TOP > マリッシュ > 記事
マリッシュ
マリッシュ
分析まとめ & 関連記事一覧
マッチングアプリ情報

【2019年9月最新】マリッシュの料金は安くてお得!バツイチ・再婚者・シンママ・シンパパを優遇

タグ料金, 比較

マリッシュ


  • マリッシュは再婚者・子持ちシングルに優遇サービスがある
  • マリッシュは他のアプリに比べて安い
  • マリッシュには無料会員でも使える機能が多い

こんにちは、マッチアップ編集部です。
突然ですがマリッシュという婚活アプリをご存知でしょうか?

シンママ

婚活アプリ興味はあるけどバツあるし、子供いるから出会うのは厳しいかも

とお考えの方!

マリッシュは再婚、シンママ婚、地方婚を目指す方をメインターゲットとする非常に珍しいアプリなのです。

今回はそのマリッシュの料金プラン等を詳しく解説していきます!

マリッシュダウンロード

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる13個のマッチングアプリ比較表・フローチャート

婚活アプリマリッシュってどんなアプリ?


マリッシュは大手マッチングアプリや婚活アプリと比較しても、独自性があり、明確なコンセプトがあるアプリといえます。

その要因はマリッシュの最大の売りである、バツイチ・シンママ・シンパパへの優遇制度です。

婚活サービスを利用する人のほとんどが未婚者であるため、必然的に初婚をサポートするサービスに偏ってしまいがちで、

34歳 主婦

子持ちシングルはマッチングアプリとか婚活サービスでは出会えない

とお考えの方も多いと思います。

マリッシュではそうした少数派の人が参加しやすい環境を作り、さらには同じ境遇の人が集まってくることでマッチングしやすい状況も生まれているということですね。

ではバツイチ・シンママ・シンパパがマリッシュを使うとどんないいことがあるのでしょうか。

バツイチ・シンママ・シンパパにマリッシュをオススメする点は3つあります。

ポイント
・いいね、ポイントを多く貰える
・リボンマーク
・グループ機能

いいね、ポイントを多く貰える

バツイチ・シンママ・シンパパは、毎日付与されるいいねや課金した際のポイントを一般会員よりも多く貰えるのです!

通常 バツイチ・シンママ・シンパパ
1日に貰える無料いいね 7いいね 8いいね
ポイント(1,200円) 10ポイント 12ポイント
ポイント(3,000円) 30ポイント 35ポイント
ポイント(7,800円) 100ポイント 110ポイント

毎日付与されるいいね数まで多く貰えるので、積み重なると結構なお得度になりますよね!

リボンマーク(女性向け)

マリッシュにはリボンマークというアイテムがあります。

リボンマークとは「再婚やシングルマザーに理解があります」という意思表示です。

消極的になってしまいがちなバツイチ・シンママでも、安心してアプローチしやすくなりますよね!

グループ機能

グループ機能についても活用することをオススメします。

タップル誕生の「カテゴリー」・with(ウィズ)の「カード」機能と同じように自分の趣味趣向に合ったものを選び、参加するという機能です。

ではなにがマリッシュのグループ機能のなにが特別かというと、誰でも新しいグループを作成することが可能で、バリエーションも非常に豊富なのです。
趣味や好きな異性のタイプはもちろん、地域ごとのグループなど他のアプリにはないより限定的なグループも多々あります。

バツイチ・シンママ・シンパパに関するグループも非常にたくさんあり、参加者も多いため同じような人と出会いたいという方にはピッタリです!

婚活アプリマリッシュの料金プラン


マリッシュの料金プランは以下のようになっています。

アプリ版 Web版
1ヶ月プラン 3,400円 2,980円
3ヶ月プラン 8,800円 7,980円
6ヶ月プラン 14,800円 13,980円
12ヶ月プラン 19,800円 19,980円

12ヶ月プランのみアプリ版からの課金の方が安くなっていますが、基本的にはWeb版の方がお得になっています。
アプリ版マリッシュをご利用の方も、課金の際にはWeb版での課金がオススメです。

無料・有料でできることの違い

有料会員と無料会員ではどんな差があるのでしょうか。
具体的なサービスを表にまとめてみました。

男性無料会員 男性有料会員 女性会員
登録
プロフィール設定
相手のプロフィール閲覧
無料いいね
あしあと閲覧
グループ作成
グループ検索 ×
写真リクエスト
無料いいね
マッチング
受信したメッセージの閲覧
マッチ後のメッセージ送信 △(※)
相手マッチング数閲覧 ×

