タップル
タップル
マッチング率No1.直感型マッチングアプリ!
ゲーム感覚で楽しくマッチング
blank

タップルでメッセージが埋もれちゃう人必見!「お気に入り機能」で解決!



  • お気に入りにしても相手にはばれない
  • お気に入りは自由に解除できる
  • お気に入りは後でプロフィール確認したい時に便利

こんにちは、マッチアップ編集部です。

多くの人とマッチングしたのはいいものの、
「メッセージの数が多すぎて誰が誰だか分からなくなってくる…」

という悩みを抱えている方は、多いのではないでしょうか。

同時に複数の人とメッセージのやり取りをしていたら、返信を優先したい本命のメッセージを見落としてしまってた…なんてこともあるかもしれません。

今回はそんな「メッセージがさばききれなくて困る!」というお悩み、はたまた「デート前にどんな人かをサッと確認したい」という願望をお持ちの方にピッタリな、タップルの「お気に入り機能」についてご紹介していきます。

blank
タップル公式HP

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる12個のマッチングアプリ比較表・フローチャート

blank

 

お気に入り機能とは

blank

タップルのお気に入り機能とは、気に入った相手のメッセージを「お気に入り」することで別のフォルダに振り分け、他のメッセージと差別化する機能です。

メールの「フラグ」のような機能になります。

タップルダウンロード

 

お気に入り機能の使い方

blank

お気に入り機能の使い方について説明していきます。

メッセージのやりとり画面に飛び、メッセージ右横のアイコンをタップします↓

blank

「お気に入りにする」をタップします↓

blank

するとお気に入りフォルダにメッセージが移行されます↓

blank

お気に入り機能Q&A

blank

お気に入り機能の使い方について説明し終えたところで、この機能についての疑問にお答えしようと思います。

Q1 相手にはばれないの?

「お気に入り機能」は相手にはばれません。
安心して利用できます。

Q2 お気に入りは解除できるの?

簡単にできます。

メッセージ右横のアイコンをタップします↓

blank
「お気に入り解除」を選択すると、お気に入りから外すことができます↓

blank

Q3 結局なにが便利なの?

お気に入り機能は、他のメッセージとの差別化ができる機能です。

では、どう使えば便利なのか?
口コミを交えてご紹介していきたいと思います!

メッセージがさばききれないときの整理に

blank
かおりさん

プロフィールを見ていいなと思った人は、お気に入り登録しておきます!

大勢とマッチングしていると、あまり興味ない人や、メッセージしたけど微妙だった…という人からも連絡が来ますよね。

すると本命の人や、いいなと思っている人からのメッセージが埋もれがち。

お気に入り登録さえしていれば、別フォルダで管理できるので他のユーザーのメッセージと混ざらなくて便利なのです!

メッセージフォルダを整理することで、大事なメッセージを見逃すことがなくなります。

 

プロフィール情報の確認

blank
ゆゆさん

私はLINE交換した人だけをお気に入りに登録し、プロフィール情報を再確認したいときに開いています。

blank
イイジマさん

デートが決まった相手や、会ったことのある相手に付けています!
プロフィールを見直すのに便利です。

会う予定がある相手など、あるていど繋がりがある相手をお気に入り登録しているそう。

LINEなど、アプリのメッセージ機能でない所で連絡を取っていて
「この人どんな趣味持っていたっけ…」
と確認したいときに、お気に入りフォルダから見返すそうです。

メッセージは受信・送信したものがどんどん上に来るので、しばらくやりとりをしていないメッセージは下の方に流れてしまうんですよね。

でもお気に入り登録をしていれば、そんな中から探す手間を省いてすぐにお相手のプロフィールを閲覧できます!

・この人のメッセージは見逃したくない!というとき
・後からプロフィール情報を確認したいとき

このようなときに、お気に入り機能は便利です。

自分で用途を決めて「お気に入り機能」を使いこなせれば、アプリの使い勝手が良くなりそうですね!

