苦しい文章でやりとりしても問題ありませんが、何日もメッセージが続いていて、まして同い年なのであればもう少し砕けた文章だと嬉しいです。

しかも一ヶ月もやりとりしているのであれば、そろそろLINEに誘導してくれても・・・もっと男を見せていただきたいですね。

3.初めて速攻なれなれしいタイプ



これは言葉の微妙なニュアンスだと思うし、気にしない方もいると思うのですが、私が嫌だったのは「お前もそう思ってるよね?」感がでる文章を送ってきたお相手です。

意味がよくわからないと思うので、見てみましょう。


これは「夏休みにしたいことはー?」と聞かれて、「海とかプール行きたい!」と送った後の返信なのですが、どうしても気に入らなかったのは、、

「行きたいね笑笑」
「行きたいね」
「たいね」
の部分です。

これ、やりとりが始まって2往復目なんです。

いつ、私があなたと行きたいって言いましたか?

私的に、「俺も行きたいと思ってるし、当然君も思ってるよね?」と決めつけられている感じがしてすごく嫌でした。

2往復目にしろ、「なんなら一緒に行きたいんだけど、どうかな?」と謙虚に誘ったり、とても仲良くなってからこのように誘うのは良いと思いますが、メッセージを初めてすぐになれなれしくするのはやめましょう。

まとめ


1.たいして時間もたっていないのに連続でメッセージを送らない

2.教科書のような文法で文章を書かない

3.謙虚に送る

の3点に注意です。

だいぶ主観的な意見なので、ここまで気にする女性ばかりでは無いと思いますが、私のような人間もいるので、ご参考までに頭の片隅にでも入れておいてください

「返信が来ない」と落ち込んでいるあなたは、今一度自分の文章を読み直して見て下さい。

より詳しくペアーズについて知りたい方は下記の記事かペアーズ公式HPへ!
↓ ↓ ↓
Pairs(ペアーズ)とは?攻略法・始め方・いいね・料金・評判・退会方法などを徹底解説!
ペアーズ公式ホームページへ

ペアーズに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です