※ポイントを使えば可能

有料サービスは男性のみなので、女性は無料で利用できます。
しかし、マリッシュは男性でも無料で使えるサービスが非常に多いのです。

なかでも無料会員がマッチング後に、ポイント消費でメッセージのやりとりができるのはとても珍しいです。(ほとんどのアプリはメッセージは1通のみ)

つまり、

登録➡プロフィール作成➡いいねを送る・貰う➡マッチング➡メッセージ交換

という基本的な流れを無料会員でできてしまうということです。

ただし、全く課金をせずに貰えるポイント数には限りがあるため無料会員のままメッセージのやりとりをし続けるにはポイント購入が必須となります。

マリッシュは他アプリと比べて安い

マリッシュは価格的にもシンママ・シンパパに優しいリーズナブルな料金プランであると言えます。

他の大手マッチングアプリや婚活アプリと比較してみました。

  1ヶ月プラン 3ヶ月プラン 6ヶ月プラン 12ヶ月プラン
マリッシュ 2,980円 7,980円 13,980円 19,980円
ペアーズ(Pairs) 3,480円 6,840円 10,680円 15,360円
Omiai(オミアイ) 3,980円 9,960円 11,940円 23,400円
ゼクシィ縁結び 4,298円 11,664円 21,384円 31,104円
ユーブライド 4,300円 10,800円 17,800円 28,800円
マッチ・ドットコム 3,980円 8,379円 14,802円 21,000円

キャンペーンにつきペアーズが破格の料金プランになっていますが、お試し感覚で使う人も多い1ヶ月プランではマリッシュのみが2000円台となっています。

また大手婚活アプリ(ゼクシィ縁結び、ユーブライド、マッチ・ドットコム)と比較すると、マリッシュが如何に安いかわかりますね。

表の料金プランはいずれもWeb版(クレジット決済)の価格です。
AppStoreやGoogleplayでの支払いは高くなることもあるので注意しましょう

プレミアムオプション

マリッシュにはプレミアムオプションも用意されています。

プレミアムオプションを購入してできるようになることは以下の通りです。

プレミアムオプションの内容
・特別プロフィールが閲覧できる
・自分をお気に入りした相手が分かる
・人気上昇中の会員が分かる
・検索結果をいいね数順でソートできる
・メッセージに既読機能がつく
・毎月15ポイントもらえる

料金は2,500円/月
機能的には便利ですが毎月利用するとなると月額が二倍になってしまうので使いどころを敷かkりと見極めたいですね。

婚活アプリマリッシュを安く使うオススメ課金タイミング


ここまでマリッシュの料金プランと無料会員でも使えるサービスを説明してきました。

では次に実践編として、どのタイミングで無料会員から有料会員になるのが好ましいか解説していきます。

マリッシュは無料会員でも使える機能がたくさんあるので積極的に活用しましょう!

前項でも説明した通り、マリッシュは無料会員でもマッチング後にメッセージのやりとりが可能です。

他のアプリでは気になる相手を見つけても、有料会員にならなければやりとりができないというのが一般的です。アプリとの相性や女性会員のカラーもわからない状況で課金しなければならないのです。

男性 37歳

可愛い子いたから課金したのに、話してみたらイメージと違った……

なんてこともあると思います。

マリッシュにはそうした事態を未然に防ぐ機会があるのです。

ポイント
マリッシュのオススメ課金タイミングは、何人かとマッチングしてメッセージのやりとりをしてから!

・有名なアプリだから
・評判がいいから
・可愛くてタイプの子がいたから

などの理由ですぐに課金してしまうより、実際に使ってみてからの方が確実性は高いですよね。

マリッシュに課金しよう考えている方まずは無料で、「自分の目的に合ったアプリなのか」、「自分のマッチング数・メッセージのやりとりをした感覚で出会えそうか」を総合的に判断してからの課金がオススメということです!

まとめ

マリッシュはバツイチ・シンママ・シンパパへのサポートが厚く、値段もリーズナブルなアプリです。

ただ、どのマッチングアプリにも言えることですが「百聞は一見に如かず」です!

今回の記事をよんで気になったという方は、試しに無料会員からマリッシュを使ってみてください!

マリッシュダウンロード

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓
あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる13個のマッチングアプリ比較表・フローチャート

 

 

マリッシュマリッシュに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です