カウンター席で取るべきイケメン行動「女子が胸キュンするモテ男の5アクション」とは??



カウンター席って男女の距離が縮まりやすい最強のデート席ですよね。
そんなカウンター席で女性たちが胸キュンしちゃうモテ男の行動をこっそり教えちゃいます。
これで明日から失敗なしのカウンター席デートが実現しちゃうかも。

1.メニューは2人で選ぼう

メニューを決めるとき、苦手なものを聞いて男性が決めるパターンが多いと思いますがカウンター席の際には2人でメニューを覗き込む時間をとりましょう。

ここで出すべきなのは「顔合わせ」

「これ、美味そうだよね」と女性の顔をみて会話をしましょう。
いつもより距離の近い会話に胸キュン!

2.率先して取り分ける

大抵デートでは女性が取り分けてくれると思いますが、カウンター席ではあえて取り分けましょう。
女性が取り分けると自分の前で淡々と取り分けるため距離が離れます。あえて二人の真ん中に置いたお皿から各自の目の前にある皿に取り分けましょう。

ここでのポイントは「香りでイチコロ」

女性の前に手を伸ばして取り分けたときに男の香りで攻めたら胸キュン!

3.クロスの法則を小出しに

カウンター席では奥に調味料が置いてあることが多いですよね。
ここで出したいのは「クロスの法則」
調味料を取るときにあえて遠めの女性側の調味料をとります。
急に近づいた距離に胸キュン

4.後半の肩触れ

後半戦になったらトイレなどから帰ってきたタイミングで少し椅子の距離を近づけましょう。

ここでチャレンジしたいのが「肩触れ」

触れるか触れないかのギリギリの距離感で少し体温を感じるくらいの肩触れを意識しましょう。
際どいボディタッチに胸キュン

5.椅子に手をかける

終盤になってきたら女性の椅子に手をかけ距離を詰めます。

あくまで体ではなく椅子などに手をかける。
モテ男はみんなやっています。
雰囲気がよければ「腰に手回し」
までできたら最高ですね。
自分のテリトリーに自然に入ってきた相手に胸キュン
さて、モテ男のカウンター5アクションは参考になりましたか?
次のデートでぜひ試してみてください。

 

カウンターはデートの最強の席!使い方はあなた次第です。
カウンターを制するものはデートを制する!

カウンターを制して気になるあの子もGETしちゃいましょう。

今のアプリが合わない・どのマッチングアプリするか迷ったらは比較表とフローチャートで診断!おすすめのマッチングアプリ

免責事項

・本サイトはマッチングアプリの情報提供による課題解決を目的としており、マッチングアプリに関する斡旋を行うものではありません。
・本サイトで紹介するマッチングアプリの評価は、アプリを使用しての調査の結果や口コミ・評判、有識者からのコメントなど、主観的なデータと客観的データに基づいて作成していますが、その内容の正確性や信頼性等を保証するものではなく、必ず利用者自身で各マッチングアプリの公式ページにてサービス内容をご確認ください。
・本サイトで掲載している情報に基づいて被ったいかなる損害についても、運営者及び情報提供者は一切の責任を負いません。
・本サイトに掲載されている情報はマッチングアプリ各社の提供している情報に基づいていおり、可能な範囲で正確な情報となるよう更新しておりますが、最新情報はマッチングアプリの公式サイトにてご確認ください。
・マッチングアプリへ登録する際は、必ずご自身で各公式ホームページで内容や規約をご確認のうえ、判断頂けますようお願いします
・本サイトへのご意見やご指摘に関しては、お問い合わせよりご連絡いただけますようお願い致します。

広告主の開示

・本サイトでは、専門性の編集体制の構築と信頼性のある口コミデータの収集により、マッチングアプリの適切な比較を支援する記事等を配信しています。
・本サイトを通じてマッチングアプリの無料会員登録等の一定の成果地点までユーザーが到達した場合に広告主から支払われる報酬金額が主な収益です。
・広告主は、サイト全体の推奨事項や評価、その他のコンテンツの変更をするために、弊社に金額を支払うことはありません。
・記事広告等の成果報酬型以外の広告商品によって広告主が出稿している記事の場合は、「PR」等の明記によって広告出稿されていることを読者に認知させます。

この記事の監修者
  1. 経歴
    • 2013年名古屋市立大学卒業。リクルートコミュニケーションズ入社後に2017年から(株)Parasolに参画。2022年に代表取締役社長に就任。
    • マッチアップでマッチングアプリの記事を2,500本以上作成。TVやラジオに多数出演してマッチングアプリの認知を広げた後、知見を活かして紹介型マッチングサービス「ヒトオシ」をリリース。
  2. 書籍・TV出演など
  3. SNSはこちら

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
blank
タグから探す