おすすめはOmiaiとペアーズ

「タップルの他にもマッチングアプリを使ってみたい」
「大勢とやりとりするのは面倒くさい。数より質でやりとりしたい」
という方には「Omiai「ペアーズ」がおすすめです。

Omiai

blank
Omiai公式ホームページ

Omiaiは、国内でも歴史の長いマッチングアプリです。
20代後半~30代前半のユーザーが多く、恋活・婚活の真剣度が高い傾向にあるのが特徴です。

ユーザーによって必要な『いいね!』の数が異なるOmiai独自のシステムにより、「いいね」が分散され会員の満足度を高く保っています。

これらの、
・ユーザーは慎重派が多い
・人気会員にいいねが集中しないシステム
という特徴により、マッチングが乱立しないため質のいいマッチングができます。

「あまり興味ない人とメッセージのやりとりをするのは、もう面倒くさい!」
という方にはおすすめのアプリです。

より詳しくOmiaiについて知りたい方はこちら

Omiai(オミアイ)完全解説ガイド

Omiaiダウンロード

 

ペアーズ(Pairs)

blank
ペアーズ公式ホームページ

ペアーズは、男女累計会員数700万人を誇る国内最大級のマッチングアプリです。
20代後半の登録が活発で、婚活ブーム世代の会員が多数登録しています。

「コミュニティ機能」を活用すれば、趣味から異性を探せるため共通の趣味を持った異性と出会えます。

またコミュニティ+条件(職業、居住地など)の細かい検索機能でユーザーをかなり絞れるので、あらかじめマッチングする相手を厳選したい方におすすめです。

 

より詳しくペアーズについて知りたい方はこちら

Pairs(ペアーズ)とは?攻略法・始め方・いいね・料金・評判・退会方法などを徹底解説!

ペアーズ(Pairs)ダウンロード

まとめ

今回は、メッセージがさばききれない時に便利な「お気に入り機能」について解説していきました。

使い方は簡単ですが、これを使うのと使わないのでは、メッセージやりとり時の快適さがだいぶ違います!

ぜひ、お気に入り機能を有効活用してみてくださいね。

 

より詳しくタップルについて知りたい方は下の記事へ!
↓↓↓

タップルの口コミ・評判は?悪いところもぶっちゃけます!!

素敵なパートナー探しはタップルで!


タップルダウンロード

タップル公式HP

今のアプリが合わない方・どのマッチングアプリにするべきか迷っている方はこちらの記事へ!

↓↓↓

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる12個のマッチングアプリ比較表・フローチャート

blank

 

 

免責事項

・本サイトはマッチングアプリの情報提供による課題解決を目的としており、マッチングアプリに関する斡旋を行うものではありません。
・本サイトで紹介するマッチングアプリの評価は、アプリを使用しての調査の結果や口コミ・評判、有識者からのコメントなど、主観的なデータと客観的データに基づいて作成していますが、その内容の正確性や信頼性等を保証するものではなく、必ず利用者自身で各マッチングアプリの公式ページにてサービス内容をご確認ください。
・本サイトで掲載している情報に基づいて被ったいかなる損害についても、運営者及び情報提供者は一切の責任を負いません。
・本サイトに掲載されている情報はマッチングアプリ各社の提供している情報に基づいていおり、可能な範囲で正確な情報となるよう更新しておりますが、最新情報はマッチングアプリの公式サイトにてご確認ください。
・マッチングアプリへ登録する際は、必ずご自身で各公式ホームページで内容や規約をご確認のうえ、判断頂けますようお願いします
・本サイトへのご意見やご指摘に関しては、お問い合わせよりご連絡いただけますようお願い致します。

広告主の開示

・本サイトでは、専門性の編集体制の構築と信頼性のある口コミデータの収集により、マッチングアプリの適切な比較を支援する記事等を配信しています。
・本サイトを通じてマッチングアプリの無料会員登録等の一定の成果地点までユーザーが到達した場合に広告主から支払われる報酬金額が主な収益です。
・広告主は、サイト全体の推奨事項や評価、その他のコンテンツの変更をするために、弊社に金額を支払うことはありません。
・記事広告等の成果報酬型以外の広告商品によって広告主が出稿している記事の場合は、「PR」等の明記によって広告出稿されていることを読者に認知させます。

この記事の監修者
  1. 経歴
    • 2013年名古屋市立大学卒業。リクルートコミュニケーションズ入社後に2017年から(株)Parasolに参画。2022年に代表取締役社長に就任。
    • マッチアップでマッチングアプリの記事を2,500本以上作成。TVやラジオに多数出演してマッチングアプリの認知を広げた後、知見を活かして紹介型マッチングサービス「ヒトオシ」をリリース。
  2. 書籍・TV出演など
  3. SNSはこちら
タップルタップルに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
blank
タグから探す