TOP > ウィズ > 投稿一覧 > 記事
with(ウィズ)
メンタリストDaigo監修!
相性診断で運命のマッチング!
記事ページ

【withを始めたい人必見!】マッチングまで安心解説!登録のポイント7選!

登録, 料金, プロフィール, メッセージ

ウィズ
最終更新:9/1(金)12:00


こんにちは、ともやんです。
運命よりも、確実。」というキャッチコピーで有名なマッチングアプリwith(ウィズ)
今回は、このマッチングアプリのトリセツをつくりました。

その前にウィズってどんなアプリなの?と思われた方は、こちらをご覧ください。

7つのポイントと共に、マッチングまでの流れを簡単に解説します。

まずはプロフィールを設定しよう


アプリをインストールしたら、まずはプロフィール設定から始まります。
・自己紹介文
・基本プロフ
・詳細プロフ
・トップ画像
などなど自分を表現できます。

プロフィール入力率100%を目指してください。
相手からの印象が良くなり、検索も上位になります。

検索上位に表示されないとやはりお相手の目に触れないので、もっとマッチングしたい!どうしたらいのか?をマッチアップ編集部が調査してみた記事がこちらです。この記事ではアプリは違うものの女性人気会員にインタービューをして調査をした記事です。

検索を上位にする本格的な方法はこちら!

自分の好きなタイプの相手を検索する



絞り込みをポチッと押すと、年齢住んでいる場所職種まで細かい設定ができる画面に飛びます。
数十種類の検索条件を設定できるので、あなたに合った相手を探しましょう。

かわいい女の子と知り合いたいけど、地雷は踏みたくない。
男性ならみんな考えることですよね。
そんな用心深いあなたには、こちらの記事がオススメです。

withの仕組みをまだまだ理解できていない男性には一度読んでみて欲しい記事です。
withというアプリの特徴から、どんな女性がいいのか探し方までを紹介しています。

どんな女性がオススメ知りたい方はこちらへ!

好みの相手にいいね!を押してみよう



ステキな人だなー」と思ったら、赤枠のボタンをタップしていいね!ボタンを押してください。あなたの好意を相手に伝えましょう。
マッチングするには積極的ないいね!が大切です。

知っていましたか?いいね!には2種類あるんですよ。

通常のいいねに比べて、効果がなんと3倍にも変わると言われています。

マッチング率が最大3倍になるいいね!とは?

特別な方法を駆使してアピールしましょう。

ありがとう!を押してみよう



あなたにいいね!をくれた女性は、あなたと話してみたいな、と思ってくれています。

もしあなたも相手と話してみたいと思ったら、「ありがとう!」ボタンをタップしてみてください。

いいね!をもらうためにはプロフィール一つとっても、気合いを入れることが重要。

そして少しばかりのコツをつかめば、あなたのマッチング率も急上昇することでしょう。

いいね!をたくさんもらうためのプロフィールとは?

マッチング成立でメッセージ交換START!



おめでとうございます。マッチング成立ですね!
これで相手とメッセージできます♪

でもどんな会話をすればいいんだろう…と心配しているかもしれませんね。

そんなあなたにはこの記事がオススメです。女性目線から見たダメなメンズをまとめてくれています。

メンタリストDaiGo 超性格分析で相手とマッチングしやすくなる



Withの最大の売りである性格診断
この性格診断は、「ビッグファイブ」という世界で最も信頼されている性格分析を元に行われています。

やり方は簡単で、「分析をはじめる」をポチッと押して2択の質問に答えるだけです。

この診断を元に自分にあったマッチングしやすい異性を探してくれるので、時間のあるときにぜひやってください!

メンタリストDaiGo監修の心理テストが受けられる



こちらはメンタリストDaiGo監修の心理テストです。

定期的に今のシーズンにあったお題のテーマを扱って、あなたの深層心理を診断してくれます。

こちらも2択の質問に答える形式なので簡単♪

そしてこの診断結果によって、自分と傾向の近い相手を知れてマッチングしやすくなります。

いいね!も無料で押せる量が増えるのでお得です。

ぜひ、やってみてください!

まとめ



ウィズはすべての操作が簡単なので安心してください。

アプリをインストールするとガイダンスもあるので。

ぜひ、ウィズでいい出会いを。

ダウンロードはこちらから!

 

一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

↓ ↓ ↓

ウィズに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です