TOP > ペアーズ > 投稿一覧 > 記事
Pairs(ペアーズ)
マッチングアプリの王道!
登録者数も多く初心者におすすめ
記事ページ

【30秒でわかる】ペアーズの退会方法と、再登録の方法

登録, 女性向け, 男性向け, 攻略

ペアーズ
最終更新:11/4(土)16:15


「ペアーズで彼女が出来た!」
このような理由でペアーズを卒業したい方や

「彼女にフラれた!」
「新しい彼氏がほしい」
という目的でペアーズに復帰したい皆様に、この記事を今回は送ります。

いい人がいない
このアプリ自分に合わない
というような人は、以下の記事を見ると、どのアプリが自分に合うのかわかるかもしれないので、ぜひみてみてください。

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート

ペアーズ公式ホームページ

 

退会方法


ペアーズは、退会することによってユーザーに不利益が発生することはありません。

ですが、すこしわかりづらいので、以下の通りに手順を踏んでください。

iPhone・Androidアプリの場合

①メニューの「その他」をタップし、「設定」をタップ

②「困ったときは」の「お問い合わせ」をタップ

③下にスクロールし、「お問い合わせフォーム」の「お問い合わせカテゴリ」で「退会」を選択

④「はい」を押して、画面の指示に従ってください。

これで、退会完了です。

 

PC版の場合


①メイン画面の一番下まで移動し、「お問い合わせ」をクリック

②下にスクロールし、「お問い合わせフォーム」の「お問い合わせカテゴリ」で「退会」を選択

③「退会手続き画面へ」を押して、画面の指示に従ってください。

これで、退会完了です。

退会に関する注意点


アプリの削除では、退会にはならない。

スマートフォンのゲームアプリでは、辞めるときにアプリを削除すれば終わりますが、ペアーズでは退会扱いにはなりません。

あなたのアカウントは、半永久的にの凝り続けることになります。

またクレジット決済をしている場合、アプリを消しても課金され続けてしまいます。

しっかり、退会手続きをとりましょう。

AppleID決済・Google Play決済は、解約手続きが必要。

クレジット決済は、退会してしまえば契約も解約されますが、Apple ID決済・Google Play決済は解約手続きを取らないと課金が続いてしまいます。

退会をする前に、「Apple IDによる自動更新購読のオフ」、または「Google Playの定期購入の解約手続き」をしましょう。

 

[iPhoneアプリ]自動更新設定を管理する
[Androidアプリ]自動更新設定を管理する

 

返金は受け付けてくれないので、しっかり退会手続き等をしましょう

※各種有料会員プランお申し込み時にご案内していますが、決済方法によらず、月額料金の月割り・日割りでのご返金は行っていません。
ペアーズ(Pairs)HPから抜粋

ペアーズの再登録方法


「新しい彼女(彼氏)を作りたい!」

ペアーズに復帰する際、いくつかの注意点があります。

まず前提としてペアーズの退会後、約1ヶ月程度は再登録が出来ないようです。

また、一定期間をあけてペアーズに再登録した場合、前回のアカウントは使うことができません。

なので、前回でのマッチングやメッセージ、ポイントやいいね!数もすべて消えてしまい、引き継ぐことはできません。

ですが、新しく始める分には何もペナルティはなく前回のノウハウもあるため、より快適なペアーズライフを堪能できるかもしれませんよ。

そろそろ再登録したい!と思っている方はコチラから!

Pairs(ペアーズ)を再登録する

まとめ


いかがでしたでしょうか。

退会に関しては

①アプリは消さずに、手順に従って退会する。

②Apple ID決済・Google Play 決済 を選択されている方は、退会前に解約手続きを行う。

③再登録は、解約後の1ヶ月ほどのインターバルが必要。

以上です。

この記事が、あなたのお役に立てればうれしいです。

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!
↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる9つのマッチングアプリ比較表・フローチャート


 

より詳しくペアーズについて知りたい方は下の記事へ!
↓↓↓

Pairs(ペアーズ)とは?攻略法・始め方・いいね・料金・評判・退会方法などを徹底解説!

素敵なパートナー探しはParis(ペアーズ)で!

ペアーズ公式ホームページ

 

ペアーズに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を

この記事を書いたのは私です